PCにある音楽・曲をiPadに入れる二つの方法

  暇つぶしに音楽・曲をiPadに入れて、外出先や、車の中で聴くのがよくあることですね。パソコンからiPad/iPad miniへ曲・音楽を入れるのは難しいことではありませんが、具体的な操作方法についてはあまり詳しくない方も多いと思います。

  この文章は、PCに保存してある音楽・曲をiPadに入れる簡単な方法を二つご紹介したいと思います。どちらも簡単な方法なので覚えておくとiPadの音楽データの転送・管理などに役に立つと思います。

方法1:iTunes同期によって音楽をiPadに入れる

  iPadやiPhoneに音楽を入れようとしたら、多くの場合、まずアップル社が提供するデータ管理ソフトiTunesを思い付きますね。確かに、もっとも基本的な方法がiTunesとiPadをつなぎ、音楽データを同期する方法です。

  ステップ1:USBケーブルを使ってPCとiPadを接続した後、PCでiTunesを起動しましょう。 iTunesの画面にデバイスボタンが表示されていますのでクリックします。すると画面左にメニューが表示され、「ミュージック」という項目が確認できます。

  ステップ2:「ミュージック」をクリックして、「ミュージックを同期」にチェックを入れます。

  ステップ3:画面上のメニューから「ミュージックライブラリ全体を同期」または「特定の曲だけを同期」を指定して、右下の「適用」ボタンをクリックします。そして少し待つと同期が完了します。

iPhoneに音楽を同期

方法2:iCareFoneで音楽をiPadに一括または選択的に転送

  iTunesを使えば音楽を同期できますが、同期したらiPadにある既存の曲の紛失してしまうが多いですね。このようなデータ紛失問題を回避するため、「Tenorshre iCareFone」をお試しください。このソフトを使えば、iPadに音楽を一括転送、または個別に入れることが可能です。操作は簡単で初心者やパソコンに苦手な方でもマスターできますし、転送中のエラーや上書きによるデータ破壊・紛失も一切ありません。

  ステップ1:USBケーブルでPCとiPadを接続し、、Tenorshre iCareFoneを立ち上げますます。「ファイル管理」をクリックして、「音楽」を選択します。そして、iPadの音楽管理ページに入ったら、「追加」をクリックします。

音楽をインポート

  ステップ2:ファイル選択画面が表示されるので、後はiPadに入れたい音楽ファイルを選択して「開く」をクリックするだけです。

iPhone 音楽追加

  あらかじめiPadに入れたい音楽ファイルを1つのフォルダにまとめておけば一括転送が可能ですし、ファイルごとに選択できるため入れたい曲だけを指定して転送することも可能です。

その他:iPadの音楽PCに転送するもっとも簡単な方法

  ここまではPCに入っている曲をiPadに転送する方法を見てきましたが、ここではその逆、iPadの曲をPCに転送する方法を紹介します。やはりiCareFoneを使うと便利です。

>

  ステップ1:前と同じようにiPadをPCにつながって、「ファイル管理」→「音楽」の順に入ります。

  ステップ2:画面でiPad内の曲がリスト表示されますので、その中からPCに転送したい曲をクリック操作で選んで画面上部のメニューから「エクスポート」をクリックします。

  ステップ3:音楽を保存するフォルダを選択して、「フォルダの選択」ボタンを押せば指定しておいた曲がiPodからPC内に入ります。

iPadからPCへ曲を転送

  iCareFoneを使えば、データのバックアップなども含めて簡単に曲の転送などが行えて、PCとiPad間でのデータ共有が楽になります。

  iCareFoneがあるとデータの管理がやりやすくなり、iPadをさらに活用できます。無料体験もできますので、是非お試しください。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!

/ Posted by 山崎 あずさ to iPad音楽 Follow @山崎 あずさ