iPhone/iPadから削除したSafari履歴を復元する3つの方法

  インターネットをしている時、iPhoneのSafari履歴を間違って一括削除すること、他人に見れたくない履歴を消すこと、この前バックアップしないブックマークを誤って削除すること、なんて経験は少なくはないでしょう?iPhoneのSafari履歴復元または削除したブックマークを見るために、以下の3つの方法がおすすめします。

  Safari履歴を復元するには、以下が必要です:

  • Windowsパソコン一台またはMac一台
  • Safari履歴が消去されたiOSデバイス
  • データ復元ツール:Tenorshare UltData

iOSデバイスから削除したSafari履歴を復元させる方法

  Tenorshare UltDataはiPhone X/8(Plus)/7/7 Plus/SE/6s/6/5s/5c/5から Safari閲覧履歴だけでなく、消えたブックマーク、大事な連絡先、メッセージ、写真、メモが復元することもできます。デバイス、iCloudまたiTunesバックアップから、間違って削除したSafariの履歴、ブックマークを手軽に復元します。では、ご案内します。

1、iPhoneからSafari履歴を直接に復元

  この方法は、バックアップないの場合にiPhoneから削除したSafari検索履歴を直接に復元することが可能です。

  ステップ1:UltDataをインストールして起動し、USBケーブルでiPhone/iPad/iPodをコンピュータに接続します。そして。メイン画面の下部にある「スキャンを開始」ボタンをクリックします。

パソコンに接続

  ステップ2:デバイスのスキャンが完了したら、「Safari」>「削除したデータのみを表示」を選択して、デバイスから削除されたSafari履歴を表示させます。

Safari履歴を表示

  ステップ3:復元したい「Safari履歴」を選択して右下の「復元」をクッリクします。

Safari履歴を復元

2、iTunesバックアップからSafari履歴を復元

  iPhoneは工場出荷状態に戻し、iOS 12へのアップデートに失敗してSafari履歴がなくなったことに困っている方は、もしiTunesでSafari履歴がバックアップしたことがあるなら、この方法を試してみてください。。

  ステップ1:UltDataを立ち上げて「iTunesバックアップから復元」を選択し、復元したいiTunesバックアップファイルを選択します。

復元したいiTunesバックアップファイルを選択

  ステップ2:選択したiTunesバックアップファイルをスキャンして、バックアップされたSafari履歴を取得します。

Safari履歴を取得

  ステップ3:表示されたSafari履歴を確認して、復元したい部分にチェックを入れて「復元」ボタンをクリックします。

Safari履歴を復元

3、iCloudバックアップからSafari履歴を復元

  iPhoneのiCloudバックアップにSafari履歴とブックマークをバックアップしたことがある場合は、この方法を試してください。

  ステップ1:UltDataで「iCloudバックアップから復元」を選択して、iCloudアカウントをサインインします。

iCloudアカウントをサインイン

  ステップ2:リストから使用するブックアップファイルを選択して、「次へ」ボタンをクリックし、Safari履歴をiCloudからダウンロードします。

Safari履歴をダウンロード

  ステップ3:ダウンロードされたSafari履歴を確認して、必要な内容を選択して「復元」をクッリクして復元します。

Safari履歴を復元
最後に

  以上は、iPhoneやiPadなどから削除したSafari履歴を復元する方法です。Safari履歴以外、Tenorshare UltDataは連絡先、通話履歴、メッセージ、メモなど20種類以上のデータの復元・抽出にも対応可能ですので、ぜひお試しください。最後まで読んで頂いてありがとうございました。

UltData
Tenorshare UltData
安全・強力 iPhoneデータ復元・iOS 12まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧対策を世界最速で実現
  • 連絡先・写真・動画・SMSメッセージなど、20種類以上のデータが復元・抽出