GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【位置偽装が可能になった!】モンハンなうでの位置偽装アプリおすすめ6選【iPhone・Android向け】

こんにちは!この記事では、モンハンNow向けのオススメの位置偽装アプリを4つ、ご紹介いたします。モンハンNowといえば、現実世界の実際の位置情報を参考にしてモンスターを狩りに出かけることができる人気アプリです。ですが、雨の日や混雑する時間帯など、「わざわざ出掛けたくないな…」と思うこともあるはず。そんな時に、自宅にいながら好きな場所に移動してモンスター狩ることができたら、とっても便利だと思いませんか?それを可能にするのが、この記事でご紹介するモンハンなうをチートするアプリなんです。誰でも簡単に、すぐに使い始めることができるので、ぜひ、最後までご覧くださいね!

アプリ1:iAnyGo - 脱獄不要、iOS17対応

まずはじめに、iAnyGoという位置偽装アプリをご紹介いたします。モンハンnowの位置情報をずらすツールiAnyGoはiPhone/Androidの位置情報を偽装できる専門アプリで、ケーブル不要、Wi-Fi接続だけでGPSの位置情報を変えます。 本アプリを使えば、誰でも簡単にワンクリックで好きな場所に瞬間移動するように、位置偽装が可能です。以下に紹介するような様々な移動モードも備えているので、モンハンNowのプレイに役立つこと間違いありません。

2024年2月22日から、モンハンnow公式のアップデートにより、プレイヤーがiOSデバイスですべての位置偽装アプリを使って、位置情報を偽装しようとすると、「GPS信号を探しています」などの問題にぶつかった。そこで、この不具合を解決するために、Tenorshare iAnyGoチームは1か月以上の研究開発の末、ついにiosデバイスで位置偽装アプリを使ってモンハンnowを引き続きプレイーできる方法を見つけました!つまり、モンハンNowカスタマイズ版のインストールアシスタントMHN Wizardをダウンロードしてから、MHN WizardとiAnyGoを組み合わせてモンハンNowをプレイーする方法です。今すぐMHN Wizardをダウンロードし、iAnyGoを使ってモンハンnowを楽しみましょうか。

MHN Wizardのダウンロードリンク:

    今すぐiAnyGoを無料ダウンロード:

    PogoskillとiAnyGoは業界パートナーとして、iAnyGoを購入したユーザーに有料のMHN Wizardを無料で提供しています。iAnyGOを購入した後、ユーザーはカスタマーサービスに連絡し、MHN Wizardパッケージを無料でゲットできますよ。

    • まず、MHN Wizardをダウンロードします。

    • パソコンにソフトウェアをダウンロードした後、「Apple ID」アカウントでログインする必要があります。

      MHN Wizard
    • ログインすると、モンハンなうのインストールを選択するボタンが表示されます。

      MHN Wizard
    • MHN Wizardをインストールした後、後で配置を変更するには、iPhone の設定で「開発者モード」を手動でオンにする必要があります。ここで、MHN Wizardのインストールが完了しました。

    • つぎに、インストールしたばかりのMHN Wizardを開くだけで、iAnyGoをダウンロードし、位置を自由に変更できるようになります。

    • iAnyGoを起動し、お使いのデバイをUSBケーブルで、またはコンピュータを同じWi-Fiに接続します。位置情報の変更の画面から「開始」をクリックします。

      モンハン now 位置 偽装 できない
    • 画面の右上に変更したい場所の情報を入力し、「変更開始」をクリックします。なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

      ianygoで位置情報 変更開始
    • なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

      ianygo ジョイスティックの移動

アプリ2:iSpooferでモンハンなうのGPS情報をずらす

つづいてご紹介するのは、iSpooferという位置偽装アプリです。モンハンNowはもちろん、ポケモンGOなどの位置偽装にも使用可能です。このアプリも簡単に位置情報を偽装することができますが、全て英語表記のため、使いづらいと感じる人が多いかもしれません。

iSpoofer モンハンNow 偽装
特徴
  • 1.歩く速度の変更が可能
  • 2.PC不要でスマートフォンのみで利用可能
  • 3.日本語に対応していない
  • 4.ダウンロードや利用手順がやや複雑
使い方 - ジョイスティックを使って移動する方法
  • 1.アプリのマップ画面を3秒間長押しします。
  • 2.画面右下にジョイスティックが表示されるので、タップして操作することで好きな場所に移動することができます。
  • 3.移動速度は「メニュー」→「エディット」から変更可能です。
使い方 - 座標を指定して瞬間移動する方法
  • 1.アプリ左側のメニュー一覧より、「Coordinates Feed」をタップします。
  • 2.表示された一覧から、移動したい場所を選択すればOKです。
使い方 - マップをタップして瞬間移動する方法
  • 1.アプリのマップ画面をスワイプして、移動したい場所を表示させます。
  • 2.移動したい地点をロングタップします。
  • 3.地図上にマークが表示されるので、それをタップします。
iSpoofer モンハンNow 偽装 使い方

アプリ3:GPS JoyStick - root不要、 Android向け

3つ目にご紹介するのはGPSジョイスティックというアプリです。こちらのアプリはAndroidでも使用することが可能です。

GPS ジョイスティック モンハンNow 偽装
特徴
  • 1.位置偽装する際にRoot権限を必要としない
  • 2.無料版を利用可能
  • 3.インターフェースが簡潔で分かりやすい
  • 4.アプリ内に広告が表示される
  • iOSデバイスには対応していない
使い方 - ジョイスティックを使って移動する方法
  • 1.AndroidスマホにGPS ジョイスティックアプリをインストールします。
  • 2.Androidの「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」を7回タップし、開発向けオプションを有効にします。
  • 3.設定画面で「開発者向けオプション」を開き、「仮の現在地情報アプリを選択」をタップし、「GPS ジョイスティック」を選択します。
  • 4.あとはアプリを起動して、「地図を開くにはここをクリック」をタップするだけです。地図が表示されたら、行きたい場所をタップしましょう。
GPS ジョイスティック モンハンNow 偽装 使い方

アプリ4:VMOS - 無料、 Android向け

VMOSという位置偽装に利用できるアプリをご紹介いたします。このアプリもAndroid向けとなっています。

VMOS モンスターハンターNow 位置偽装
特徴
  • 1.同じデバイスで2つの異なるAndroidシステムにアクセス可能。つまり、モンハンNow専用のAndroidシステムを作ることができる
  • 2.Root化されていないAndroid端末では利用できない
  • 3.位置偽装を行うためには追加のアプリインストールが必要
  • 日本語に対応不可能
使い方
  • 1.VMOSの公式サイトにアクセスし、APKファイルをダウンロードします。
  • 2.インストール後、「設定」→「開発者オプション」より、「ルート」メニューの横にあるスイッチを切り替え、ルートアクセスを有効にします。
  • 3.「設定」→「位置情報」を選択し「高」に変更します。
  • 4.以上が完了したら、アプリストアより「Fake GPS Location」のようなGPS偽装アプリをダウンロードし、利用開始するだけです。
  • 5.この際、システムアプルとして「Fake GPS Location」を登録するために「ESファイルエクスプローラー」などのファイルマネージャーが必要です(「Fake GPS Location」にroot権限を与え、システムアプリとして登録しましょう)。
  • 6.その後VMOSを再起動し、Root Explorerを有効にし、ルートフォルダにアクセス後に「Xbin」フォルダを削除します。
  • 7.以降は普通に「Fake GPS Location」を起動し、マップをタップして移動するだけです。

アプリ5: iTools

つぎに紹介するのはアプリiToolsです。iToolsは位置偽装、データ転送やバックアップなどの機能を含む総合的にiOSデバイスをサポートしてくれるツールです。このツールを使って、モンハンnowの位置情報を簡単に変更できます。しかし、このツールは日本語に対応していないため、注意してください。

使い方
  • 1.iToolsをパソコンにインストールして起動します。
  • 2.iPhoneなどのiOSデバイスをパソコンに接続します。
  • 3.iToolsのデバイスツールキッツの中にあるVirtual Locationをクリックします。
  • 4.地図が開くので希望の場所にピンをドロップします。
  • 5.移動を開始するをクリックして位置情報が偽装されます。

アプリ6: Fake GPS Joystick and Route【Androidむけ】

最後に紹介するアプリはFake GPS Joystick and Routeです。Fake GPS Joystick and RouteはAndroidデバイスで位置情報を偽装するためのアプリケーションで、固定モード、ルートモード、ジョイスティックモードから選べるのが最大の特徴です。

使い方
  • 1.Google Playストアから「Fake GPS Joystick and Route」をダウンロードしてインストールします。
  • 2.スマートフォンの「設定」メニューに移動し、「開発者向けオプション」を有効にします。これにより、デバイスの位置情報サービスの設定を変更できるようになります
  • 3.Fake GPS Joystick and Routeを起動し、アプリの設定画面で「運転モード」を選択します。このモードでは、ジョイスティックや地図上のタップを使用して偽の位置情報を設定できます。
  • 4.偽の位置情報を設定したい場所を地図上で選択し、任意のジョイスティック操作やドラッグを行って移動します。
  • 5.偽の位置情報を確定させるために、画面下部の「スタート」ボタンをタップします。
  • 6.設定が完了したら、設定画面を閉じて他のアプリケーションを起動し、偽の位置情報を使用してそのアプリケーションを利用します。

モンハンNowでの位置偽装に関するよくあるご質問

質問1:モンハンナウの位置偽装はバレますか?

はい、モンハンナウで位置偽装するとバレる可能性があります。もしモンハンナウで安全に位置情報を偽装する場合、専門アプリiAnyGoの利用をおすすめします。

質問2:モンハンなうでGPS偽装ができないのはなぜですか?

モンハンなう公式の原因で、iPhoneなどのiOSデバイスでGPS情報を偽装できなくなったことが最近よくあります。しかし、心配する必要がありません。Tenorshare社がこの問題を解決する方法を見つかった。今すぐPOGO Clubに参入し、MHN WizardというモンハンNowカスタマイズ版のインストールアシスタントをゲットし、モンハンなうを引き続き楽しみましょう!

まとめ

この記事では、モンハンNowで位置情報を偽装する裏技を6つご紹介いたしました。iPhoneで利用できるものからAndroid向けのものまで色々な位置偽装アプリがありましたね。特にiAnyGoはメリット多数で誰でも簡単に利用することができるので、この機会にぜひお試しください。快適にモンハンNowをプレイすることができるようになりますよ!ただし、瞬間移動の頻発はアカウント規制の原因になる場合があるので、ご利用は計画的に。

関連記事: 【画像貼り付け】iPhone・AndroidでポケモンGOの位置情報を偽装する方法まとめ

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用