GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【iPhone・Android】モンハンNow向けの位置偽装アプリおすすめ4選

こんにちは!この記事では、モンハンNow向けのオススメの位置偽装アプリを4つ、ご紹介いたします。モンハンNowといえば、現実世界の実際の位置情報を参考にしてモンスターを狩りに出かけることができる人気アプリです。ですが、雨の日や混雑する時間帯など、「わざわざ出掛けたくないな…」と思うこともあるはず。そんな時に、自宅にいながら好きな場所に移動してモンスター狩ることができたら、とっても便利だと思いませんか?それを可能にするのが、この記事でご紹介する位置偽装アプリなんです。誰でも簡単に、すぐに使い始めることができるので、ぜひ、最後までご覧くださいね!

アプリ1:iAnyGo - 脱獄不要、iOS17対応

まずはじめに、iAnyGoという位置偽装アプリをご紹介いたします。本アプリを使えば、誰でも簡単にワンクリックで好きな場所に瞬間移動するように、位置偽装が可能です。以下に紹介するような様々な移動モードも備えているので、モンハンNowのプレイに役立つこと間違いありません。

    メリット
  • インストール~利用開始の手順がシンプル
  • 日本語に完全対応なので分かりやすい
  • 地図クリックによる瞬間移動に加え、指定した経路を指定した速度で移動させることも可能
  • アプリに搭載されているジョイスティックで、マップ上を自由に動き回ることも可能
  • 最新のiOSにも対応している
  • 無料試用は利用可能
    デメリット
  • 無料試用がありますが、使い続けるにはライセンスの購入が必要
  • iAnyGoを起動し、お使いのデバイをUSBケーブルで、またはコンピュータを同じWi-Fiに接続します。位置情報の変更の画面から「開始」をクリックします。

    ianygoで位置情報を変更する
  • 画面の右上に変更したい場所の情報を入力し、「変更開始」をクリックします。なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

    ianygoで位置情報 変更開始
  • なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

    ianygo ジョイスティックの移動

アプリ2:iSpoofer

つづいてご紹介するのは、iSpooferという位置偽装アプリです。モンハンNowはもちろん、ポケモンGOなどの位置偽装にも使用可能です。このアプリも簡単に位置情報を偽装することができますが、全て英語表記のため、使いづらいと感じる人が多いかもしれません。

iSpoofer モンハンNow 偽装
特徴
  • 1.歩く速度の変更が可能
  • 2.PC不要でスマートフォンのみで利用可能
  • 3.日本語に対応していない
  • 4.ダウンロードや利用手順がやや複雑
使い方 - ジョイスティックを使って移動する方法
  • 1.アプリのマップ画面を3秒間長押しします。
  • 2.画面右下にジョイスティックが表示されるので、タップして操作することで好きな場所に移動することができます。
  • 3.移動速度は「メニュー」→「エディット」から変更可能です。
使い方 - 座標を指定して瞬間移動する方法
  • 1.アプリ左側のメニュー一覧より、「Coordinates Feed」をタップします。
  • 2.表示された一覧から、移動したい場所を選択すればOKです。
使い方 - マップをタップして瞬間移動する方法
  • 1.アプリのマップ画面をスワイプして、移動したい場所を表示させます。
  • 2.移動したい地点をロングタップします。
  • 3.地図上にマークが表示されるので、それをタップします。
iSpoofer モンハンNow 偽装 使い方

アプリ3:GPS ジョイスティック - root不要、 Android向け

3つ目にご紹介するのはGPSジョイスティックというアプリです。こちらのアプリはAndroidでも使用することが可能です。

GPS ジョイスティック モンハンNow 偽装
特徴
  • 1.位置偽装する際にRoot権限を必要としない
  • 2.無料版を利用可能
  • 3.インターフェースが簡潔で分かりやすい
  • 4.アプリ内に広告が表示される
  • iOSデバイスには対応していない
使い方 - ジョイスティックを使って移動する方法
  • 1.AndroidスマホにGPS ジョイスティックアプリをインストールします。
  • 2.Androidの「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」を7回タップし、開発向けオプションを有効にします。
  • 3.設定画面で「開発者向けオプション」を開き、「仮の現在地情報アプリを選択」をタップし、「GPS ジョイスティック」を選択します。
  • 4.あとはアプリを起動して、「地図を開くにはここをクリック」をタップするだけです。地図が表示されたら、行きたい場所をタップしましょう。
GPS ジョイスティック モンハンNow 偽装 使い方

アプリ4:VMOS - 無料、 Android向け

最後に、VMOSという位置偽装に利用できるアプリをご紹介いたします。このアプリもAndroid向けとなっています。

VMOS モンスターハンターNow 位置偽装
特徴
  • 1.同じデバイスで2つの異なるAndroidシステムにアクセス可能。つまり、モンハンNow専用のAndroidシステムを作ることができる
  • 2.Root化されていないAndroid端末では利用できない
  • 3.位置偽装を行うためには追加のアプリインストールが必要
  • 日本語に対応不可能
使い方
  • 1.VMOSの公式サイトにアクセスし、APKファイルをダウンロードします。
  • 2.インストール後、「設定」→「開発者オプション」より、「ルート」メニューの横にあるスイッチを切り替え、ルートアクセスを有効にします。
  • 3.「設定」→「位置情報」を選択し「高」に変更します。
  • 4.以上が完了したら、アプリストアより「Fake GPS Location」のようなGPS偽装アプリをダウンロードし、利用開始するだけです。
  • 5.この際、システムアプルとして「Fake GPS Location」を登録するために「ESファイルエクスプローラー」などのファイルマネージャーが必要です(「Fake GPS Location」にroot権限を与え、システムアプリとして登録しましょう)。
  • 6.その後VMOSを再起動し、Root Explorerを有効にし、ルートフォルダにアクセス後に「Xbin」フォルダを削除します。
  • 7.以降は普通に「Fake GPS Location」を起動し、マップをタップして移動するだけです。

まとめ

この記事では、モンハンNowで位置情報することができるアプリを4つご紹介いたしました。iPhoneで利用できるものからAndroid向けのものまで色々な位置偽装アプリがありましたね。特にiAnyGoはメリット多数で誰でも簡単に利用することができるので、この機会にぜひお試しください。快適にモンハンNowをプレイすることができるようになりますよ!ただし、瞬間移動の頻発はアカウント規制の原因になる場合があるので、ご利用は計画的に。

関連記事: 【画像貼り付け】iPhone・AndroidでポケモンGOの位置情報を偽装する方法まとめ

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用