GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【位置情報の取得が可能になった!】ポケモンGOで位置偽装する時にBANされない方法

位置情報を利用して現実世界を舞台にプレイできるポケモンGOは世界中で大人気のゲームです。ですが、ポケモンGOをプレイしていると実際に移動できる範囲には限界があると感じる瞬間ってありませんか。ポケモンGOで位置偽装してもBANされない方法があるなら、自由にゲームを楽しめますよね。iOS17もまもなく正式にリリーズ予定です。この記事では、iOS17も対応可能でポケモンGOで位置偽装してもバレない方法をご紹介します。

また、2024年6月7日から、ポケモンGOが315.2バージョンの更新をリリースし、iAnyGoを含むすべての位置情報偽装アプリが無効になりました。具体的な問題は位置情報の変更後にエラー「ポケモンGOで位置情報の取得ができない」と表示されることです。でも、心配する必要がありません。この状況に対応して、業界最高な位置情報偽装アプリiAnyGoの開発チームはその最新の解決策を積極的に探しました。詳しい解決策について、下記の記事で紹介しましたので、ぜひ最後までご覧くださいね。

part1:ポケモンGOで位置偽装するのはなぜバレるのか?

ポケモンGOで位置偽装すると、なぜバレるのでしょうか。思いつかないような原因がいくつかありますので、ひとつずつチェックしていこう。

原因1:一定期間で捕獲数が過剰

ポケモンGOの位置偽装が疑われる原因のひとつは、短い期間で捕獲したポケモンの数が多すぎることが挙げられます。

原因2:移動距離が異常に多い

移動距離が異常に多く、また考えられないような速度で様々な地域に出現しているなど、現実世界では実現できない動きをしていることです。

原因3:使い中の位置偽装ツールにバグが発生する

ポケモンGOの位置偽装に使用しているツールにバグが発生してポケモンGOに不正ツールの利用を検出されてしまうケースがあります。

原因4:Android端末でポケモンGOの位置偽装が不可能

Android端末でポケモンGOの位置を偽装する方法は多数ありましたが、サービスを終了するアプリも多く、位置偽装が難しくなってきています。

原因5:Niantic社が位置偽装に対する対策が強化する

Niantic社はポケモンGOでの位置偽装に対する対策を強化しており、日々、不正なソフトウェアの利用がないかチェックしています。

part2:ポケモンGOで位置偽装するリスク

ポケモンGOは特定の不正アプリを感知できる仕様になっているそうです。そのため、位置偽装に利用するツールを慎重に選ぶ必要があります。位置偽装が検出されると警告、アカウント停止、永久BANされてしまいます。

1.警告

黒の背景に赤でメッセージがかかれている画面は黒板と呼ばれる警告文です。不正なソフトウェアの利用が検出されたことをプレイヤーに警告する内容です。警告では次のペナルティが課せられます。

  • 不正に入手したポケモンには斜線がつく
  • レアBANが7日間続き、レアポケモンが出現しない
2.アカウント停止

警告の次はアカウント停止になります。アカウントの停止期間は少ないプレイヤーで1週間ほどですが、1か月ほど停止が続いたというプレイヤーもいます。ポケモンGOに登録しているメールアドレス宛にメールが届きますので、返信してアカウント停止を解除してもらう必要があります。

3.永久BAN

悪質だと判断された場合は警告やアカウント停止なしで永久BANになることがあります。文字通り、ポケモンGOでBANされたアカウントを利用することはできなくなります。

part3:ポケモンGOで位置偽装する時にBANされない方法

ポケモンGOで位置偽装する時にはBANされない方法を選ぶことが重要です。

方法1: iAnyGo - iPhone向けの位置情報偽装ソフト【脱獄なし】

ポケモンGO位置偽装の専門アプリであるiAnyGoはiPhone向けの位置情報偽装ソフトで最新のiPhoneシリーズもサポートしています。iAnyGoのジョイスティック機能では移動方向・速度を自由に設定できるため、実際の移動に近い自然な動きを実現できます。移動方向を変更したい時はマップを見ながらキーボードの矢印を押すだけ、止まりたい時に便利な「一時停止」ボタンもあります。

最近、数多くのポケモンGOプレイヤーは位置偽装アプリを使ってポケモンの位置情報を変更しようとするとき、「ポケモンGOで位置情報の取得ができない(12)」エラーが表示されます。これは2024年6月7日に、ポケモンGO公式の更新により、ポケモンGOでいずれの位置偽装アプリを使っても反応しなくなった原因です。でも、心配する必要がありません。iAnyGoチームはすでに最新の解決策を探しました。つまり、ポケモンGOカスタマイズ版のインストールアシスタントPoGo Wizardをダウンロードしてから、PoGo WizardとiAnyGoを組み合わせてポケモンGOをプレイーする方法です。

現在、弊社はパートナーであるPoGoskillと一緒に、より安定した最新のPogo Wizard ベータ 4をリリースしました。PoGo Wizard ベータ 4 の最新バージョンが 6 月 21 日にリリースされて以来、何回のテストを通じて、位置偽装の成功率は100%で、ユーザーからの反映によると、アカウントがBANされた事態は発生していません。iAnyGoを購入したユーザーは下記のPogo Wizard ダウンロードリンクでPogo Wizard をダウンロードしてから、カスタマーサービスに連絡し、無料でPoGo Wizardを使用できますので、安心してご利用いただけますよ。各プレイヤーはPoGo Wizardを使用中にサブアカウントを優先してテストしてください。また、位置情報偽装アプリを使う時、アカウントがロックされないように冷却時間に従うことに注意してくださいね。

PoGo Wizardのダウンロードリンク:

  • まず、PoGo Wizardをダウンロードします。

  • パソコンにソフトウェアをダウンロードした後、「Apple ID」アカウントでログインする必要があります。

    ianygoで位置情報を変更する
  • ログインすると、ポケモンGOのインストールを選択するボタンが表示されます。

  • PoGo Wizardをインストールした後、後で配置を変更するには、iPhone の設定で「開発者モード」を手動でオンにする必要があります。ここで、PoGo Wizardのインストールが完了しました。

    ianygoで位置情報を変更する
  • つぎに、インストールしたばかりのPoGo Wizardを開くだけで、iAnyGoをダウンロードし、位置を自由に変更できるようになります。

  • iAnyGoを起動し、お使いのデバイをUSBケーブルで、またはコンピュータを同じWi-Fiに接続します。位置情報の変更の画面から「開始」をクリックします。

    ianygoで位置情報を変更する
  • 画面の右上に変更したい場所の情報を入力し、「変更開始」をクリックします。なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

    ianygoで位置情報 変更開始
  • なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

    ianygo ジョイスティックの移動

方法2:クールダウンを計算して移動する

クールダウンとは特定の操作をした後に待機すべき時間を指します。ポケモンGOで位置偽装を検出するための仕組みで、クールダウン中に特定の操作をしてしまうとバレる可能性が高くなります。1,500 km以上移動すると2時間ほどのクールダウンが必要となり、この間はポケモンを捕まえるなど位置情報が記録されるような操作をしないにするとバレる可能性が低くなります。

関連記事: ポケモン GOのクールダウン時間の詳細な説明

方法3:正常な移動時間とルートで移動する

位置偽装をする時は実際に移動する時にかかる時間とルートで移動すると、クールダウンやBANされないかを気にすることなくプレイできます。実際の移動と同じですので、ポケモンGOで検出されることもほぼありません。信頼できる位置偽装ツールを利用するとバレない確率が上がります。

まとめ

ポケモンGOで位置偽装してもBanされない方法をご紹介しました。位置偽装にはリスクが伴いますが、実際の動きを再現する、クールダウン期間を考慮するなどしてポケモンGOに位置偽装がバレないように工夫する方法もあります。iPhone向けの位置情報偽装ソフトiAnyGoはジョイスティック機能を備え、実際の移動とほぼ同じ移動ができるソフトです。

関連記事: 【画像貼り付け】iPhone・AndroidでポケモンGOの位置情報を偽装する方法まとめ

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用