GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【2024最新】iPhoneで位置情報を変えるアプリベスト6選【最新iOSバージョンにも対応】

iPhoneの位置情報を変更できるアプリは多いのですが、本当に助かりましたのアプリは少ないですね。iOSシステムの位置変更は技術的に難しいため、iPhone向けの位置変更アプリは多くないで、価格も高いです。なので、この記事では、iPhoneで位置情報を変えるアプリの特徴や機能、そのメリット・デメリットを紹介します。また、一番お勧めのiphone位置偽装アプリもご紹介しますので、ぜひ最後までみてくださいね。

パート1:位置情報を変えるiPhoneアプリベスト6選をご紹介

アプリ1.Tenorshare iAnyGoお勧め

Tenorshare iAnyGoはiPhone向けの専門な位置情報を変えるアプリです。無料体験時間があります。多くのアプリは個人情報を収集しており、情報漏洩のリスクがあります。iAnyGoはPC用ソフトウェアだけでなく、スマホ向けのアプリ版もありますよ。絶対にユーザーの個人情報を記録または収集しません。iPhoneやiPadのGPSを脱獄なしで簡単に変更することができ、位置情報アプリの利用を便利にします。複数の目的地を設定し、ウォーキング、サイクリング、またはドライブの速度で移動できるようにし、休憩時間も設定して、自然な移動を演出することができます。iOSおよびAndroidデバイスに対応しています。最近新しいポケストップ、ジムをスキャンする機能も増加しますから、きっとポケモンGoをもっと楽しめますよ。

これからその詳しい操作方法を紹介します。

  • パソコンにiAnyGoをダウンロードしてインストールします。iAnyGoを起動し、USBケーブルまたは同じWi-FiでiPhoneをパソコンに接続します。「開始」をクリックします。

    iPhone位置情報変える iAnyGo パソコン接続
  • ポケモンGOを遊ぶ時に、転送したい住所を検索ボックスに入力して或いは地図上の任意の場所をクリックして、「変更開始」を押します。

    iPhone位置情報変える 変更開始
  • なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

    ianygo ジョイスティックの移動

アプリ2.「Fake GPS Location - Spoofer Go」

Fake GPS Location Spoofer Go

「Fake GPS Location - Spoofer Go」は、iPhone向けの位置情報を変更することができるアプリです。Fake GPS Location - Spoofer Goを使用すると、SNSアプリやゲームなどで他のユーザーと共有する位置情報を操作することが可能です。また、地図上で指定した場所にピンを立てることもでき、そこにナビゲートする機能も搭載されています。このアプリは、ルートの記録や前回の位置情報の保存、設定した位置情報を簡単にアクティベートできる機能など、さまざまな便利な機能が備わっています。

「Fake GPS Location - Spoofer Go」は、広告が少なく使いやすいインターフェースを備えた位置情報を変更するアプリとして人気があります。ただし、注意点として、一部のアプリやサービスでの使用は違法であり、使用する際は法律に則るように注意する必要があります。

アプリ3.Selfie Maker

Selfie Maker

Selfie Makerは、100万回以上のダウンロードを記録しており、現在いる場所とは異なる場所にいるように偽装することができます。最大の利点は、世界中どこでも自分がいたい場所で偽装できることです。シンプルなUIとサクサク動作も利点です。欠点は、位置情報を偽装する際に電話番号などの個人情報が必要とされることで、個人情報漏洩の危険性を感じることがあります。また、まだバグが多く、安定性の面で不安定な動作が多いです。無料で利用できるアプリなので、仕方がないと思うこともありますが、より安定したアプリをお勧めします。

アプリ4.Mock Locations

mock location

Mock Locationsは、無料で利用できるアプリであり、利用者の評価も非常に高いです。動作環境としては、Android 4.0以上で動作が保証されています。現在のAndroid OSのほとんどの機種がこの要件を満たしているため、問題なく利用することができます。iPhone版もあります。Mock Locationsは位置情報を偽装してくれるアプリで、現在地を別の場所に偽装してくれます。100万回以上のダウンロードがある人気のアプリです。 欠点は、無料利用期間を過ぎると有料となり、課金が必要となります。また、日本語表記でない点もマイナスとされています。

アプリ5.Mappr

Mappr

Mapprというアプリは、iPhoneで位置情報を隠すことができるアプリです。すべての機能が無料で提供されており、アプリ内課金もないため安心して利用できます。iOS 8以降のOSに対応しています。Exifメタデータに位置情報を追加する機能もあります。位置情報と日時が一緒に保存されるため、その場所にいるように見せることができます。iOS互換性も高く、iOS 8.1以降のiPhoneに対応しています。メリットは、現在の位置とは異なる場所を設定できるため、自分の場所を特定される心配がありません。このため、SNSに写真を投稿しても安心です。ポケモンGOなどのゲームで位置情報を偽装して利用することも可能です。位置情報を自由に変更して世界中を旅できるアプリです。デメリットと言えば、位置情報を元に戻すのが面倒であることです。

アプリ6.Fake Locate Free

Fake Locate Free

Fake Locate Freeはユーザーは偽のGPS位置情報を設定することができます。これはSNSやゲームで使用することができ、操作は簡単で位置情報を簡単に変更できます。ユーザーに異なる体験を提供し、旅行中に位置情報を変更することができます。面白いいたずらや個人のプライバシーを保護するために使用できます。

Fake Locate Freeの利点には、位置情報を簡単に変更できる手段を提供することが挙げられます。ユーザーはSNSやゲームで楽しんだり、異なる体験や楽しみを提供します。ユーザーのプライバシーを守るのに役立ちます。ただし、Fake Locate Freeにはいくつかのデメリットもあります。誤用される可能性があり、情報が不正確になったり、誤解を招く可能性があります。不適切に使用した場合、他人に問題を引き起こす可能性があります。ゲームの公平性に影響を与える可能性があります。重要な場面では使用を避けることをお勧めします。

パート2:位置情報を変える時によくある質問

質問1:iPhoneで位置変更したらどうなりますか?

iPhoneで位置情報を人為的に変更する行為は、ゲームアプリのプレイや地域特有のサービスを利用する際に問題を引き起こす可能性があります。例えば、位置偽装を行うと、ゲーム内での進行が不公平になるだけでなく、他のプレイヤーやサービス提供者に誤った情報を提供することにもなりかねません。さらに、地域によっては特定のコンテンツや広告が表示される仕組みがあるため、偽の位置情報を提供するとそのようなコンテンツや広告の閲覧が困難になる可能性もあります。位置情報を変更する際は、個人情報や他者との公平性を考慮して慎重に行うことが重要です。

質問2:iPhoneの位置情報をバレないようにする方法は?

すべてのアプリとサービスで、たとえ短時間でも位置情報が共有されないようにするには、「設定」 >「プライバシー」>「位置情報サービス」と選択してから、位置情報共有をオフにします。 これで、デバイス上にある「マップ」などのすべてのアプリで位置情報が使用されなくなります。

まとめ

本記事では位置情報を変えるiPhoneアプリベスト6選を紹介しました。iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に変更することは、非常に難しいことではありません。上記の6つの方法を使う方法以外に、もっと複雑な方法も存在しますが、全体的に見ると、Tenorshare iAnyGoを使用して別のiPhoneのGPS位置を設定するのは比較的簡単です。iAnyGoを気を付けて使えば、位置情報の偽装がバレて利用禁止されることが十分回避できます。今すぐ位置情報を変更し、家に世界旅行を楽しみましょう!

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用