GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【2024最新情報】iFakeLocationはiOS17で使えない?その最高な代替ソフトのご紹介

iFakeLocationを使ってiPhoneの位置情報を変更していたユーザーの中には最新バージョンのiOS17にアップデートしてから使えなくなったという方も少なくないかもしれません。この記事では、iFakeLocationはiOS17で使えないのか、iFakeLocationの特徴や使い方、そして、代替え案をご紹介します。iPhoneの位置情報を変更する方法をお探しの方は必見ですよ。

パート1、iFakeLocationとは?

iFakeLocationとは、オンライン上でプログラムなどを保存できるGitHupで共有されている位置情報を偽装できるツールです。iFakeLocationはiPhone向けのツールで、自動歩行やジョイスティックなどの機能はついておらず、位置情報の書き換えのみができるシンプルで無料な方法です。

ifakelocation

パート2、iFakeLocationの特徴と機能について

iFakeLocationは、iOSデバイスユーザーが簡単に偽の位置情報を生成することができる便利なアプリです。Windows/Mac/ Ubuntuのパソコンで利用できることです。自分の現在地を任意の場所に設定したり、複数の位置を結んで移動ルートを作成したりすることが可能で、さまざまなシーンで利用できます。さらに、設定した位置情報をファイルとしてエクスポートしたり、使いやすい操作性を持つインターフェースを提供しているため、誰でも簡単に操作することができます。また、位置情報を生成する処理を最適化しており、バッテリーの消費を最小限に抑えているため、長時間の利用も安心です。異なる場所での特定アプリの動作確認や友人にジョークを提供するなど、様々な用途に応用が可能です。

iFakeLocationのメリットとデメリットは?

iFakeLocationのメリットとデメリットをまとめてみました。

iFakeLocationのメリット

  • 無料でダウンロードできる
  • シンプルな機能だけなので使いやすい
  • iPhoneの脱獄は不要
  • iFakeLocationのデメリット

  • テレポート機能のみなので、位置偽装に慣れているユーザーは物足りない
  • Microsoft StoreからダウンロードしたiTunesがいる
  • iFakeLocationの使用中にエラーや問題が発生することがある
  • Mac/Ubuntuの場合は.NET 6 runtimeをインストールしなければならない
  • iPhoneの開発者モードを有効にする必要がある
  • 2022年以降はプログラムが更新されていない
  • 位置偽装ツールの対策に力を入れているアプリでは、検出される恐れがある
  • iPhoneを脱獄することなく無料で使える位置情報変更ツールですが、Microsoft版のiTunesが必要、事前にiPhoneの開発者モードを有効にする、Mac/Ubuntuの場合は.NET 6 runtimeをインストールしなければならないなど設定が難しい印象を受けます。

    iFakeLocationのやり方

    iFakeLocationを利用するにはMicrosoft StoreからダウンロードしたiTunesが必要です。iTunesにはMicrosoft版とアプリ版がありますので、アプリ版をお使いの方もMicrosoft版をダウンロードして起動してから次の操作を行ってください。

    • GitHup(https://github.com/master131/iFakeLocation/releases)からiFakeLocationをダウンロードして解凍します。Mac/Windows/ Ubuntu/iPadなどに対応しています。

    • 解凍されたファイルを実行します。

    • iPhoneをパソコンに接続します。iFakeLocationの画面で接続したiPhoneが表示されない場合は「Refresh」をクリックします。

    • マウスを使ってマップ上から移動する地点を選び、「Set fake location」をクリックします。位置情報の変更に失敗する時は、「Refresh」をクリックしてから再度地点を選び、「Set fake location」をクリックしてください。

    ヒント:iFakeLocationはiOS17で使えない?最高な代替ソフトiAnyGoで位置情報を偽装する【オススメ】

    iFakeLocationが最新のiOS17バージョンで使えない、今まで利用できていたのに急に使えなくなったという時は代替ソフトTenorshare iAnyGoでiPhoneの位置情報を偽装する方法があります。iAnyGoはiPhone/Androidに対応し、テレポート機能のほか、ルート間の移動、ジョイスティック機能などあると便利な位置変更機能が豊富に備わっています。Tenorshare iAnyGoはパソコンとスマホを接続するだけで簡単に使えます。脱獄やroot化など難しい設定は必要ありません。スマホを改変したり、アプリをスマホにダウンロードしたりする必要がないので、iPhone/Androidのセキュリティが低下する心配がありません。iAnyGoで位置情報を偽装する手順は以下の通りです。

    • パソコンにiAnyGoをダウンロードしてインストールします。iAnyGoを起動し、USBケーブルまたは同じWi-FiでiPhoneをパソコンに接続します。「開始」をクリックします。

      gps joystick 機能しない
    • ポケモンGOを遊ぶ時に、転送したい住所を検索ボックスに入力して或いは地図上の任意の場所をクリックして、「変更開始」を押します。

      gps joystick 反応しない
    • なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

      ianygo ジョイスティックの移動

    パート4、iFakeLocation に関するよくあるご質問

    最後に、iFakeLocationに関するよくあるご質問をご紹介します。

    質問1、iFakeLocationはiOS17に対応するのか?

    iFakeLocationはiOS17に対応するように開発されているわけではありません。Ifakelocationの最終公開年は2022年、iOS17は2023年にリリースされていますので、IfakelocationがiOS17向けとは言い難いですが、iOS17で使えることもあります。そして、iFakeLocationをiOS17で使えないこともあります。

    質問2、iFakeLocationは使えなくなった場合はどうすればいいのか

    もしiFakeLocationが使用できなくなった場合、代替として他の位置情報偽装アプリiAnyGoをやってみてくださいね。iOSデバイスでは、App Storeから「偽のGPS」や「位置情報スプーフィング」などのキーワードで検索すると、同様のアプリが見つかるかもしれません。また、Jailbreak(脱獄)を行っている場合は、Cydiaや他のJailbreakマーケットからさらに多くの選択肢が提供される可能性があります。 ただし、位置情報偽装アプリの使用はプライバシーやセキュリティの観点から制限されることがあります。特に、地図アプリやナビゲーションアプリなど、位置情報が重要な役割を果たすアプリでは偽の位置情報を提供しない方が望ましい場合があります。

    まとめ

    この記事では、iFakeLocationの特徴や使い方、最新のiOS17で使えなくなった時の代替案などをご紹介しました。iFakeLocationは無料で位置情報を変更できるツールでしたが、近年は更新されていないのが現状です。iFakeLocationのがiOS17で使えなくなたっ時に備えて代替案のTenorshare iAnyGoを覚えておくと安心です。iAnyGoはテレポート、ルート間の移動、ジョイスティック機能が備わっていますから、きっと助かりますよ。

    脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
    • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
    • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
    • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
    • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
    • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
    • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用