GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【WWDC24】Appleマップが新機能を追加?地形図などの新機能を徹底解説!!

2024年6月10日に開催されたAppleによる開発者向けイベント「WWDC24」でAppleマップの新機能が発表されました。Appleマップの新機能は地形図とハイキングマップの2つ、どんな機能なのかその詳細が気になりますね。iOS18ベータ版がリリースされるまでAppleマップの新機能の詳細な使い方はわかりません。ですが、「WWDC24」で発表された内容からわかったこともありますので、現段階で判明しているAppleマップの新機能を解説していきます。

Part1、Appleマップは何の新機能を新増しますか?

Appleマップの新機能は地形図とハイキングマップです。それぞれの詳細をみていきましょう。

新機能1:地形図

iCloudでiPhoneのデータをバックアップ

WWDC2024で発表されたAppleマップの新機能の地形図では、アメリカの国立公園63か所の詳細な地形図が追加されることが発表されました。地形図をiPhoneに保存してオフラインで使用したり、音声ガイドを使って表示したりなどが可能になります。Appleマップの地形図がどの国に対応するのか、どうやって使うかなどの詳細は分かっていません。ですが、アメリカだけではなく、日本でも使えるのではという声もあります。

新機能2:ハイキングマップ

iCloudでiPhoneのデータをバックアップ

地形図を元に数回タップするだけでハイキングマップを作成できるようになります。片道、往復、ループなど様々なオプションが用意されており、iPhoneユーザーは自分に最適なハイキングコースを選択できます。さらに、ハイキングにかかる時間、標高などの情報を表示させる機能もあるそうです。複数のハイキングマップを作成し、iPhoneに保存できるようですが、ハイキングマップにメモを追加する機能の提供はアメリカのみのようです。

Part2、Appleマップの新機能地形図をGoogleマップと比較

Appleマップの新機能地形図はGoogleマップと比較すると対応地域で劣ります。今のところ、Appleマップの新機能地形図で確実に対応する地域はアメリカしかわかっていません。ですが、新機能地形図の機能自体はGoogleマップと同じくらい綺麗に表示されて使いやすいのではと考えられます。よくハイキングに行くというユーザーは、ハイキングマップが追加されるとハイキングにかかる時間や標高が事前にわかるようになるので、自分の体調に合わせてハイキングを楽しめるようになります。

Googleマップ 比較

Part3、日本ユーザーでもAppleマップの新機能を体験できる裏技

Appleマップの新機能が確実に使えるとわかっている地域はアメリカのみです。日本にいるiPhoneユーザーでもAppleマップの新機能を体験できる裏技がありますよ。それは、Tenorshare iAnyGoを使ってiPhoneの位置情報をアメリカに変更することです。iPhoneの位置情報をアメリカの国立公園に変更すると、地形図やハイキングマップを試せます。Tenorshare iAnyGoはパソコンにダウンロードしてiPhoneを接続するだけで使えるため、どなたでも簡単に利用できます。これから、iAnyGoの操作方法を紹介します。

  • パソコンにiAnyGoをダウンロードしてインストールします。iAnyGoを起動し、USBケーブルまたは同じWi-FiでiPhoneをパソコンに接続します。「開始」をクリックします。

    iAnyGo 起動
  • ポケモンGOを遊ぶ時に、目的地をアメリカの国立公園に設定し、「変更開始」をクリックします。

    iAnyGo 変更開始
  • なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

    ianygo ジョイスティックの移動

iPhoneの位置情報がアメリカに変わるので、この状態でAppleマップを開いて新機能を試してみましょう。

まとめ

以上、この記事ではAppleマップの新機能をご紹介しました。WWDC24で発表されたAppleマップの新機能をまとめると、地形図とハイキングマップが追加されるとのことでした。また、Appleマップの新機能に対応すると確実に分かっている地域はアメリカのみです。日本にいるユーザーがAppleマップの新機能を試したい時はアメリカに行く必要がありますが、実際に行くのは難しいですよね。そんな時は、Tenorshare iAnyGoでiPhoneの位置情報をアメリカに変更することで解決できますよ。iAnyGoはは、最新のiOS17.4バージョンを含むすべてのiOSマップバージョンとも互換性があります。位置の変更することは簡単にすぐできて、さらに追加機能も利用可能です。

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用