GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

「Soundmap 3 Open Trade Offers」エラーの解決方法とSoundmapゲームの攻略を徹底解説

トレードしたいときにSoundmapがこれを表示しますか? だが、「Soundmap 3 Open Trade Offers」エラー は非常に厄介です。現在、「完全に壊れています」と反映されるプレイヤーが多くなります。プレイヤーは取引の一部を取り消すことすらできません。この記事では、Soundmap エラー「Soundmap 3 Open Trade Offers」を効率的に解決する手順を説明します。

パート1:「Soundmap 3 Open Trade Offers」エラーとは?

「Soundmap 3 Open Trade Offers」

Soundmapは、ドロップや売買のための人気のある音楽ゲームです。録音編集アプリ「Soundmap」は録音したサウンドメモ(ボイスメモ)を、マインドマップ*ライクに作成できるツールアプリです。複数のサウンドメモを繋げて再生したり、簡単にカット編集することが出来ます。音楽的にアプリ使用できるように、クロスフェード、メトロノーム機能、多重録音などの機能を備えています。プレイヤーが遭遇する共通の問題の1つは、「Soundmap 3 Open Trade Offers」と誤ってユーザーに伝え、Soundmap Proを使用すればより多くの取引オファーを可能に取り消すしかない。

ただし、プレイヤーがSoundmap Proを持っているかどうかに関係なく、このエラーが発生します。 これは非常にバグがあるランです。詳細や最新の情報については、Redditのr/Soundmapでの議論もチェックしてください。

Soundmap no Trade Offers

パート2:「Soundmap 3 Open Trade Offers」エラーを修正する方法ベスト3

Soundmapゲームで取引オファーや曲を取引しようとして、「一度に開いている取引オファーは3つしかできません」というイライラするメッセージが表示されると困惑しますか?

重要:

まだ取引を送信することはできますが、市場にリストアップすることはできません。

「Soundmap 3 Open Trade Offers」エラーを解決するためのステップバイステップガイド:

  • 方法1:アプリを再起動

    完全にSoundmapアプリを閉じます。アプリを再度開いて、取引機能を再度試みてください。

  • 方法2:アプリを更新

    App Store(iOS)またはGoogle Play Storeを開きます。Soundmapを検索し、利用可能な更新があるかどうかを確認します。更新がある場合は、ダウンロードしてインストールします。

  • Soundmap downloaded from Apple
  • 方法3:キャッシュをクリアするためにアプリを再インストール

    デバイスからSoundmapをアンインストールします。App StoreまたはGoogle Play StoreからSoundmapを再インストールします。アカウントに再ログインし、エラーが解消されているかどうかを確認します。

これらの手順に従うことで、「取引できません」」エラーのトラブルシューティングと解決が可能になり、トレード オファーの配置と曲のトレードを中断することなく継続できるようになります。

ヒント

問題を最小限に抑え、ゲーム体験を向上させるために、最新のサウンドマップ アプリバージョンに更新してください。

パート3: ドロップを拾うためのSoundmap位置偽装アプリはありますか?

答えはありますよ。サウンドマップ、または位置情報ベースのゲームでのハッキングでは、通常、ゲームの位置情報サービスを操作して、別の場所にいるように見せます。さらに、iAnyGo を使用すると、さまざまな場所を仮想的に探索して、レアな光沢のあるドロップを含むドロップをさらに集めたい Soundmap プレイヤーにとって特に便利です。iAnyGoは目的地にGPS情報を変更するテレポート機能、指定したルートを移動するルート間の移動、そして、自分で移動させるジョイスティック機能がついています。位置情報変更ツールに必要な機能が揃っているので、自宅にいながらも位置情報ベースのゲームを楽しくプレイできますよ。クールダウン時間の表示があり、アカウントbanされない仕組みが付いています。それから詳しい操作方法を紹介します。

iAnyGoを使用して3 つのステップでサウンドマップの位置を偽装する方法

  • マップ上の位置を選択: 選択した位置をクリックして、新しい GPS 位置として設定します。この手順により、サウンドマップでより多くのドロップやより良いドロップが見つかる可能性があるさまざまなエリアに仮想的に移動できます。

    場所の選択
  • クールダウンタイムを使用する: 場所を変更した後は、iAnyGo に組み込まれているクールダウン タイマー機能を使用します。このタイマーを使用すると、場所を頻繁に変更することがなくなり、Soundmap アプリでフラグが立てられ、検出の問題が発生する可能性があります。

    クールダウンタイマー
  • 履歴記録の収集: iAnyGo は、訪問した場所の履歴を保存します。これらの履歴記録を使用して、成功したドロップ場所を再訪問したり、過去のデータに基づいて将来のドロップを計画したりできます。

    ロケーション履歴

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事では、Soundmap エラー「Soundmap 3 Open Trade Offers」の修正方法について詳しく紹介しました。バグを最小限に抑え、パフォーマンスを向上させるために、常に Soundmapアプリを最新の状態に保ってください。また、最新の機能と改善点を活用するために、定期的に iAnyGo のアップデートを確認してください。

Redditなどのプラットフォームでコミュニティ ディスカッションに参加して、Soundmap の最新の戦略とソリューションについて最新情報を入手してください。Tenorshare iAnyGoとSoundmapを戦略に統合することで、仮想音楽の世界をナビゲートし、よりスムーズでやりがいのあるゲーム体験を楽しむことができます。

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用