iPhone・iPadがwifiに繋がらないの原因と対策

iPhoneやiPadが急にwifiにつながらないことがあります。さっきまで普通にインターネットをしていたのに、いきなりiPadのwifiマークが消えて繋がらないことがあるのです。一体どんな原因が考えられるのか、どうやって対策したら良いのかを解説していきます。

iPhone/iPadがwifiにつながらない原因

iPhoneやiPadがワイファイに繋がらないのには色々な原因が考えられます。

1、ルーター、接続環境側に異常が発生

iPhoneなどがwifiにつながらないときに、まず疑うべきなのはルーターや接続環境側に問題が無いかどうかです。

ルーターの設定が間違っていないか、きちんと電源が入っているかなどをチェックしてみて下さい。

2、デバイス側に不具合が発生

それでも繋がらないときには、デバイス側に不具合が発生していないかを確認します。iPhoneやiPadのデバイス側の不具合で、ネットに接続されないことがあるのです。そんな時はどうやって対応したら良いですか。

iPhone・iPadがワイファイにつながらない時の対応

iPhoneやiPadのデバイス側に不具合が発生しているときの対応方法を詳しく解説します。

1、Wi-Fiをオン・オフに切り替える

最初に試したいのは、wifiのスイッチを切り替えることです。手順を解説していきます。

1.設定画面のwifiの所をタップ

2.wifiがオンになっているか確認

3.ボタンをタップしwifiを切る

4.少し待って、再度タップしwifiを接続

問題が解消されたか確認してみて下さい。

iPhone WiFiをオフ

2、iPhone/iPadを再起動する

次に出来るのはiPhoneとiPadを再起動することですが、どのようにしたら良いでしょうか。

iPhone再起動の手順

iPhone X以降の再起動手順:

1.サイドボタンといずれかの音量調節ボタンを長押し

2.スライドで電源オフボタンをスライドさせる

3.デバイスの電源が切れたら、もう一度スリープボタンをApple ロゴが表示されるまで長押し

iPhone 8 以前または iPod touchの再起動手順:

1.サイドボタンもしくは上部のボタンを長押し。

2.「スライドで電源オフ」を左にドラッグ。

3.電源が完全に落ちて画面が暗転したら、再びAppleのロゴが表示されるまでサイドボタンもしくは上部のボタンを長押し。

この手順で再起動し、wifiが繋がるかを確認してみて下さい。

3、ソフトでiPhone・iPadのwifiにつながらない不具合を修復

Tenorshare ReiBootというソフトで修復する方法についても解説します。このソフトは、iOSのエラーなどでwifiが繋がらない問題を安全に解消してくれます。使い方は下記の通りです。

ステップ1:pcやmacにreibootをダウンロードして起動させ、デバイスを接続してホーム画面の「あらゆる不具合を解消」を選択します。

あらゆる不具合を解消

ステップ2:そして、「今すぐ修復」を進んで、「修復開始」をクリックします。

修復開始を選択

ステップ3:「ダウンロード」をクリックすれば、しばらく修復できます。

ソフトウェアをダウンロード

基本的にパソコンの画面に現れる指示に沿っていけば簡単に利用できます。

4、ネットワーク設定をリセットする

ネットワーク設定をリセットする方法も説明しておきます。

1.設定画面でネットワークの削除をタップ

2.ネットワークの選択で、もう一度同じネットワークへ再接続

この手順の時に、ネットワークへ接続するためのパスワードを事前に控えることを忘れないで下さい。

iPhone ネットワークをリセット

まとめ

iPhoneやiPadがwifiへ繋がらない原因は、ルーターかデバイス本体にあります。さらにiOSが原因で本体に不具合が起きていることがあります。初期化すればiOSの問題を改善できますが、デバイス本体の問題を解消するのに役立つのがWi-Fi不具合を修復ツールです。reibootはデバイス内のデータを消去しないで、色々なトラブルから修復してくれるのでとても使いやすいですよ。

  最終更新日 2019-09-30 / カテゴリ  iOS不具合修復

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 votes, average: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください