iPhoneデータ管理

iTunesを使わずにiPad・iPhoneに動画を転送する方法

iTunesを使わずにiphoneへ動画を転送するにはどうしたら良いのでしょうか。これまではiTunesを使わなければ動画をiphoneやipadへ転送することができませんでした。

しかし、iOS11以降はiTunesを使わなくても動画を転送できるようになっています。今回はiCloudを使った方法と、icarefoneというソフトを使った転送方法を紹介します。

iCloudに動画を転送してiPad・iPhoneに保存

iTunesを使わないでipadへ動画を転送する一つの方法はiCloudを経由するやり方です。この方法を実践するには最初にパソコンからiCloudへ動画をアップロードしなければなりません。その手順を紹介していきます。

  • https://www.icloud.comを開いてApple IDでログインして、メニュー一覧からiCloud Driveを選びます。

    iCloudのフォトストリームでパソコンからiPhoneやiPadに写真をアップロードする
  • 雲アイコンの「アップロード」をクリックして、iPhoneやiPadに転送したい動画を選択します。

    iCloudのフォトストリームでiPhoneに写真を追加する
  • iCloud Driveにアップロード完了したら、iPhoneやiPadのファイルアプリで動画を保存します。

この一連の方法で、動画をiCloud経由でiphoneやipadへ保存できます。しかし、iCloudの無料ストレージが5GBしかありません。

iTunesを使わずにiPad・iPhoneに動画を転送する方法 *簡単

もう一つ方法は、iTunes、iCloudを使わずにパソコンからiPad・iPhoneに動画を転送することができます。それは Tenorshare iCareFoneというソフトを使う方法です。iCareFoneはパソコンからipadやiphoneに動画を簡単に転送できることができます。どのような手順で動画を転送できるか解説します。

  • ステップ1. iCareFoneがインストールされているパソコンへiPadかiPhoneを接続します。

    iCareFoneでパソコンからiPhoneに写真を入れる方法 簡単
    画像1.- iCareFoneのホーム画面
  • ステップ2. ファイル管理のビデオメニューを選び、ビデオの管理画面が表示されたら上部の「追加」ボタンをクリックします。

    Phoneに動画を追加
    画像2.- Phoneに動画を追加
  • ステップ3. iPhoneに入れたいビデオの保存先を開き、転送したい動画を選んだら右下の「開く」ボタンをクリックします。

    iPhoneに転送したい動画を選ぶ
    画像3.- iPhoneに転送したい動画を選ぶ
  • 複数の動画を選びたいときやフォルダごと転送したいときには、ステップ3の時に選択したい写真やファイルを一括選択してください。

    ステップ4. しばらくすると、選択したビデオファイルはコンピューターからiPhoneに追加されます。

    iPhone ビデオの転送が完了
    画像4.- iPhone ビデオの転送が完了

これらの手順をするだけで動画の転送が完了します。操作画面がとてもシンプルですから、初心者でも簡単に動画の転送ができます。iPhoneやパソコン操作が苦手といった方にオススメのソフトです。iCareFoneは動画の転送以外にも、写真やSMSのデータなどを転送していけます。iPhoneやiPadの不具合なども解決してくれる機能が付いています。

まとめ

iTunesを使わずにiPadやiPhoneに動画を転送する方法は主に二つあります。iCloudを経由する方法とiCarefoneを使う方法です。iOS端末の操作が苦手だったりパソコンの難しい操作ができなかったりするならiPhoneデータマネージャー iCarefoneがおすすめです。iCarefoneはソフトをインストールするだけで簡単にiPadやiPhoneへ動画を転送していける優れものです。

  最終更新日 2020-05-19 / カテゴリ  iPhoneビデオ

(クリックしてこの記事へコメント)

(2 票、平均: 4.5 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください