iPhoneの写真をバックアップできない場合の対策

iPhoneの紛失、故障、買い替えを防ぐために、写真を定期的にバックアップすることが非常に重要です。iPhoneが容量不足で、写真をパソコンに保存したいのです。または、撮影した写真をSNSで共有したいので、バックアップを実行する必要があることがよくあります。そのため、うまくバックアップできない場合は、非常に心配になります。

iPhone 写真がバックアップできない場合に試せる対策方法を紹介していきます。

1.iPhoneの写真をiTunesにバックアップできない時の対策

iPhoneの写真のバックアップに一般的に使用されるのは、iTunesとiCloudの2つの方法があります。まず、iPhoneの写真をiTunesにバックアップできない理由と解決策を見てみましょう。

対策1:iTunesを最新のバージョン

iTunesの古いバージョンを使用している場合は、最新のiPhoneに応答しない可能性があるため、バックアップできない可能性があります。まず、iTunesのバージョンを確認しましょう。iTunesが古いバージョンの場合は、新しいバージョンにアップグレードしてください。

  • アップデートの手順は、iTunesを起動し、メニューバーの中からヘルプを選びましょう。

  • 次に、「更新プログラムの確認」をクリックするとアップデートできます。

    iTunesのバージョンを確認

対策2:iCloud 写真をオフにする

iCloud写真がオンになっているとiTunesへバックアップされないので、iPhoneのiCloud写真をオフにしてください。設定アプリの中のアカウント名の項目に入り、iCloudのストレージ管理の所から写真をオフにできます。

対策3:安定なネットワークでバックアップ

ネットワーク接続の問題により、バックアップがスムーズに進まない場合があります。従って、バックアップを作成する前に、十分なインターネット速度があるか、およびの電波が安定しているかかを確認してください。

対策4:純正なUSBケーブルを使ってバックアップ

USBケーブルが純正でないとバックアップができないケースがあります。一度アップル純正のUSBケーブルを使ってバックアップを試してみましょう。 もしかしたらUSBの接続口の不具合かもしれませんから、別の接続口を試してみることもできます。

2.iPhoneの写真をiCloudにバックアップできない時の対策

次に、iPhoneの写真をiCloudへバックアップできない時に使える対策方法をご覧ください。

対処法1:iCloudの空き容量を確認する

無料で利用できるiCloudの容量は5GBまでです。もしかしたら空き容量が無いのでバックアップできないのかもしれません。現在の空き容量をチェックしてみましょう。確認の仕方は、iphoneの設定アプリの一番上にあるアカウントの項目をタップし、iCloudのストレージ管理を見る方法です。

対処法2:iCloud 写真がオフにする

iCloud写真がオンの場合、iCloudフォトライブラリは表示されないです。しかしiCloudフォトライブラリが表示されないからといって焦る必要は無いですし、iCloud写真をオフにする必要もありません。

iCloud写真がオンになっているのであれば、iCloudへ写真はバックアップされているので安心してください。

3.iPhoneの写真をバックアップできない時の裏ワザ

iPhoneの写真をiTunesやiCloudへバックアップできない時や、バックアップ作業が面倒な時の対処方法を解説します。

裏ワザ1:iCareFoneを使ってiPhoneの写真をPCにバックアップ

iTunesまたはiCloudからiPhoneの写真をバックアップできない場合は、専用のiPhoneデータ転送ソフトiCareFoneを使って、写真をバックアップする方法をご紹介します。

Tenorshare iCareFoneは、iPhone/iPad/iPodのデータ管理に特化したファイルマネージャーとして、iOS デバイスとiTunes、パソコンまたMac間での双方向データ転送に対応しており、少ない操作で初心者でも手軽にiPhoneの写真をパソコンへバックアップすることができます。

Win版ダウンロードボタン Mac版ダウンロードボタン
  • パソコンへiCareFoneをインストールし、iPhoneを接続してください。

     icarefone ホーム画面
  • メイン画面の一番下にある写真アイコンを押すか、または「ファイル管理」>「写真」の順に選択します。

    iCareFone 写真 管理
  • 写真の項目を選択すると、写真のプレビューが表示されるのでバックアップしたい写真を選び、「エクスポート」ボタンをクリックします。

    iPhone 写真をパソコンへ
  • 右側の「エクスポート設定」ボタンを押すと、写真の出力形式を設定することができます。

    iPhone 写真の出力形式
  • 「フォルダの参照」窓口が表示されたら、エクスポートする写真の保存場所を指定し、「OK」ボタンをクリックします。

    iPhone 写真をパソコンに保存
  • 写真がパソコンに成功に転送されたら、保存先を開いて中身を確認できます。

    iPhone写真転送

裏ワザ2:iPhoneの写真をGoogleフォトにバックアップ

iPhoneの写真をGoogleフォトにバックアップする方法もあります。GoogleフォトにはiCloudよりも多くの空き容量があります。Googleフォトは、2021年6月以降は15GBまでしかバックアップできません。

  • Google フォトのアプリをiPhoneへダウンロードした後、写真へのアクセスを求められるのでOKと許可してください。

  • iPhone内の写真をGoogleフォトにバックアップしたいのでバックアップと同期はオンにします。

  • Google アカウントを登録してバックアップする写真の画質を選びます。

  • 画質を高画質にすると写真の画質をキレイに保ちながらファイルサイズを減らしてバックアップできます。

    googleフォト iphone 写真 保存

まとめ

iPhone 写真をバックアップできない時の対策はいくつかありますが、状況に応じて自由にお選びください。iTunesまたはiCloudでバックアップを実行できない場合は、iCareFoneの利用をお勧めします。Tenorshare iCareFoneは、自由かつ確実にiPhone 写真を、iOSデバイスとPC間で制限なく自由に転送することが可能です。写真だけではなく、音楽、ビデオ、連絡先など様々な日常データを手軽にバックアップすることができます。

関連記事: パソコンにバックアップした写真をiPhoneに転送するやり方

Win版ダウンロードボタン Mac版ダウンロードボタン

  最終更新日 2021-03-24 / カテゴリ  iPhone写真

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください