iPhoneの写真をMacにバックアップする方法

  iPhoneで撮影した写真をMacにバックアップしたいという人も多いでしょう。特に頻繁にSNSなどを利用している人ですと、データ容量の圧迫にもなりますので早めに対処しておきたいものです。

iPhoneの写真をMacにバックアップする三つの方法

・iCloudでiPhoneの写真をMacにバックアップ

  iPhoneで写真をMacにバックアップするのならiCloudを利用する人が多いです。

  Step1、手持ちのiPhoneがiCloudで有効になっているか確認します。設定のアイコンをタップし、切り替わったらユーザー名をタップしましょう。そこでiCloudの表示がでますので、さらに写真をタップしてください。iCloudフォトライブラリーをオンにすると表示が出ます。

  Step2、Macではシステム環境設定からiCloudを選択してください。写真と書かれた横にオプションの選択がありますので、クリックをしてiCloudフォトライブラリーを選択しましょう。

  Step3、Wi-Fiにデバイスが接続されると自動的に写真がアップロードされます。MacからiCloudのウェブサイトに接続しても問題ありません。ただし、iCloudは5GBしか容量がないので注意してください。

・iTunesでiPhoneの写真をMacにバックアップ

  iPhoneの画像データをMacにバックアップするにはiTunesを使うのも方法の1つです。ただ、iTunesは転送速度が重いこともあるので、一気に大量のバックアップを取るには向いていません。

  Step1、iTunesの自動同期の設定がオンになっていると、データが消えることがあるので停止しておきます。MacからiTunesを起動し、環境設定からデバイスを選択してください。するとiPhoneやiPadなど自動同期しないという項目が出ますので、ここにチェックを入れておきましょう。

  Step2、USBケーブルでiPhoneとMacを接続します。Macの側でiTunesを起動させてからデバイスを選択してください。

  Step3、デバイスを選択後に左側にあるサイドバーから写真を選択します。メイン画面に写真を同期すると表示されるのでチェックを入れます。

  Step4、iPhone内にあるすべての写真をバックアップするか、選択したものだけにするかを選択し、適用をクリックすると完了です。

・iCareFoneを使ってバックアップ

  さらに手軽にiPhone内の写真をMacに取り込む方法で、iCareFoneを利用するのがお勧めです。「Tenorshare iCareFone」は総合アプリでファイルの転送以外にも役立ってくれます。

  Step1、iCareFoneをインストールしてください。その後、ソフトを起動させた状態でiPhoneをMacと接続します。

iPad Mini 写真管理

  Step2、iCareFoneのホーム画面からファイル管理を選び、管理項目の中から写真を選びましょう。メインの画面にはiPhone内の写真が表示されるはずです。

iPad Mini 写真をエクスポート

  Step3、表示された写真の中からバックアップを取りたいものを選択して、メニューバーにあるエクスポートをクリックしましょう。

iPad Mini 写真をエクスポート

  Step4、別画面が出ますのでMac内でバックアップする写真を保存する場所を指定して、OKをクリックで終了です。

iPad Mini 写真をエクスポート
最後に

  iPhoneから写真をMacにバックアップする方法を紹介しました。iCloudやiTunesの場合はデータが損なわれる可能性もあるので難しく感じた場合は、手軽に利用できる「iCareFone」をお勧めしておきます。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!

/ Posted by 山崎 あずさ to iPhone写真 Follow @山崎 あずさ