iPhoneに音楽だけを同期する三つの方法

  iPhoneを同期するには、もし毎回すべてのデータを同期するのは時間がかかりますね。ここでは、iPhoneに音楽だけを同期する方法を三つご紹介します。

iTunesによって選択した音楽だけを同期

  簡単な設定を行えば、iTunesによって音楽だけをiPhoneに同期させらるのは可能です。まずは、iTunes同期の設定を手動に変更する必要があります。

  ステップ1:iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続し、iTunesを起動します。

  ステップ2:画面左上にiPhoneの形をしたアイコンが出てくるのでクリックし、「概要」→「オプション」の順位進み、そこに「音楽とビデオを手動で同期」にチェックを入れて、右下の「適用」ボタンをクリックします。

  ステップ3:iTunesの音楽プレイリストに戻り、そこでiPhoneに追加したい曲を選び、右クリックして「デバイスに追加」を選択します。これで、選択した音楽だけがiPhoneに同期されます。

iPhoneに音楽だけを同期

Macの場合:AirDropで曲をiPhoneに転送

  MacにMP3やm4aなどの音楽ファイルが保存されている場合は、AirDropによってiPhoneに転送することもできます。

  ステップ1:デスクトップをクリックして Finder に切り替えてから、画面上部の「移動」メニューで「移動」→「AirDrop」と選択して「AirDrop」を起動します。そして、画面上にiPhoneのAirDropユーザーが表示されます。

Macでairdropを起動

  ステップ2:Macに保存されている曲の中から、iPhoneに転送したい曲を1つずつ、もしくはまとめて選択し、右クリックしてメニューを出します。「共有」→「AirDrop」を選択します。

  ステップ3:AirDropの画面に表示されているiPhoneユーザーを選んで、送信をクリックすればドラッグしたら曲がiPhoneへと転送されます。

iCareFoneでiPhoneに必要な音楽だけを同期(iTunes要らず)

  AirDrop の転送が不安定、またはiTunesが同期できない・使いえない場合は、「Tenorshre iCareFone」を使えば、より簡単な音楽同期が実現できます。iCareFoneはiOSデバイス専用の管理ソフトとして、iPhoneに音楽や写真、動画などを自由に追加・削除できるだけでなく、デバイスのバックアップ&復元、ストレージ管理にもサポートしています。それでは、実際に使ってみた手順を紹介します。

  ステップ1:iTunesと同じようにパソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続したら、Tenorshare iCareFoneを起動します。ファイル管理という項目があるのでクリックしてから、次に音楽という項目をクリックします。

音楽をインポート

  ステップ2:「追加」ボタンをクリックして、iPhoneに追加したい曲を選択します。最後に「開く」ボタンをクリックすれば、音楽の追加は間もなく完了します。

iPhone 音楽追加

  簡単な操作で特定の音楽だけを追加できるので、無駄がなく効率的です。

  以上はiPhoneに音楽だけを同期する三つの方法です。iTunesを使うのが一般的ですが、iCareFoneなど便利かつ専門的なデータ管理ツールもあるので自分のやりやすい方法を見つけるといいでしょう。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneのバックアップに最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを簡単管理
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送に役立つ

/ Posted by 山崎 あずさ to iPhone音楽 Follow @山崎 あずさ