PCでiPhoneの写真動画のインポート時にデバイスに到達できません

PCからiPhoneへ写真や動画をインポートしようとしたら、デバイスに到達できませんというエラーメッセージが出ることがあります。このエラーは、PCからiOS11以降のiPhoneへデータをインポートしようとするときに頻発しています。

エラーが出てしまうと必要なデータをiPhoneへ転送できないので困ります。デバイスに到達できません、というエラーメッセージが表示されたときの対処法を解説していきます。

iPhoneデバイスに到達できません

デバイスに到達できません時の対処法

iTunesを最新のバージョンに更新

PCからiPhoneへの写真や動画の転送時に、デバイスに到達できませんというメッセージが表示されたなら、iTunesを最新のバージョンへ更新してください。iTunesが最新バージョンでないと正しくiPhoneへデータを送れないことがあります。

iTunesを最新のバージョンにアップデート

ケーブルを接続するUSBポートを変える

アイフォンに、デバイスに到達できませんが表示されたときにできる別の対処法は、接続しているUSBポートを変えてみることです。

大抵PCには2つか3つのUSBポートがあります。今使っているのとは別のUSBポートを試してみましょう。

もしかしたらUSBポートの接触不良で、エラーが発生しているのかもしれません。

iPhoneの写真設定の「元のフォーマットのまま」をオンにする

iPhoneへ写真を転送したいときに、デバイスに到達できませんとのエラーメッセージが表示されるなら、iPhoneの写真設定の「元のフォーマットのまま」をオンにしてみましょう。エラーが出るのは写真データの互換性の問題と考えられるため、この方法が有効です。設定の変更方法を説明します。

  • iPhoneの設定アプリ>写真の項目をタップ>MACまたはPCに転送の項目で、元のフォーマットのままをオンにする

    iPhone 元のフォーマットのままへチェックを入れる

設定変更した後は、変更を適用するためにiPhoneを再起動しなければなりません。

iPhoneのドライバを更新

Apple iPhoneドライバ不安定のために、「デバイスに到達できません」エラーを起こす可能性もあります。パソコンからのデータ転送時に、デバイスに到達できませんとのメッセージが消えないなら、iPhoneのドライバを更新することもできます。手順は下記の通りです。

  • 1、デバイスをコンピュータから取り外します。
  • 2、iPhoneロックを解除し、ホーム画面を表示します。その上で、デバイスを再接続します。iTunes が開いている場合、iTunesを閉じます。
  • 3、「スタート」ボタンをクリックしたまま押し続け (または右クリックして)、「デバイス マネージャー」を選択します
  • 4、「ポータブル デバイス」セクションを探して展開表示にします。「Apple iPhone」を右クリックして、「ドライバの更新」を選択します。

    iPhoneのドライバを更新して「デバイスに到達できません」エラーを修復

ドライバを最新にすることでエラーが解消されることがあります。

iCareFoneでiPhoneの写真・動画を PCに取り込む

デバイスに到達できませんというエラーを解消する一番簡単な方法を紹介します。 Tenorshare iCareFoneというiPhone向けのファイルマネージャーソフトを使うなら、パソコンからiPhoneへ写真や動画などのデータをすぐに転送できます。少ない手順で操作ができるので、パソコン初心者やiPhoneの操作が苦手な人におすすめの方法です。

  • ステップ1. PCへiCareFoneをインストールしてiPhoneをPCへ接続します。

    iCareFoneでパソコンからiPhoneに写真を入れる方法 簡単
  • ステップ2. ファイル管理項目をクリックし、左のメニューから写真かビデオを選び、追加ボタンをクリックします。

    iCareFoneでPCの写真・画像をiPhoneに入れる
  •  ステップ3. 上部のオプションバーで「追加」>「ファイル」を選択し、iPhoneに入れたい写真が保存されているフォルダを開きます。転送する画像がチェックできたら「開く」をクリックします。

    iTunesを使わずiCareFoneでPCの写真・画像をiPhoneに追加する

これだけの操作でスピーディーにファイル転送ができます。起動や接続に時間のかかるiTunesを使わなくて良いのもiCareFoneの良いところです。

まとめ

PCでiPhoneの写真や動画をインポートしたいときにデバイスに到達できませんというエラーが発生したら、iTunesやiOSを最新バージョンにしてください。USBポートを変えたりiPhoneの写真設定を変更したりすることもできます。

色々な操作が面倒だと感じるなら、iPhoneデータマネージャー を使って写真や動画を転送しましょう。iCareFoneは音楽や連絡先などのデータも簡単に転送することができます。

  最終更新日 2020-06-18 / カテゴリ  iOS不具合修復

(クリックしてこの記事へコメント)

(3 票、平均: 2.3 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください