iPhoneデータ管理

工場出荷時の状態に戻したiPhoneからデータを復元する3つの方法

iPhoneに不具合が起きたとき、初期化は基本的に有効な方法です。では、初期化が済んだiPhoneは、そのまますぐに使用できるのでしょうか。iPhoneの初期化は、iPhoneを工場出荷時の状態に戻すことを意味します。購入当時と同じ状態のため、データの復元が必要です。今回は、このようなiPhoneのデータ復元について、3つの方法をご紹介いたします。

方法1:すべての設定が初期値に戻したiPhoneのデータを復元する

iPhoneの設定に問題があってリセットを行った場合は、iPhoneの設定は復元せず初期値のまま、保存していたコンテンツのみデータ復元をしたいところです。Tenorshare UltDataであれば、iPhone本体から削除された連絡先、写真、動画、メッセージなどの35種類以上のデータを選択的に復元することが可能です。

  • UltDataを立ち上げたら、「iOSデバイスから復元」をクリックしてください。

    ultdata-iosを使う
  • 復元したいデータを選択し、「スキャン」をクリックします。

    スキャンします
  • スキャン結果から、復元対象を選択し「PCに復元」をクリックすると復元されます。

    写真を復元

方法2:工場出荷状態に初期化(リセット)後にiCloudバックアップからデータを復元

初期化後のiPhoneは電源を入れると、初期設定画面からスタートします。この初期設定を進める際に、iCloudのバックアップデータを選択することで、設定を含めたすべてのデータを復元することが出来ます。

  • 初期設定画面が表示されたら、まず言語を選択します。

  • 国または地域を選択します。

  • ファイルダウンロードのために、安定して通信できるWi-Fiに接続します。

  • 「位置情報サービス」のオン/オフを選択します。

  • 「APPとデータ復元」画面にて、「iCloudのバックアップから復元」を選択します。

  • iCloudにサインインしてください。

  • 利用規約に同意後、リストから復元したいバックアップファイルを選択します。

    iCloudバックアップから復元

方法3:工場出荷状態に初期化(リセット)後にiTunesバックアップからデータを復元

iTunesのバックアップデータがある場合は、設定を含めたすべてのデータをiTunesで簡単に復元することが出来ます。iTunesは予め最新版にアップデートしておいてください。

  • iPhoneをPCに接続した上で、iTunesを立ち上げます。

  • iTunes左上のiPhoneマークをクリックしてください。

  • メイン画面の「バックアップ」内の「バックアップを復元」をクリックします。

  • 復元したいバックアップデータを選択後、「復元」をクリックします。

    iTunes バックアップから写真を取り出す

まとめ

初期化して、完全にリセットされたiPhoneに対しての、データ復元方法について3つの方法をご紹介いたしました。iCloudやiTunesのバックアップデータを取ってあれば、簡単に設定まで復元することが可能です。また、あえて設定は復元せずに個別にコンテンツをデータ復元したい場合には、iPhoneデータ復元ソフト「UltData」がお手軽でおすすめです。

関連記事: バックアップなし、iPhone写真を復元する対処法

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 16まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先写真動画LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出

  最終更新日 2022-02-17 / カテゴリ  iPhoneデータ

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください