iPhoneデータ管理

iOS 15アップデートで消えたiPhone音楽を一括復元する対策

現在のiPhone向け最新OSは「iOS 15」で、2021年秋にリリースされたものです。様々な追加機能を有していますが、アップデート時のトラブルもいくつか耳にしました。そんなトラブルの中でも、iPhoneをiOS 15にアップデートしたら、ダウンロードしておいた音楽や曲が消えてしまったというケースについて、一括で復元する方法をご紹介します。

対策1:ソフト「UltData」でiPhone音楽を選択的に復元する【バックアップなし】

バックアップデータがない場合は、データ復元ソフト「UltData」を使って、iPhone本体のデータから音楽を復元することをおすすめします。「UltData」は、iTunes、iCloudバックアップからiPhoneにデータを復元することはもちろん、iPhone本体から削除されたデータをスキャンし、復元することもできる優秀なソフトです。

  • PCに入れた「UltData」を起動して、「iOSデバイスから復元」を選択します。

    ultdata-iosを使う
  • 「アプリ音声」を選択し、「スキャン」を選択してください。

    スキャンします
  • 復元したいデータを選択し、「PCに復元」を選択すると復元が実行されます。

    PCに復元
  • PCに復元したデータを、iPhoneに移せば完了です。

    音楽を復元

対策2:iTunes からiPhoneの曲を復元する【バックアップあり】

iPhoneから消えてしまった曲に対し、そのバックアップデータがiTunesに保存してある場合は、iTunesから復元することが出来ます。

  • iTunesを立ち上げ、iPhoneとPCをケーブル接続します。

  • iTuneのiPhoneアイコンを押下します。

  • 「概要」の「バックアップを復元」を選択して、復元したいバックアップデータを選択します。

  • 「復元」をクリックすると実行されます。

    バックアップを復元

対策3:iCloud からiPhoneの曲を復元する【バックアップあり】

消えてしまった音楽のデータがiCloudバックアップにある場合は、一括ダウンロードで復元することが出来ます。ただし、コンテンツと設定を消去して、初期設定を行うため、実行には慎重を要することを念頭に置いてください。

  • iPhoneの「設定」から「一般」>「リセット」と開きます。

  • 「コンテンツと設定を消去」をタップしてください。

  • 実行後、電源が落ちますので、iPhoneを起動します。

  • セットアップ案内に従い、「iCloudバックアップから復元」をタップ、iCloudにサインインします。

  • 「バックアップ」を選択し、任意のバックアップファイルを選択すると復元が実行されます。

    iCloudバックアップから復元

まとめ

iOS 15アップデートをしたらiPhoneから音楽・曲が消えてしまった場合の復元方法について、ご案内いたしました。バックアップデータがない場合でも、諦めてしまう必要はありません。、iPhone音楽復元ソフトの「UltData」は手順がシンプルでありながら、高い復元率を誇り、強い味方となってくれるますので、諦める前にぜひお試しください。

関連記事: iTunesにCDから取り込んだ曲・音楽を復元する対処法

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 15まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先・写真・動画・LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出

  最終更新日 2022-02-11 / カテゴリ  iPhone音楽

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください