iPhoneデータ管理

vCard (.vcf) の連絡先をiPhoneにインポート/追加する方法

iPhoneへ vCard (.vcf) ファイルの連絡先をインポートする方法を知っておくと便利です。何らかのiPhoneのトラブルで本体を初期化したときに連絡先をインポートするなら、すぐに以前の電話帳データを復旧させられます。新しいiPhoneを購入したときにも連絡先をすぐに追加できます。

どのようにしたら簡単にiPhoneへ連絡先追加することができるのかご覧ください。

vCard (.vcf) ファイル連絡先をiCloudからiPhoneにインポートする

最初に紹介する方法はiPhoneの定番ツールiCloudでvCard (.vcf) ファイルの連絡先をインストールする方法です。友人やお客様の連絡先をvCard (.vcf) ファイルに保存してある場合、iCloudでiPhoneに追加できます。

iCloudからiPhoneに連絡先をインポートする手順は下記の通りです。

  • 1、iCloud.comにサインインしてメイン画面の連絡先アプリを選ぶ

    iCloudで連絡先アプリを選ぶ
  • 2、連絡先欄の左下にある歯車マークをクリックし、vCardを読み込むを選ぶ

    vCardを読み込むを選ぶ
  • 3、インポートしたい電話帳データのvCardファイルを選択する

    連絡先をiphoneにンポートする
  • 補充:もしお使いのデバイスのiCloud連絡先同期をオフになっている場合は、iPhoneの設定アプリを開き、Apple IDの項目をタップしiCloudへ入り、連絡先の動機を有効にする

    vCardを読み込むを選ぶ

これらの手順を踏むことによって、iCloudへ読み込んだvCard (.vcf) ファイル連絡先をiPhoneへ追加することができます。

iCloud以外iPhoneに連絡先をインポートする方法

iCloud以外もう一つiPhoneに連絡先・電話帳をインストールするのは、 Tenorshare iCareFoneというソフトを使う方法です。iCareFoneを使うなら、iCloudを経由せずに連絡先データをインポートしていけます。iCloudの連絡先が同期されない時の救命策です。どのような手順でiCareFoneを使ったら良いか解説します。

  • ステップ1. iCareFoneがインストールされているパソコンへiPhoneを繋げます。

    iCloud以外iPhoneに連絡先をインポートする方法
  • ステップ2. ファイル管理画面の連絡先ボタンをクリックします。

    iphoneにvcardをインポートする
  • ステップ3. 追加ボタンを押し、iPhoneにインポートしたい連絡先ファイルを選択して、「開く」をクリックします。

    iphoneに電話帳をインポート完了

これらのステップで簡単にパソコンの中に保存されている連絡先データをiPhoneへインポートすることができます。vcf形式だけではなく、csv形式の連絡先もiPhoneにインポートすることができます。

iCareFoneはインターフェースが分かりやすいので、直感的に操作していけます。初心者やパソコン操作が得意でなくてもすぐに使えます。

パソコンとiPhoneの間で連絡先の情報やそれ以外のデータのやりとりも簡単に行えます。同じデータを重複して転送しないようにも自動でチェックしてくれます。同じ連絡先があったときには、自動で統合してくれるので助かります。

まとめ

vCard (.vcf) ファイル連絡先をiPhoneへ追加したい場合、iClaudを使う方法かiCareFoneを使う方法があります。iCloudを使う際にはパソコンでの作業とiPhoneでの設定変更が必要です。iPhoneデータマネージャー iCareFoneはパソコンだけの作業で完了します。同じ連絡先が重複してiPhoneへ登録されないように自動でチェックしてくれる優秀なソフトです。初心者におすすめのデータ転送ソフトと言えるでしょう。

  最終更新日 2020-05-21 / カテゴリ  iPhoneデータ

(クリックしてこの記事へコメント)

(1 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください