iPhone X/8 がiTunesやiCloudのバックアップから復元できない時の対処方法

  新モデルに機種変更した時や、iOSデバイスに不具合が発生してデータがなくなった時、iTunesバックアップやiCloud バックアップからiPhoneのデータを復元するのがごく普通なことです。しかし、何らかのエラーでデータが正常に復元できない場合もあります。

  この記事では、iPhone X/8 がiTunesバックアップやiCloudバックアップからデータを復元できない時の対処方法をまとめてみました。ぜひ、ご覧ください。

1.iPhone X/8をiTunesバックアップから復元できない時の対策

  iTunesでiPhoneのバックアップを復元する時に、復元できないトラブルが起こった場合、まずはiTunesを最新版にアップデートする必要があります。最新版を使用している場合はUSBケーブルやUSBポートを変更して、接続に問題がないか確認してください。

  他に、iTunesに不具合が発生した場合は、無料ツールTenorshare TunesCareの利用をお勧めします。Tenorshare TunesCareを使えば、1クリックだけで同期・復元・アップデート途中で発生した全てのiTunesエラーを修復可能です。

iTunes 修復

2.iPhoneをiCloudバックアップから復元できない場合

  iPhoneをiCloudバックアップから復元できない場合は、だいたい二つの原因が考えられます。一つはアイフォンに十分な空き領域がありません。もう一つは復元のの処理時間が長すぎて、途中で失敗してしまいます。容量不足が原因なら、デバイスの空き容量を増やしてから復元を再実行すればいいです。しかし時間なるべく短くしたほうがいいでしょう。その時は「Tenorshare UltData」を利用すれば、とても役に立ちます。

  1.ソフトをインストールし、起動します。そして、USBケーブルでアイフォンをコンピューターに接続します。

iCloud バックアップ

  2.「iCloudバックアップから復元」をクリックして、「Apple ID」と「パスワード」を入力してサインインします。

iCloud バックアップ

  3.iCloudにサインインしたら、ソフトが自動的にiCloudバックアップファイルを検索します。リストから使用するブックアップファイルを選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

iPhone 復元

  4.iCloudからダウンロードする項目を選択して、「次へ」ボタンをクリックしてデータをダウンロードします。

iPhone 復元

  5.ダウンロードが完了後、iCloudバックアップファイル内のデータが表示されます。復元したいデータを選択して、「復元」をクリックします。

iPhone 復元
最後に

  Tenorshare UltDataはiOSデバイスから直接に復元、iTunesバックアップから復元機能も提供していますので、iTunesで復元を実行したがうまく行けない場合は、Tenorshare UltDataのiTunesバックアップから復元機能を利用してみましょう。iPhone X/8 がiTunesやiCloudのバックアップから復元できない時の対処方法は以上となります。お役に立てれば幸いです。

UltData
Tenorshare UltData
安全・強力 iPhoneデータ復元・iOS 12まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧対策を世界最速で実現
  • 連絡先・写真・動画・SMSメッセージなど、20種類以上のデータが復元・抽出