iPhoneデータ管理

iTunesを使わず、2つ方法でパソコンからiPhone 7へ動画を転送

コンピュータ中の動画をiPhoneに転送したい人々が多いです。iPhoneが便利で、持ちやすいし、自分で作成した面白いビデオをアイフォンに見れば、いいですね! 特に出かけるとき、通勤中、好きな番組・TV・映画・ビデオ・動画を見れば、ちょっと楽にしています。

コンピュータからをiPhone X/8/7に入れることを言えば、iTunesをすぐに思い出しまが、iTunesが使いにくいという感じた人に役に立ちません。

iTunesを使わずにiPhone 7へ動画を転送する二つの方法

iTunesを使用せず、ビデオ・動画を移す2つ簡単な方法をご案内します。

1.【iCareFone】- iTunes以外、iPhoneに動画を追加

動画転送できる「Tenorshare iCareFone」とは「Tenorshare」を開発されて、スマホンファイルを管理するソフトです。このソフトが使いやすくて、パソコン中のビデオをiPhoneに入れるの手順も簡単です。以下でご覧ください。

ステップ1、PCにiPhoneを接続

USBケーブルでデバイスをパソコンに接続>iCareFoneを起動>「ファイル管理」をクリック

PCにiPhoneを接続

ステップ2、ファイルのジャンルを選択して、「動画」を選んで、クッリク

動画管理

ステップ3、スキャンし、転送したい動画・ビデオを選択し、「追加」をクッリク

動画を追加

ステップ4、動画・ビデオを移すの完成

動画を移すの完成

そうすると、手軽くにビデオをパソコンからiPhone 7/7 Plusに転送できます。映画を移すの以外、ほかの功能があります。iPhone 6/6s/5s/SEも適用します。 連絡先、メモ、カレンダー、アプリ、バックマーク、写真、音楽7つの種類を管理できます。

2.【OneDrive】- iTunesを代わり、動画を取り込み・同期

OneDriveとはマイクロソフトより開発されたクラウドストレージツールです。iTunesを代わりに、ビデオをアイフォンに動画を取り込みも役に立ちます。

好きな番組・ビデオを移すことを言うと、方法を理解やすくに説明します。

ステップ1、OneDriveの公式サイトを開き、アカウントで登録する

ステップ2、移したい動画を選択し、アップロード(安定なインターネットの環境が必要)

ステップ3、iPhoneに動画を同期する(安定なインターネットの環境が必要)

そうすれば、完成します。

以上2つの方法を比べて、【iCareFone】は【OneDrive】より、インターネットの環境の要求が低いです。インターネットのない場合、OneDriveが動画をパソコンからiPhoneに移行できません。

最後に

iTunesを使わず、パソコンの動画をiPhoneに移す方法が一つではありません。iOSデータ管理ソフト「iCareFone」を使えば、動画以外、ほかの7つの種類を簡単に転送できますので、ぜひお試しください。ご参考になれば、何よりです。今日も最後読んで頂いてありがとうございます。

  最終更新日 2019-07-25 / カテゴリ  iPhoneビデオ

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください