iPhoneのメモだけをPCに移動する3つの対策

皆さんはiPhone 7/5sのメモがよく利用して生活を効率化するのでしょう。たとえば、英語の勉強の予定、買い物リスト、会議の予定など。念のために、大事なiPhoneメモ帳のデータをパソコンにバックアップ(同期)することはお勧めします。

iTunesでiPhone 6s/5s/5xのデータのバックアップを取ることができますが、他のデータではなく、iPhoneのメモだけをパソコンに保存したいのです。iTunesはこの時にちょっと無理ですね。

メモをiPhoneからパソコンへ

ここではiPhone X/8(Plus)/7/6s/5s/SEのメモだけをPCに移動/転送する3つの対処法をご紹介します。ドチラの方法はパソコンでiPhoneメモを編集できないのですが、iPhoneのメモを閲覧することができます。まず、iPhoneメモ帳転送ソフト「Tenorshare UltData」をおすすめします。このアプリでメモ帳だけでなく、カレンダー、連絡先、通話履歴、写真なども同期できます。

iPhoneから直接にメモをパソコンに転送

バックアップがなしで、iPhone 7/SE/6s/5sから直接にiPhoneのメモだけをパソコンに同期できるのはなんか不思議だと思います。今回はこの方法をご紹介します。

ステップ1:「Tenorshare UltData」をインストール、立ち上げる→iPhoneをパソコンにつなぐ→「スキャン開始」をタップする。

iPhoneのメモをスキャンする

ステップ2:左側の「メモ」をクリックする→同期したいiPhone SE/5sのメモを選択する→右下の「復元」をクリックする。

iPhoneのメモをPCにバックアップする

数秒後、iPhoneのメモだけを転送します。

iTunesバックアップからiPhoneのメモをPCに保存

もう一つの方法はiTunesバックアップからiPhoneのメモ帳だけをパソコンに移動(移行)します。もしiTunesでiPhone 7/6sのバックアップが取ったことがありましたら、この方法を試してiPhoneのメモをPCに保存します。手順は以下の通りです。

ステップ1:「iTunesバックアップから復元」をクリックする→iTunesバックアップを選ぶ→「スキャン開始」をタップする。

iTunesバックアップからメモをスキャンする

ステップ2:「メモ」をタップする→メモを選択する→「復元」をクリックする。

iTunesバックアップからメモをパソコンに転送する

iCloudバックアップからiPhoneメモをPCに同期

残ったの方法はiCloudバックアップからiPhoneのメモだけをWindows/Macに同期します。この方法ではiPhone 7/5c/5をパソコンに接続しなくてもいいです。では、ご案内します。

ステップ1:「Apple ID」と「パスワード」を入力する→サインインする

iCloudアカウントをサインインする

ステップ2:iCloudバックアップを選択する→「次へ」をクリックする→「全てを選ぶ」をタップする→「次へ」をクリックする。

iCloudバックアップからiPhoneのメモをスキャンする

ステップ3:「メモ」をクリックする→メモを選ぶ→「復元」をタップする。

iCloudバックアップからメモをパソコンに保存する
最後に

以上です。iPhoneのメモだけをWindows(Mac)にバックアップしたい方はぜひご覧ください。ご参考になればうれしいです。今日も最後読んで頂きありがとうございました。

  最終更新日 2019-07-25 / カテゴリ  iPhoneデータ

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 votes, average: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください