GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【モンハンNOWでの位置偽装が可能になった!】iOS17/iOS18で位置偽装できない時の解決策

iPhoneの位置情報を変更するとモンハンNowやポケモンGOなどのゲームを効率的にプレイできたり、相手にバレることなく自分の本当の位置情報を隠したりなどが可能です。そんな便利なiPhoneの位置情報変更ですが、iOS17/iOS18になってから位置偽装できないトラブルが起きることがあります。本記事では、iiOS17/iOS18で位置偽装できない時の解決策をご紹介します。

パート1:iOS17/iOS18でモンハンnowのGPS位置情報を変更する必要がある原因は?

iOS17/iOS18のiPhoneで位置情報を変更するメリットをみていきましょう。

理由 1: 位置情報ベースのゲームをプレイする

ポケモンGOやモンハンNowなどiPhoneの位置情報を利用したゲームをプレイする時に、位置情報を変更できるツールを使うと実際に移動することなくゲームをプレイできます。

理由 2: iOS17/iOS18で制限されている位置情報ベースの機能を使用する

特定の地域や国からしかアクセスできないコンテンツがあります。位置偽装をiOS17にアップデートした後のiPhoneでも可能だと、地域制限のあるコンテンツを楽しめますよ。

理由 3: どこでも出会い系プロフィールをマッチングできる

出会い系アプリの場合、自分がいる場所付近の人としかマッチングできないケースが多いです。ですが、iPhoneの位置情報を変更できれば、どこの地域でもマッチング可能です。

理由 4: ソーシャル メディア上の特定の位置情報に基づく機能にアクセスする

Snapchatで位置情報を共有していたり、Instagramで位置情報を使っていたりすると、実際の位置情報とは異なる場所を表示したくなる瞬間があると思います。そんな時も、iOSの位置情報変更をサポートするツールが役立ちます。

ヒント:iOS17/iOS18でモンハンnowの位置情報を変更するベスト裏ワザーTenorshare iAnyGo【最新iOS18に対応】

iOS17/iOS18に対応する位置情報変更ツールを使わないと、iPhoneの位置偽装できない事態に陥ります。Tenorshare iAnyGoはiOS17/iOS18に対応、最新モデルのiPhoneをサポートしています。iOS 17 で仮想位置を変更する最も簡単な方法をお探しですか?もう探す必要はなく、 99.9%という驚くべき成功率を誇るiAnyGoこのツールは、3 クリックするだけで iPhone の位置を世界の隅々に変更できます。さらに驚くべきことに、目的の場所の座標を入力すると、数秒以内にその場所に移動できます。iPhoneの位置情報を瞬時に変更するテレポート機能のほか、役立つ機能が豊富ですよ。

Tenorshare iAnyGoの機能

  • iPhoneの位置情報をワンクリックで変更するテレポート機能
  • 2地点間の移動ルートを指定して自動で移動させるシミュレート機能
  • マルチスポット間の移動をサポートするGPSシミュレート機能
  • 自分でアイコンを操作して移動方向を決めるジョイスティック機能

移動機能では速度を細かく調整したり、マップ上の道に沿ってルートを設定したりできるため、自然な移動を再現できます。Tenorshare iAnyGoには無料体験版もありますので、機能をぜひお試しください。

1、Tenorshare iAnyGoをパソコンにダウンロードして起動します。ホーム画面が表示されたら、免責事項を確認して「開始」をクリックします。

iAnyGo 位置変更開始

2、画面のガイドを読みながらiPhoneをパソコンに接続します。

iAnyGo iPhone パソコン接続

3、マップが表示されたら画面左側の目的地のボックスに移動先の情報を入力します。「変更開始」をクリックするとiPhoneの位置情報が変更されます。

iAnyGo ジョイスティックの移動

パート2:iOS17/iOS18で現在の位置を変更する方法

地域制限のあるアプリやコンテンツにアクセスする場合、iPhoneの位置情報を変更するのではなく、Apple IDで設定している国を変更する方法があります。地域制限によって使えないアプリやコンテンツが使えるようになる可能性はありますが、現在利用中のアプリやコンテンツが利用できなくなる場合もありますよ。

1、「設定」から「Apple ID」を選択し、「メディアと購入」をタップします。

2、「アカウントを表示」から「国または地域名」を選択します。

apple id 設定

3、「国または地域を変更」から変更先の国や地域を選択します。

4、利用規約を確認して「同意する」をタップします。

5、最後に支払い方法などを入力して「次へ」をタップするとApple IDの地域が変更されます。

apple id 地域変更

パート3:iOS17/iOS18でモンハンnowの位置情報の変更に関するよくある質問

質問1:iOS17/iOS18で位置情報をオンにしたいのはどうする?

「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」と選択し、位置情報サービスの右側にあるアイコンをタップして緑色に切り替えるとオンになります。

質問2:iPhoneの位置情報を偽装する手順は?

iPhoneの位置情報を変更するには位置偽装ツールが必要です。ツールによってはiPhoneの脱獄が必要になる場合があります。この記事で紹介したTenorshare iAnyGoはiPhoneを脱獄することなく位置情報を変更できますよ。

質問3:iPhoneの位置情報をオンにできないのですが、iOS17のアップデートは関係していますか?

iOS17にアップデートした直後にiPhoneの位置情報をオンにできない場合はシステム関連の不具合が疑われます。iPhoneの再起動や初期化を試した後、位置情報をオンにできないか確認してみましょう。

まとめ

iPhoneの位置情報を変更できるとモンハンNowや出会い系アプリなど様々な場面で役立ちますが、iOS17/iOS18にアップデートしてから位置偽装できないトラブルが起きることも考えられます。位置偽装ツールがiOS17/iOS18に対応していなければ、位置情報を変更することはできません。Tenorshare iAnyGoはiOS17対応の位置情報変更ツールです。iAnyGoを使用すると、ワンクリックだけで自宅でも簡単にiOS17/iOS18で位置偽装できないなどの不具合を解決できますね。

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用