GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【2024最新】モンハンNowでAnytoが使えなくなった場合の解決策をご紹介

現実世界を移動することでモンスターを狩りに行くモンハンnowですが、位置偽装アプリを使っているユーザーも多いですよね。位置偽装アプリのAnytoがモンハンnowで使えないという声が相次いでいるので、この記事では原因と解決策をご紹介します。Anytoが使えないとお困りの方、必見ですよ。

パート1: Anytoとは?

AnytoとはiPhoneとAndroidの位置情報を偽装できるツールです。Anytoと言えばパソコン版を思い浮かべるかもしれませんが、iOS版やAndroid版の位置偽装アプリもリリースされていますよ。モンハンnowの位置偽装アプリとして使われている場合も多いAnytoですが、モンハンnowで使えないという声が相次いでいます。

imyfone anyto

パート2:AnytoがモンハンNowで使えなくなった原因について

Anytoですが、モンハンNowで使えない原因は何でしょうか。iPhoneとAndroidに分けてみていきましょう。

Anytoが使えないデバイスがiPhoneである場合、その原因はモンハンnowのアップデートによって変更された位置情報検出システムにあるのではと言われています。iPhoneの位置情報を検出するために新しい仕組みが導入されたため、今までモンハンnowで使えていたはずの位置偽装アプリが利用できなくなったと予想されます。

一方、Androidの場合は位置情報検出システムに変更はありませんので、デバイスの設定や通信環境などの項目を確認してみてください。

パート3: AnytoがモンハンNowで使えなくなった場合の最新対策【iPhone向け】

AnytoがモンハンNowで使えなくなった場合の対策をみていきましょう。

対策1:iPhone/Androidの位置情報を偽装するアプリTenorshare iAnyGoを使う【一番おすすめ】

最善の解決策をお探しですか? 心配しないでください! iAnyGoはこの問題を解決するのに役立ちました!位置情報偽装アプリiAnyGoを使ってみるといいかもしれません。Tenorshare iAnyGoはAnyto同様にiPhoneとAndroidの位置情報を変更できるツールで、モンハンNowのアップデートによってiPhoneで位置偽装できない不具合にいち早く対処した実績を持ちます。iPhoneやAndroidでモンハンnowをプレイする時に使う位置偽装アプリとして、テレポート、自動歩行、ジョイスティック、速度設定など必要な機能は全てありますよ。

さらに、モンスターを狩るには、現実世界でそのモンスターの出現場所に行かなければならないですよね?でも雨天時や混雑時には外出したくないものです。そんな時、iAnyGoを活用すれば、自宅にいながらモンハンNowの位置情報を好きな場所に変更することが可能なんです。誰でも簡単に使うことができるので、ぜひこの機会にご活用くださいね!

2024年2月22日から、Monster Hunter Now公式のアップデートにより、プレイヤーがiOSデバイスですべての位置偽装アプリを使って、位置情報を偽装しようとすると、「GPS信号を探しています」などの問題にぶつかった。そこで、この不具合を解決するために、Tenorshare iAnyGoチームは1か月以上の研究開発の末、ついにiosデバイスで位置偽装アプリを使ってMonster Hunter Nowを引き続きプレイーできる方法を見つけました!つまり、モンハンNowカスタマイズ版のインストールアシスタントMHN WizardをダウンロードしてモンハンNowをプレイーする方法です。MHN Wizardのダウンロード方法は弊社のDiscordコミュニティに発表されたので、今すぐPOGO Clubに参加し、モンハンNowの新しい遊び方をゲットしよう!

MHN Wizardのダウンロードリンク:

  • まず、MHN Wizardをダウンロードします。

  • パソコンにソフトウェアをダウンロードした後、「Apple ID」アカウントでログインする必要があります。

    MHN Wizard
  • ログインすると、モンハンなうのインストールを選択するボタンが表示されます。

    MHN Wizard
  • MHN Wizardをインストールした後、後で配置を変更するには、iPhone の設定で「開発者モード」を手動でオンにする必要があります。

  • 最後に、インストールしたばかりのMHN Wizardを開くだけで、iAnyGoを使用して位置を自由に変更できるようになります。

  • iAnyGoを起動し、お使いのデバイをUSBケーブルで、またはコンピュータを同じWi-Fiに接続します。位置情報の変更の画面から「開始」をクリックします。

     anyto モンハンnow 使えない
  • 画面の右上に変更したい場所の情報を入力し、「変更開始」をクリックします。なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

     anyto モンハンnow 使えない
  • なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

    ianygo ジョイスティックの移動 モンハンNow使えない

AnytoがモンハンNowで使えなくなった場合の最新対策【Android向け】

Androidユーザーが位置情報の偽装ができない場合は次の項目を確認してみましょう。

対策1:デバイスの設定を確認してみる

1、「設定」から「位置情報」を選択し、「位置情報を使用」をオンにします。

2、下側の「すべて表示」をタップし、「モンスターハンターNow」を選択します。モンハンNowアプリで位置情報の使用を許可していることも確認します。

anyto ポケモンGo位置変更

対策2:他のアプリとの干渉をチェックする

他のアプリをインストールした後にAnytoでモンハンNowの位置偽装ができない不具合が発生した場合は他のアプリの干渉が原因かもしれません。疑わしいアプリをアンインストールしてAnytoが使えるようにならないかチェックしてみましょう。

対策3:デバイスを再起動してみる

Androidデバイスに発生した軽度なエラーが原因でモンハンnowの位置偽装ができないのであればデバイスを再起動すると改善されます。簡単にできる対処法なので、Anytoがモンハンnowで使えない時はデバイスを再起動してから動作を確認してみてください。

対策4:インターネットの接続を確認してみる

地下や建物の中など電波の通りにくい場所にいたり、不安定な通信環境を使用していたりするとモンハンnowでエラーメッセージが出てプレイできなくなるケースがあります。モンハンnowで位置偽装できない時は忘れずにインターネットの接続環境もチェックしてみましょう。

対策5:ほかの位置偽装アプリを使ってみる

モンハンNowで位置偽装を続けるのであれば、新しい位置情報検出システムに対応する位置偽装アプリを使う必要があります。後ほど紹介するTenorshare iAnyGoは、開発チームがついにモンハンNowで位置偽装できない問題を解決したアプリです。

パート4: Anytoに関するよくあるご質問

Anytoに関するよくあるご質問をご紹介します。

質問1:Anytoの対応機種について

Anytoの対応機種はAndroid 7~Android 14、iOS7~iOS17です。パソコン版を使用する場合はWindows7~11、mac OS10.10~14でご利用いただけます。

質問2: Anytoの使い方について

Anytoの使い方ですが、パソコン版の場合は製品をダウンロードしたパソコンにiPhoneやAndroidを接続し、パソコン上でテレポートや自動歩行の指示を出します。アプリの場合はアプリをインストールした後、アプリを起動してテレポートなどの機能を使います。

まとめ

Anytoがモンハンnowで使えない原因と対処法をご紹介しました。iPhoneでAnytoが使えない場合はすぐに他の位置偽装アプリの利用を検討する必要がありますが、Androidなら設定や通信環境などを見直してみてください。Anytoの代替ツールとして利用できるTenorshare iAnyGoがありますので、覚えておくと役立つかもしれません。

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用