GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【モンハンnow向け】PGSharpでモンハンnowをプレイーする最新方法と最高な代替ソフトのご紹介

PGSharpを使ってモンスターハンターNowをプレイしたい、PGSharpの使い方がわからないという声に応えるため、本記事ではPGSharpをダウンロードしてインストールする手順から、モンスターハンターNowをプレイする方法までご紹介します。PGSharpは日本語に対応していませんが、この記事を読めば問題なくモンスターハンターNowで位置偽装できるようになりますよ。

pgsharp モンスターハンターnow

パート1:PGSharpとは?

PGSharpはポケモンGOでの位置偽装を目的として開発されたツールでしたが、技術を応用してモンハンnowでの位置偽装もできるように仕様が変更されています。対応しているデバイスはAndroidのみとなり、iPhoneではPGSharpを利用できません。PGSharpはテレポート、自動歩行などの機能をモンスターハンターNowで使えるAndroid対応の位置情報偽装ツールです。

PGSharpの機能

モンハンnow pgsharp 機能

PGSharpを使ってモンスターハンターナウをプレイすると次の機能が使えます。ポケモンGO用の機能はモンハンNowでは使えません。

  • テレポート
  • ジョイスティック
  • 移動速度の調整
  • クールダウンタイマー
  • 設定したルートを移動する
  • 場所をお気に入りに登録する機能など

PGSharpには無料版と有料版がありますが、無料版でもAndroidで位置偽装しながらゲームをプレイする時に欲しい機能が十分に揃っています。

パート2:PGSharp Android版をダウンロードする方法

PGSharp Android版はGoogle Playストアからリリースされていません。そのため、PGSharp Android版のAPKファイルをPGSharpの公式ホームページからダウンロードする必要があります。

1、PGSharpの公式ホームページ(https://www.pgsharp.com/)を開いて「Download」をクリックし、APKファイルをダウンロードします。

モンハンnow pgsharp ダウンロード

2、APKファイルのダウンロードが完了したら、Androidでダウンロードされたファイルをタップして「インストール」を選びます。

3、インストールが完了したらPGSharpを起動して位置情報の変更を始めます。

※モンハンNowのアップデート後、PGSharpが利用できないケースがあります。その場合は、エミュレーターを使ってみてください。

パート3:PGSharpでモンハンnowをプレイーする方法

PGSharpをインストールした後に設定を終えると、モンスターハンターNowがインストールされます。

モンハンnow pgsharp 設定

モンスターハンターNowのアプリを起動してアカウントにログインすると、PGSharpが提供する位置情報偽装に関する機能が使えるようになります。

ヒント:最高な位置情報変更ツールTenorshare iAnyGoでモンハンnowの位置情報を偽装する【iPhone/Androidにも対応】

PGSharpをダウンロードしたけれど正常に機能しない、日本語に対応しているツールを使いたい、iPhoneでモンスターハンターNowの位置情報を偽装したいという時はTenorshare iAnyGoが最適なツールです。Tenorshare iAnyGoはワンクリックでiPhone/Androidの位置情報を変更する専門アプリで、脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更可能です。特に何らかの原因で外出できないプレイヤーにとって、Tenorshare iAnyGoを使うと、自由にモンスターハンターNowを楽しむことができます。また、同ソフトは日本語に対応しており、iPhone/Androidの両方をサポートしています。

Tenorshare iAnyGoの機能

テレポート、自動歩行、ジョイスティック、2地点間の移動、マルチスポット間の移動、ルート機能、クールダウン、移動速度の調整など機能があり、位置情報の変更に関する機能も多く、PGSharpよりも充実しています。iPhoneの脱獄やAndroidのroot化なしで使えるので、難しい設定や操作はいりません。

モンハンnowにGPS偽装アプリやツールをおすすめ理由

PGSharpなどの位置偽装ツールを使ってモンスターハンターNowをプレイするとモンスターが再出現するまで待ったり、欲しい素材を探しに行く時間がなくて困ったりすることなく、効率的にストレスなく遊べます。

2024年2月22日から、Monster Hunter Now公式のアップデートにより、プレイヤーがiOSデバイスですべての位置偽装アプリを使って、位置情報を偽装しようとすると、「GPS信号を探しています」などの問題にぶつかった。そこで、この不具合を解決するために、Tenorshare iAnyGoチームは1か月以上の研究開発の末、ついにiosデバイスで位置偽装アプリを使ってMonster Hunter Nowを引き続きプレイーできる方法を見つけました!つまり、モンハンNowカスタマイズ版のインストールアシスタントMHN WizardをダウンロードしてモンハンNowをプレイーする方法です。MHN Wizardのダウンロード方法は以下のとおりで、今すぐモンハンNowの新しい遊び方をゲットしよう!

MHN Wizardのダウンロードリンク:

  • まず、MHN Wizardをダウンロードします。

  • パソコンにソフトウェアをダウンロードした後、「Apple ID」アカウントでログインする必要があります。

    MHN Wizard
  • ログインすると、モンハンなうのインストールを選択するボタンが表示されます。

    MHN Wizard
  • MHN Wizardをインストールした後、後で配置を変更するには、iPhone の設定で「開発者モード」を手動でオンにする必要があります。

  • 最後に、インストールしたばかりのMHN Wizardを開くだけで、iAnyGoを使用して位置を自由に変更できるようになります。

  • iAnyGoを起動し、お使いのデバイをUSBケーブルで、またはコンピュータを同じWi-Fiに接続します。位置情報の変更の画面から「開始」をクリックします。

    モンハンNOW 位置情報 変更開始
  • 画面の右上に変更したい場所の情報を入力し、「変更開始」をクリックします。なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

    モンハンnow ジョイスティック移動
  • なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

    モンハンNOW 位置情報 変更

パート4:モンハンnowに関するよくある質問

モンハンなうの位置情報のずらし方は?

モンハンのうで位置情報をずらしたい時はテレポート機能などを持つ位置情報変更ツールやアプリの利用が必要です。

モンハンNowでBANされるとどうなる?

モンハンNowでBANされると、BANされたアカウントでログインしてゲームをプレイすることができなくなります。モンハンNowでPGSharpなどの位置情報を偽装するツールを使用することは利用規約違反であり、検知された場合は10年間のアカウント停止や永久停止などのペナルティを受ける可能性があります。

まとめ

PGSharpをAndroidにダウンロードしてモンスターハンターNowをプレイする方法をご紹介しました。PGSharpなどの位置偽装ツールを使うとモンスターハンターNowを効率的に遊べますが、検知された場合はペナルティを受ける可能性があるので気を付けましょう。Tenorshare iAnyGoはAndroid/iPhoneに対応しており、移動速度の調整やルートの指定などを使って自然な移動を再現できますよ。iPhoneあるいはMacのユーザーであれば、ぜひ試してみてくださいね!

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用