GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【iPhone/Android対応】ポケモンGOで歩かなくてもいい裏ワザをご紹介【脱獄なし】

ポケモンGOのウラ技で歩くと言えば、Wi-Fiのオンオフを繰り返したり、アプリ起動時に位置が少し移動する仕組みを利用したりなどがあります。ですが、ポケモンGOのこれらのウラ技でトレーナーが勝手に歩く距離はわずかです。自宅からポケモンGOを楽しみたい!

しかし、2024年6月7日から、ポケモンGOが315.2バージョンの更新をリリースし、すべての位置情報偽装アプリが無効になりました。位置情報偽装アプリを使用して位置情報を変更するときに「ポケモンGOで位置情報の取得ができない(12)」と表示されます。でも、心配する必要がありません。この状況に対応して、業界最高な位置情報偽装アプリiAnyGoの開発チームはその最新の解決策を積極的に探しました。この記事ではポケモンGOで歩かなくてもポケモンを捕まえる裏技と「ポケモンGOで位置情報の取得ができない(12)」と表示された時の対処法を詳しく紹介いたします。

ポケモンGO 歩かなくていい

パート1.ポケモンGoを歩かなくてもプレイできますか?

ポケモンGOで自分がスマホを持って実際に歩かなくてもいい方法はあります。iPhoneやAndroidの位置情報を自由に変更できれば、自分が歩く必要はなくなります。ここでは、iPhoneで歩かずにポケモンGOを移動できるウラ技ーTenorshare iAnyGo 【最新iOS17.5に対応】をご紹介します。ビデオもありますので、何らかの助けをもたらしますね。

ヒント:iPhone で歩かずにポケモンGOを移動する裏ワザ----Tenorshare iAnyGo【最新iOS17.5に対応】

Tenorshare iAnyGoはiPhone/iPadに完全対応する位置情報変更ツールで、ポケモンGOで勝手に歩くアプリ としても有名です。最新モデルのiPhoneとiOSバージョンに対応しているので、アップデートによってポケモンGOでトレーナーが歩かない不具合が発生するなんて心配がありません。iPhoneを脱獄することなく使え、操作方法も非常に簡単なツールです。

最近、ポケモンGOプレイヤーは位置偽装アプリを使ってポケモンの位置情報を変更しようとするとき、「ポケモンGOで位置情報の取得ができない(12)」エラーという問題に対して、iAnyGoチームは最新の対処法を探しました。 それは、ポケモンGOカスタマイズ版のインストールアシスタントPoGo Wizardをダウンロードしてから、PoGo WizardとiAnyGoを組み合わせてポケモンGOをプレイーする方法です。iAnyGoを購入したユーザーはiAnyGo公式DiscordーPoGo Clubに参加してカスタマーセンターに連絡し、無料のPoGo Wizardをゲットできます。PoGo WizardとiAnyGoを組み合わせて使い、ポケモンGOの位置情報を引き続き偽装できる手順はいかの通りです。

Tenorshare iAnyGoでできること

  • iPhoneの位置情報を変更する
  • マップ上で設定したルートを自動で移動させる
  • ジョイスティック機能を使って自分で操作して移動させる
  • ジャンプテレポートモードでポケストップやジムのフォトディスクを繰り返し瞬間移動
  • GYM/ポケストップのマップをスキャンする機能
    • まず、PoGo Wizardをダウンロードします。

    • パソコンにソフトウェアをダウンロードした後、「Apple ID」アカウントでログインする必要があります。

      ianygoで位置情報を変更する
    • ログインすると、ポケモンGOのインストールを選択するボタンが表示されます。

    • PoGo Wizardをインストールした後、後で配置を変更するには、iPhone の設定で「開発者モード」を手動でオンにする必要があります。ここで、PoGo Wizardのインストールが完了しました。

      ianygoで位置情報を変更する
    • つぎに、インストールしたばかりのPoGo Wizardを開くだけで、iAnyGoをダウンロードし、位置を自由に変更できるようになります。

    • パソコンにiAnyGoをダウンロードしてインストールします。iAnyGoを起動し、USBケーブルまたは同じWi-FiでiPhoneをパソコンに接続します。「開始」をクリックします。

      ポケモン GO iAnyGo 起動
    • ポケモンGOを遊ぶ時に、転送したい住所を検索ボックスに入力して或いは地図上の任意の場所をクリックして、「変更開始」を押します。

      gps joystick 変更開始
    • なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

      ianygo ジョイスティックの移動

    関連記事: 【安全・簡単】Tenorshare iAnyGoの使い方と評判・レビューを徹底的にご紹介

    パート2.歩かずにAndroidデバイスでポケモンGOを移動する方法

    次は、Androidで歩かずにポケモンGOをプレイする方法をご紹介します。

    方法1:偽装の GPS 位置情報偽装アプリを使用する

    ポケモンGOで勝手に歩く機能を持つGPS位置情報偽装アプリを使用すると、自宅にいながらAndroidの位置情報を変更して世界中に移動できます。位置情報偽装アプリは様々な種類がありますので、Androidのroot化の有無、有料/無料、安全性などを確認してから使用するアプリを選ぶようにすると安心です。iPhoneの位置情報を変更できると紹介したTenorshare iAnyGoですが、Androidの位置情報の変更にも対応しています。Tenorshare iAnyGoはAndroidのroot化なしで利用できますよ。

    方法2:VPN を使用する

    VPNとはIPアドレスを変更できるツールです。ポケモンGOをプレイできる国や地域にいない時はVPNを利用してIPアドレスを変更することで、ポケモンGOをプレイできます。多種多様なVPNがあり、有料/無料、安全性などが異なりますので、しっかりとVPNの詳細を調べてから使用するようにしましょう。VPNの使用自体は難しくなく、アプリをインストールして国を選ぶだけでIPアドレスを変更できます。

    ポケモン go ウラ 技 歩く vpn

    パート3.ポケモンGOでの歩かずに移動することに関するよくある質問

    最後に、自分は歩かずにポケモンGOで移動する方法に関するよくある質問をご紹介します。

    質問1:ポケモンGOで歩かなくても移動する方法は?

    ポケモンGOで歩かなくても長い距離を移動するには位置情報変更ツールやアプリなどを利用する必要があります。ツールやアプリによってiPhoneの脱獄やAndroidのroot化が必要になりますので、事前にしっかりと調べておくと安心です。

    質問2:ポケモンGOで移動する裏ワザは?

    ポケモンGOで移動する裏ワザとして、Wi-Fiをオフにしてからロック画面にし、再度ポケモンGOの画面を開くとGPS信号の検出によってポケモンGO上のトレーナーが少し移動するという方法があります。

    質問3:ポケモンGOは車で何キロまでプレイできる?

    車がだいたい時速40㎞を超えると、ポケモンGOでポケモンが出現しなくなります。ですが、信号待ちの時や渋滞で車のスピードが遅くなっている時などのタイミングを狙ってポケモンGOをプレイすることは可能です。

    まとめ

    この記事では、ポケモンGOで歩かなくてもいい方法を紹介しました。自分がスマホを持ってポケモンGO起動しながら歩かなくてもいい方法を見つけておくと、アドベンチャーウィークなどのイベントを自宅にいながら楽しめたり、効率的にトレーナーレベルを上げたりできるようになります。iPhoneで歩かずにポケモンGOをプレイするならポケモンGOの位置情報を偽装するアプリTenorshare iAnyGoがおすすめです。

    脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
    • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
    • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
    • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
    • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
    • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
    • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用