【2018のMac版】Tunesバックアップ暗号化の解除方法

  iPhone、iPad、iPod touch をバックアップしておけば、万一デバイスを交換、紛失、または破損した場合に使える情報のコピーを確保できます。

  iTunesを利用して、データをバックアップする時には、個人情報を保護されるために、暗号化します。

  でもiPhone X/8/7/7 Plus/SE/6/6 Plus/6s/6s Plus/5sがバックアップしたパスワードを忘れた場合に、どうすればいいでしょうか?

  市場では、パソコンのWindowsの使用者が利用できたアプリが多くありますが、今回はMacのユーザーに向けて、忘れた暗号化したiTunesバックアップパスワードを復元する2つの方法を紹介します。

1.キーチェーンを利用して、忘れた暗号化したiPhoneバックアップパスワードを復元

  「>キーチェーンアクセス」は、パスワードやアカウント情報を保管する OS X アプリケーションです。このアプリケーションを使用することで、記憶および管理する必要のあるパスワードの数を減らすことができます。

  APPLEの公式のアプリ:アプリキーチェーンアクセスを利用しましょう!

  設定方法は以下通りです。

  ステップ1 Macで「Finder」を開く →「アプリケーション」をクリックと進み →「キーチェーンアクセス」を見つけて、開く

「アプリキーチェーンアクセス」を開く

  ステップ2 「キーチェーンアクセス」の検索ボックスで、「iPhone Backup」を入力

「iPhone Backup」を入力

  ステップ3 表示される「iPhone Backup」、ダブルクリック

「iPhone Backup」をクリック

  ステップ4 「パスワードを表示」に「✓」を着けると管理者パスワードを入力
この部分のパスワードはMacのパソコンの登録パスワードです。

管理者パスワードを入力

  ステップ5 「許可」をクリックすればパスワードが表される

パスワードが表される

  そうすると、忘れた暗号化したiTunesバックアップパスワードを復元します。

ご注意:アプリキーチェーンアクセスを利用できるために、iTunes でiPhoneのバックアップを保護するパスワードを設定する時には、このパスワードをキーチェーンに保存するのは必要です。
iTunesバックアップを検索

2.Tenorshare iBackupUnlockerを使って、iTunes暗号化パスワードを解除

  しかし、iPhoneでバックアップ暗号化したパスワードがキーチェーンに保存しないで、忘れた場合には、本当に困っています。

  心配しないで、「Tenorshare iBackupUnlocker」を使って、Macで失くしたり忘れたりiTunesバクアップのパスワードを復元できます。

  まずは、iBackupUnlockerを開けて、Macには既存のiTunesバックアップファイルを追加します。

iTunesバックアップを追加

  次は、「辞書攻撃」や「類推攻撃」や「総当たり攻撃」の1つのを選択して、「設定」します。

  「類推攻撃」はターゲットの個人情報に関する知識から、iTunesバックアップパスワード何桁を解析して、攻撃者自身がパスワードを類推する方法です。また、iTunesでバクアップのパスワードの情報を全然思い出さない場合に、アイフォン暗号化を解除のは「総当たり攻撃」を試みます。

パスワードを解析

  最後、「開始」をタップして、解読を終わると、iTunesバックアップパスワードが解除します。

最後に

  以上の2つの方法を利用して、Macのユーザーが忘れた暗号化したiPhoneバックアップパスワードを復元できます。ご参考になれば、何よりです。今日も最後読んで頂いてありがとうございます。

iBackupUnlocker
Tenorshare iBackupUnlocker
超強力iTunesバックアップ暗号解析・iOS 12に対応済
  • 三つの解析モードを提供し、高い成功率を誇る
  • すべてのiOSバージョンのバックアップファイルに対応できる
  • 高度な計算を実行することによって、忘れたiTunesバックアップのパスワードを安全かつ確実に解読できる

/ Posted by 石原 侑人 to iTunesバックアップ Follow @石原 侑人