iPhoneからiPadへ写真を転送する方法

  iPhoneで撮った美しい写真をiPadで閲覧したい時、iPhoneの空き容量が残りわずかしかないのでカメラロールに入っている一部の写真を手元のiPadに移したい時、簡単で効率的なデータ移行方法が求められますね。

  iOSデバイス間でのデータ転送には、さまざまな方法で行えます。ここで、写真をiPhoneからiPadへ送る時に最も気軽に利用できる移行・転送方法を二つご紹介します。

二つの方法で写真をiPhoneからiPadへ転送

パソコンなし:AirdropでiPhoneの写真をiPadと共有

  まずは手元にパソコンがない時に、AirDropを利用してiPhoneとiPadの間で写真・画像を転送する方法を説明します。AirDrop(エアードロップ)とは、近くにある二つのiOSデバイスの写真、ビデオ、書類などを無線転送ですばやく共有することです。では、具体的な操作手順を見てみましょう。

  ① まずはiPhoneとiPadでAirdrop機能をオンにしてください。コントロールセンターを開いて、左上にあるWiFi/モバイルデータ通信/Bluetoothいずれかのボタンをを強めに長押しして、詳細画面が出てきたら、AirDropをタップして、「受信しない」状態から「連絡先のみ」か「すべての人」に変更します。

airdrop 設定

  ② iPhoneで「写真」アプリを起動し、転送したい写真・画像を選択し、画面左下のアイコンをタップして、「タップしてAirDropで共有」に表示される「iPadの名前」タップして写真を転送します。

  ③ iPadの画面上にiPhoneから転送された写真の受信確認が表示されたら、「受け入れる」をタップします。そして、iPadのカメラロールで転送された写真を確認することができます。

airdropでiPhoneの写真を共有

「iCareFone」でiPhoneからiPadへ写真データを転送

  ネット環境などの原因でAirdropが使えないときは、「Tenorshare iCareFone」を利用すれば、iPhoneの写真を簡単にiPadへ一括転送することができます。このソフトは、すべてのiPhone/iPad/iPod touchモデルに対応しています。転送する前に、写真のプレビュー、選択、重複削除ができて、iTunes同期と違って、デバイス内の既存の画像を上書きしてしまうことを避けるための仕様となっております。では、このパワフルなデータ転送ツールを使ってiPhoneからiPadへ写真を移行する方法をご説明します。

  ステップ1:「Tenorshare iCareFone」をインストールして、iPhoneをパソコンに接続します。そして、iPhoneをコンピューターに接続できたら、左下の「ファイル管理」をタップして、「写真」画面に入ります。

iPhone 写真を表示

  ステップ2:転送したい写真を選んで、「エクスポート」をクリックします。写真の保存場所を選らんで、「OK」をクリックします。これで、iPhoneの写真が自動的にパソコンへ転送されます。

iPhone 写真を移す

  ステップ3:iPhoneをPCから取り外して、iPadをパソコンに接続します。前と同じく、「ファイル管理」をタップして、「写真」画面に入り、「追加」をクリックします。そして、先ほど選択した保存先フォルダーを開いて、写真を一括選択して「Open」をクリックすれば、選ばれたiPhoneの写真がiPadに保存されます。

写真をパソコンからiPadへ送る
最後に

  以上はiPhoneの写真をiPadに移す2つの方法です。また、「iCareFone」はiOSデバイス同士、iOSからPC/iTunesへのデータ転送以外、iTunesからiOSデバイスへのコンテンツ逆転送も対応できます。シンプルで快速なiOSデータ転送ツールを探している方はぜひ使ってみてくださいね。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!

/ Posted by 山崎 あずさ to iPhone写真 Follow @山崎 あずさ