iTunes以外にパソコンからiPhoneに音楽を入れる方法

パソコンからiPhoneに音楽を入れる方法として代表的なのが、iTunesを使ったものでしょう。ですがWindowsのパソコンを使っていたりすると、わざわざiTunesを入れるのが面倒だと感じる人も少なくありません。そうした時にiTunes以外で、パソコンからiPhoneに音楽を入れる方法はあるのでしょうか。実はiTunesなしでiPhoneに音楽を入れるためのソフトが幾つかあるのです。ここでよく使われるパソコンからiPhoneに音楽を入れるツールを紹介して比較します。

iTunes以外パソコンからiPhoneに音楽を入れるツール

iCareFoneでパソコンからiPhoneに音楽を入れる

iTunesなしでパソコンからiPhoneに音楽を入れる方法として、最初に紹介したいのがiCareFoneです。パソコンとiPhoneなどのデバイス間のデータ転送をメインとしたソフトになります。初心者でも簡単に扱える操作性の良さと、不具合からiPhoneを復元できる多彩な機能でとても魅力があります。これでiCareFoneを使ってiPhoneに音楽を入れる操作方法を紹介いたします。

Win版ダウンロードボタン Mac版ダウンロードボタン
  • ステップ 1. iCareFoneをインストールして起動させ、iPhoneをパソコンと接続します。

  • ステップ 2. iCareFoneのホーム画面からファイル管理へと移動し、音楽ファイルをクリックします。

    iCareFoneファイル管理から音楽へ
  • ステップ 3. 画面の上に追加という項目があるのでクリックし、iPhoneに入れたい音楽フォルダを選択して開きます。

    iCareFoneで音楽追加フォルダを開く
  • ステップ 4. 転送先のフォルダを指定してOKをクリックします。

    iCareFoneで音楽転送先フォルダを選択

詳細は以下のビデオをご参考できます。

AnyTrans for iOSでパソコンからiPhoneに音楽を転送する

AnyTrans for iOSもまたデータ転送や管理を行うソフトです。主にiOSデバイスのデータ管理を行えるのが特徴で、音楽以外のファイルにしてもバックアップなどを取ることもできます。ある意味でデータ転送と管理に特化したソフトです。AnyTrans for iOSを使ってiTunesなしで、パソコンからiPhoneに音楽を入れる方法についても紹介していきましょう。

  • ステップ 1. AnyTrans for iOSをインストールして起動させ、iPhoneをパソコンと接続します。

  • ステップ 2. 画面の「+」ボタンをクリックして、追加項目の選択に入ります。

  • ステップ 3. パソコンで追加したい音楽を選択して、「開く」をクリックします。

    AnyTrans for iOSでパソコンからiPhoneに音楽を転送
  • ステップ 4. 画面が切り替わるのでiPhoneに選択した音楽ファイルを移動します。

CopyTransでパソコンからiPhoneに音楽を転送する

iPhoneに直接曲を入れる方法なら、CopyTransを使うといいでしょう。CopyTransもサードパーティ製のアプリです。手軽に操作できるのは、このアプリはiPhoneから曲を転送するのに特化しているためになります。手順としては以下の通りです。

  • ステップ 1. CopyTransをパソコンにインストールして起動させ、デバイスとパソコンを接続

  • ステップ 2. CopyTransの画面にiTunesとあるのでそちらをクリックします。

  • CopyTransでパソコンからiPhoneに音楽を転送
  • ステップ 3. 自動的にiTunesにない曲のバックアップがとれます。

  • ステップ 4. iTunesがインストールされていない場合は、フォルダーを選択します。

  • ステップ 5. パソコンに送りたいフォルダを選択すると、バックアップがとれます。

Dr.Fone - iPhoneスマホ管理でiPhoneに音楽を転送する

Dr.FoneもiTunesを使わずにiPhoneに音楽転送する方法があります。世界中に数百万人のユーザーがいるソフトで、使いやすいと評判です。ユーザーからの信頼性も高く、小さなiOSの不具合修正も可能できます。そんなDr.Foneの使い方を紹介しておきます。

  • ステップ 1. Dr.Foneをインストールして起動させ、iPhoneとパソコンを接続します。

  • ステップ 2. Dr.Foneのメイン画面でスマホ管理をクリックします。

  • ステップ 3. 画面上部の音楽をクリックし、転送したい曲にチェックを入れます。

    Dr.Fone - iPhoneでパソコンからiPhoneに音楽を転送
  • ステップ 4. 追加のアイコンをクリックすると転送されます。

各ツールの比較表

itunesなしでPCからiphone/ipad/ipodに音楽転送する方法を紹介してきました。ただどのソフトを使えばいいのか分からないという人もいるでしょうから、最後に各ツールの比較表をつけておきます。

比較点 iCareFone AnyTrans for iOS Copy Trans Dr.Fone
ダウンロード速度 機器に依存するため不明 各自の機器に依存する 各自の環境に依存するので不明 環境によるため不明
双方向転送 パソコンとiOSデバイス間の双方向転送が可能 パソコンとiOSデバイスとの双方向転送が可能 iOSデバイスからパソコンへの単方向のみ パソコンとiOSデバイスの両方で双方向転送可能
転送速度 機器に依存するため不明 各自の機器に依存する 各自の環境に依存するので不明 環境によるため不明
使いやすさ 初心者でも直感的に利用できるほど操作性は良い シンプルな構成で使いやすい 機能面が限られるので使いやすい 多機能だが初心者でも比較的に使いやすい
画面表示 シンプルな表示で直感的に分かりやすい アイコンなどの表示もあって初心者でも分かりやすい シンプルな構成で分かりやすい シンプルな構成でアイコンが多いため視覚的に分かりやすい
機能性 データ転送の他にもiOSの軽い不具合の修復など多機能 データ転送やバックアップ機能の他にミラーリング機能もある 単一方向のみのデータ転送のみ データ転送以外にも様々な機能が使える
価格 月額2980円、シングル永久ライセンスだと3980円 シングルライセンス永久版で4980円 2年間のアップデート付き、複数PCでの利用可能で2980円 シングル永久ライセンスで4980円

まとめ

iTunes以外でパソコンからiPhoneなどのiOSデバイスに、音楽を入れる方法を紹介してみました。サードパーティ製のソフトになりますが、いずれも信頼性が高く、多くのユーザーが利用しているものです。音楽管理は勿論のこと他にも使える機能面なども豊富で、永久ライセンスの価格が安いTenorshare iCareFoneが特にオススメできます。

Win版ダウンロードボタン Mac版ダウンロードボタン

  最終更新日 2020-11-07 / カテゴリ  iPhone音楽

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください