iPhoneデータ管理

iPhoneのメモをバックアップする方法

iPhoneに標準実装されている「メモ」アプリは、手軽に情報管理が出来るお役立ちアプリです。ハッシュタグを付けての文書管理、文字スタイルのカスタマイズやPC・iCloud・Gmailなどとの同期機能、書類のスキャン機能など、簡易アプリと侮れない充実した機能を併せ持っているため、上手に活用して仕事効率を上げているユーザも多いと思います。今回は、万一に備え、この「メモ」アプリのバックアップデータを取る方法についてご紹介いたします。

パソコンなし場合、iPhoneのメモをバックアップする方法

方法1:iPhoneメモをiCloudにバックアップ

iCloudに自動バックアップ

「設定」>「ユーザ名」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」と進み、「iCloudバックアップ」をオンにすればOKです。

iCloudに自動バックアップ

iCloudに手動バックアップ

自動バックアップのように「iCloudバックアップ」を開いて、「今すぐバックアップを作成」をタップすると実行されます。

iCloudに手動バックアップ

方法2:iPhoneメモをGmailにバックアップ

「設定」>「パスワードとアカウント」>「Gmail」と進み、Gmailの「メモ」をオンにすると設定されます。

iPhoneメモをGmailにバックアップ

方法3:iPhoneメモ帳をメールに送付してバックアップ

バックアップしたいメモを開き、右上の「…」をタップすると「コピーを送信」があります。ここから任意のメールアプリを選択すると、メモが添付されます。

iPhoneメモ帳をメールに送付してバックアップ

方法4:iPhoneメモをLINE Keepにバックアップ

メールに添付するときと同様、「コピーを送信」から、LINE Keepを選択すると実行できます。

パソコンある場合、iPhoneのメモをバックアップする方法

方法5:iPhoneメモ帳をiTunesに保存・バックアップ

Windowsの場合

iPhoneとPCをつないだ状態で、iTunesの「概要」内にある「このコンピュータ」をチェックし、「今すぐバックアップ」をクリックで実行できます。

Macの場合

iPhoneとPCをつないだ状態で、Finderの「(該当の端末名)のiPhone」内にある「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」をチェックし、「今すぐバックアップ」をクリックで実行できます。

iPhoneメモ帳をiTunesにバックアップ

方法6:専門アプリTenorshare UltdataでiPhoneメモをバックアップ

「Tenorshare UltData」は、iPhoneからメモだけをパソコンに同期し、バックアップを取ることが出来ます。また、バックアップを取らずにiPhoneから削除したメモを復元することも出来る優れモノです。機種変更の際に、復元するデータを選別したい場合にも便利です。

  • Ultdataをパソコンにインストールし、起動します。

  • iPhoneをパソコンに繋ぎ、「iOSデバイスから復元」をクリックします。

    ultdata-iosを使う
  • 「メモ&添付ファイル」にチェックを入れ、「スキャン」をクリックしてください。

    スキャンします
  • スキャン結果から対象を選択し、「PCに復元」をクリックすれば実行されます。

    メモをバックアップ

まとめ

iPhoneの「メモ」アプリについて、バックアップ方法をご案内いたしました。いくつか方法はございますが、データ全体のバックアップ、個別のバックアップといった違いがあります。用途に応じて上手に使い分けをすることをおすすめいたします。「Tenorshare UltData」の場合、幅広くバックアップ対象の選択と復元が可能です。また、バックアップデータを取り忘れていた場合でも、iPhoneから削除済みのメモを復元することが出来る、とても優秀な専門アプリです。

関連動画

関連記事: iPhoneから完全に削除した動画を復元する無料の方法

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 15まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先・写真・動画・LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出

  最終更新日 2022-06-30 / カテゴリ  iPhoneデータ

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください