「最近削除した項目」からiPhone写真を復元する3つの方法

iPhoneに保存した写真を削除した場合、30日以内であれば簡単に復元できることをご存じでしょうか。その後、30~40日間経過すると、写真が「最近削除した項目」から削除されます。お持ちのiPhoneがiOS8以降であれば、この便利な機能「最近削除した項目」を使うことが出来るのです。では早速、「最近削除した項目」からiPhone写真を復元する3つの方法をご紹介いたしましょう。

方法1:「最近削除した項目」から写真を復元【パソコンなし】

パソコンをお持ちではない場合は、iPhoneの「写真」アプリで操作をします。

  • 「写真」アプリを開いてください。

  • 「アルバム」の一番下にある「最近削除した項目」を開きます。

  • 30日以内に削除された写真の一覧が表示されます。

  • 復元したい写真を選択します。

  • 右下の「復元」をタップしてください。

  • 確認画面で「写真を復元」をタップすると完了です。

    最近削除した項目から写真を復元

方法2:iCloud Driveの「最近削除した項目」フォルダから復元【パソコンあり】

パソコンをお持ちの場合は、iCloud Driveの「最近削除した項目」を利用することも出来ます。

  • パソコンでiCloudにアクセスし、サインインします。

  • 「iCloud Drive」をクリックしてください。

    iCloud Driveをクリック
  • 「iCloud Drive」の右下にある「最近削除した項目」をクリックします。

  • 表示されたファイルすべてを復元する場合は、そのまま「すべてを復元」をクリックします。

  • 個別に復元したい場合は、対象ファイルを選択して「復元」をクリックします。

方法3:バックアップなしで直接に削除したiPhoneの写真を復元【パソコンあり】

iPhoneの写真アプリとiCloud Driveの「最近削除した項目」から、写真を復元する方法をご案内しました。ですが、削除から30日以上経過した写真はもちろん、なぜか30日以内でも「最近削除した項目」に削除した写真が残されていない場合があります。

こういった場合には、iPhone写真復元用ソフトを活用することがおすすめです。Tenorshare UltDataは、バックアップを取っていない写真も、iPhone本体をスキャンすることで削除されたデータを見つけ出して復元することが出来ます。

  • パソコンで「UltData」を立ち上げ、iPhoneをケーブルでパソコンにつなぎます。

  • 「iOSデバイスから復元」をクリックしてください。

    ultdata-iosを使う
  • 「写真」をクリックして、「スキャン」をクリックします。

    スキャンします
  • スキャン結果の一覧が表示されます。

    写真を選択
  • 復元したい写真データを選択して、「PCに復元」をクリックします。

    写真を復元

まとめ

「最近削除した項目」機能を利用して、iPhone写真を復元する方法をご紹介いたしました。「最近削除した項目」で復元が出来ない上に、バックアップデータを取っていない方については、iPhone写真復元ソフト「UltData」のご利用がオススメです。UltDataはiPhone写真を始め、様々なデータの復元が出来ます。iOSデバイス本体はもちろん、iCloud、iTunesからの復元が実行出来る優秀なソフトです。

関連記事: バックアップなし、iPhone写真を復元する対処法

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 15まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先・写真・動画・LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出

  最終更新日 2022-01-08 / カテゴリ  iPhone写真

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください