パソコンにある画像をiPadに転送する方法

  パソコンからiPadに画像を転送する方法を御存知でしょうか。昔の携帯電話で撮影した思い出の画像なども現在利用しているiPadへと移すことができるので、知っておいて損はありません。特に家族で集まった時にiPadで画像のスライドショー機能を使うときなどは、この方法が役立ってくれるはずです。

パソコンの画像をiPadに転送する二つの方法

・パソコンの画像をiTunesでiPadに転送

  PCからiPadに画像を送る時の代表的な方法が、iTunesでしょう。Macにはそもそもインストールされているものですし、iPadとの連携もしやすく作られています。

  iTunesをインストールしておけばWindowsでも利用できるのがポイントになるでしょう。

  Step1、Windowsのパソコンを利用するのならiTunesをインストールしましょう。

  Step2、次にiTunesを起動して設定からデバイスとの自動同期をオフにします。

  Step3、ここまで終えてからパソコンにiPhoneをUSBケーブルで繋ぎます。

  Step4、正常に接続できれば、iTunesの画面の左上にスマートフォンのアイコンがあるはずですので、クリックしましょう。

  Step5、さらにサイドバーにある画像をクリックすると、同期するかどうかが問われます。

  Step6、そこにチェックを入れて送りたい画像があるフォルダなどを指定します。

  Step7、最後に適用をクリックすれば同期化されて画像を移せるでしょう。

・初心者向け:パソコンの画像を転送ツールでiPadに転送

  上述のiTunesを利用した方法はとてもポピュラーなものです。しかし、画像の転送速度がかなり遅めになっていますので、大量のデータを移動させたい時には不向きです。

  では、iPadからストレスなくパソコンに画像を転送する方法はあるのでしょうか。それが転送ツールである「Tenorshare iCareFone」を使ったものです。単なるデータ管理のためのソフトではなく、iPad内のジャンクファイルを整理して動作を軽くしてくれるなど役立つ機能が満載なのも魅力でしょう。特に画像の可逆圧縮を使えば、ストレージの容量を少なくすることができるので、ありがたいです。

  Step1、iPadにiCareFoneをインストールした後に、ライトニングケーブルでパソコンと接続します。

デバイスをPCに接続する

  Step2、iCareFoneを起動させた後にホーム画面からファイルの管理、画像をクリックして進んで、iPad内部に保存された画像のデータが表示されます。

iPadへ画像を追加

  Step3、メニューバーにある「追加」ボタンをクリックして、iPadに転送したい画像をパソコン側で選びます。

iPadへ画像を追加

  Step4、最後に右下の「開く」ボタンをクリックすれば選ばれた画像データが転送されます。

iPadへ画像を追加
最後に

  パソコンからiPadに画像を転送するための方法でした。iTunesを使ったものが一般的ですが、先に自動同期をオフにする手順を抜かしてしまうと、データが消失するなどのリスクがあります。そうしたリスクを考えることなく利用できる「iCareFone」の方が優れていると言って良いでしょう。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!

/ Posted by 山崎 あずさ to iPad写真 Follow @山崎 あずさ