iPadの写真をMacに取り込む方法

  最近だと、iPadを持ち歩くという人も増えてきました。手頃なサイズ感ですので、写真撮影などに利用する人も珍しくありません。

  そこで、iPadの写真をMacに取り込む方法を紹介していきましょう。

iPadの写真をMacに取り込む三つの方法

・iPadの写真をイメージキャプチャでMacに取り込む

  MacとiPadの両方を利用している人にとって、写真や画像を取り込む一般的な手法として知られているのがイメージキャプチャではないでしょうか。

  Step1、最初にMac側で、イメージキャプチャを起動させておいてください。

  Step2、ライトニングケーブルでiPadを接続します。

  Step3、iPadとMacが正常に接続できていれば、内部の画像を読み込みが始まります。

  Step4、iPad内にある画像が表示されますので、必要なものを選択してから読み込みをクリックで完了です。

・iPadの写真をAirdropで Macに取り込む

  MacにiPadの写真の取り込み法としては、AirDropと呼ばれるものもあります。

  Step1、MacのFinderを開いて、メニューバーから移動、AirDropを選択します。

  Step2、iPadのホームを下から上にスワイプするとコントロールセンターが表示されるので、AirDropを確認しましょう。

  Step3、両方のデバイスで、AirDropが有効にしておきます。

  Step4、iPadの画面上にある写真アプリをタップしてください。

  Step5、カメラロールからアルバムへと移動して、取り込みたい写真をタップすると、画面の下にメニューバーが表示されるのでAirDropをタップしましょう。

・iPadの写真を転送ツールでMacに取り込む

  iPadからMacへ写真の取り込み方としては、『Tenorshare iCareFone』も外せません。手軽に操作できる上にデータの破損などのリスクが低いので、これまでお伝えしてきた方法よりもおすすめしておきます。

  iCareFoneは写真のほかに、ビデオやアプリなどのデータを簡単に管理できますので、ストレージのデータ容量を確保したいときにも使えるでしょう。総合的な管理アプリだけにできることはかなり多く、役立ってくれます。

  Step1、iPhoneにiCareFoneのアプリをインストールするのが最初です。そして、iPhoneとパソコンをUSBで接続してからiCareFoneを起動させます。

デバイスをPCに接続する

  Step2、ホーム画面のファイル管理をタップし、写真へと進み、iPad内の写真が表示されます。

iPhone 写真管理

  Step3、表示された写真を選択して、メニューバーにあるエクスポートをクリックして完了です。

iPhone 写真をエクスポート
最後に

  iPadの写真をMacに取り込むための方法を紹介しました。3つの方法がありますが、やはりおすすめなのは『iCareFone』です。手軽にファイルをやり取りできるだけではなく、ジャンクファイルの管理なども行えるので様々なシーンで役立ってくれるでしょう。写真の整理や管理などだけではなく、ストレージ管理など幅広い部分で対応しているのがポイントです。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!

/ Posted by 石原 侑人 to iPad写真 Follow @石原 侑人