【2021年新版】iPhoneの写真だけを復元する方法

操作ミスやハプニングなどでiPhoneから大事な写真が消える可能性は意外にあります。iPhoneから消えてしまった写真を復元する方法は色々あるでしょう。しかし、iCloudやiTunesのバックアップデータを使って写真を復元する場合、写真のデータだけを選んで復元することはできません。iPhoneへ全てのデータが復元されてしまうと、iPhoneが重くなる原因にもなります。そこで、今回はiPhoneの写真だけを復元する方法を説明していきます。

方法1:iPhone本体のアルバムから写真を復元

iPhone本体のアルバムから写真を削除すると、削除された写真は30日間「最近削除した項目」に保管されます。そのため、写真を削除してから30日以内であれば「最近削除した項目」から写真を復元可能です。

  • 写真を押します

  • 最近削除した項目をタップします

  • 復元したい写真を選択して、復元を選ぶとアルバムに写真が戻ります

  • iCloudを使う

方法2:SafariにiCloud.comでiPhone写真を復元

Safariを使ってiCloud.comへサインインをして、iPhone写真を復元する方法をご紹介します。

  • SafariからiCloud.comへAppleIDを使ってサインインをします

  • 写真をタップします

  • iPhoneへ復元したい写真があるか確認します

  • iCloudを使う

方法3:iCloudフォトライブラリに写真を復元

iPhoneでiCloudフォトライブラリの設定がオンになっており、パソコンからiCloudフォトライブラリを使用したことがあればデータがパソコンにバックアップされている可能性があります。バックアップされていたら、写真の復元ができます。

  • パソコンからWin版iCloudにログインします

  • 「写真」>「iCloud写真」をクリックします

  • iCloudを使う
  • iCloud フォトファイルを見つけます。還元したい写真を選びます。パソコン内に写真が復元されます

  • iCloudを使う

方法4:写真復元ソフトを利用して、iCloudから写真を復元する

専用の写真復元ソフト Tenorshare UltData-iPhoneを使うと、バックアップが無くてもiPhone本体からデータの復元ができます。また、iCloudやiTunesのデータから写真だけを選んで復元することも可能です。これは専門ソフトならではの機能性の高さでしょう。 それでは、「UltData」を使ってiPhone本体から写真を復元する方法です。

  • パソコンで「UltData」を起動します

  • ultdata-iosを使う
  • 写真を選択し、スキャンをクリックします

  • スキャンします
  • 復元したい写真を選んだ後、復元を押します

  • 写真を選択

まとめ

iPhoneを軽いまま利用するにはiPhoneの写真だけを復元できると便利です。しかし、iCloudやiTunesのバックアップからは写真だけ復元することは出来ません。そこで活躍するのが写真復元ソフト「UltData」です。さすが専門ソフトなだけあって、iCloudやiTunesから写真だけを復元することが可能です。さらに、バックアップが無くてもiPhone本体から写真を復元できるので問題ありません。レビュー状態からそのまま写真を復元できるので、必要な写真のみ選べるのも嬉しい点です。

関連記事: パソコンなしでiPhone写真を復元する無料の方法

  最終更新日 2021-09-14 / カテゴリ  iPhone写真

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください