iPhoneデータ管理

iOS 15アップデートで消えたiPhoneデータを復元する方法

リリースされたiOS 15ですが、気になる新機能も多く、もうすでにアップデートをしたという人も少なくないでしょう。しかし、iOS 15へアップデートしたがエラーが発生してしまいiPhoneのデータが一部、場合によっては全部消えてしまったという問題も出てきています。そこでこの記事では、iOS 15アップデートで消えたiPhoneデータを復元する方法をご紹介します。

iPhoneのアップグレード後にデータが消えるさまざまな状況

新機能が追加されたり、セキュリティが向上したりと魅力が多いiPhoneのアップグレードですが、エラーが発生するというリスクもあります。

iOS 15アップデートのエラーにより想定される状況

  • 写真アプリから「写真」や「アルバム」が消える

  • 全部または一部の写真だけがiPhoneから消滅する

  • 連絡先の情報が無くなっている

  • iPhone内のメッセージが消失している

iPhoneのアップグレードで消えたデータを復元する方法

iPhoneのアップデートで消えてしまったデータを復元する方法を3つご紹介します。

  • iCloudデータをiPhoneに同期する

  • iTunesのバックアップからデータを復元する

  • iPhoneデータ復元ソフト「UltData」でデータを復元

iCloudデータをiPhoneに同期する

まずは、iPhoneデータの復元をiCloudデータから行う方法です。iPhoneの操作のみでiCloudデータを同期できるため、パソコンがない時にオススメの方法です。iCloudへのサインインに必要なApple IDとパスワードがわからないと利用できないので注意しましょう。

  • 「Safari」をタップして、iCloudを検索します。

  • iCloudにサインインをしましょう。

  • iPhoneに同期するデータを選び、ダウンロードしていきます。

  • 復元したい写真を選択>ダウンロードボタンをタップと操作します。

  • iCloudデータをiPhoneに同期する

iTunesのバックアップからデータを復元する

次は、iPhoneデータの復元をiTunesのバックアップから行う方法です。パソコンとiTunesが必要となります。それでは、操作方法を見ていきましょう。

  • 「iTunesの自動同期」をオフにした後、USBケーブルでパソコンとiPhoneを接続します。

  • 画面左上に表示されるiPhone型アイコンをクリックします。

  • 「概要」>「バックアップを復元」を押すと、最新のバックアップファイルが復元されます。

  • 復元後、iPhoneのデータを確認しましょう。

  • バックアップを復元

iPhoneデータ復元ソフト「UltData」でデータを復元

最後は、iPhoneデータ復元ソフト「Tenorshare UltData-iOS」を使ってiPhoneにデータを復元する方法です。iPhone本体から直接データを復元するため、iCloudやiTunesなどのバックアップデータは必要としません。バックアップがない状態でiPhoneのデータが消えてしまった時にオススメの復元ソフトです。

  • パソコンで「UltData」を起動して「iOSデバイスから復元」をクリックします。

  • UltDataを起動
  • 復元したい内容を選択して「スキャン」を押しましょう。

  • スキャンを押す
  • 復元したいデータを選んだら「PCに復元」をクリックします。

  • データを復元

まとめ

iOS 15へのアップデートで消えたiPhoneデータを復元する方法を3つ紹介しました。iCloudやiTunesでは復元データを選ぶことは出来ませんが、iPhoneデータ復元ソフト「UltData」を使うと復元したいデータだけを選んで復元可能です。また、ソフトと聞くと操作が難しいイメージがあるかもしれませんが「UltData」はパソコンが苦手な人でもスムーズに利用できると定評があります。

関連記事: iPhone バックアップを確認する方法まとめ

  最終更新日 2021-09-24 / カテゴリ  iOS 15

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください