iOS15にアップデートしたら、iPhone連絡先が消える場合の対処法!

2021年秋から正式にリリースされたiOS15。新機能や変更点も盛りだくさんで期待が高まりますが、みなさまお察しの通り、「アップデートあとの不具合」今回のiOS15でも少しずつ、ネット上に不具合の報告が散見されています。 本記事ではアップデートしたら連絡先が消えてしまった!という方のための連絡先の復元方法と、再発防止策についてご紹介します。

iOS15にアップデートしたら、連絡先が消える原因

主な原因としては

  • iCloudから使用しているiOSデバイスが勝手にログアウトされる

  • iOSデバイスが正常に再起動できず連絡先がダウンロードできない

  • iCloudとの同期がうまくいかず、連絡先が同期されない

  • インターネット接続ファームウェア、デバイスに問題があり同期されない

などの原因が考えられるようです。

iPhone連絡先を復元する対処法

iTunesから連絡先を復元

  • まずパソコンからiTunes を起動しライトニングケーブルでiPhoneを接続します

  • 「iPhoneマーク」をクリック、メニューから「情報」をクリックします

  • 「情報」をクリック
  • 連絡先の同期先を有効にして「適用」をクリックします

  • 「適用」をクリック

iCloudから連絡先を復元

  • iCloud.comへサインインし、「Apple ID」「パスワード」を入力します

  • 「アカウント設定」をクリックします

  • 「アカウント設定」をクリック
  • 画面左下、「詳細設定」の「連絡先の復元」をクリックします

  • 「連絡先の復元」をクリック

復元アプリを通じてiPhone連絡先を復元

連絡先の復元には専用のソフトを使うのも非常にカンタンでおすすめです。ここでは「Tenorshare UltData-iOS」をご紹介します。

  • iPhoneを接続し、「iOSデバイスから復元」をクリックします

  • UltDataを起動
  • 次に、「連絡先」にチェックボックスを入れて「スキャン」をクリックします

  • スキャンを押す
  • スキャン完了後、連絡先にチェックを入れ「PCに復元」をクリックします

  • データを復元

iPhone連絡先が消える再発防止策

もし連絡先が消えてしまっても、事前にバックアップがあれば安心です。アップデート前には必ずバックアップがあるかどうか確認しましょう。ここではバックアップの作成方法についてご紹介します。

  • 定期的にiCloudに連絡先をバックアップ

  • 定期的に連絡先をパソコンにアップロード

定期的にiCloudに連絡先をバックアップ

  • iPhone「設定」をタップします

  • 「Apple IDアカウント」→「iCloud」をタップします

  • iCloudを使う
  • 「iCloudバックアップ」をタップします

  • 「今すぐバックアップを作成」をタップします

  • 「今すぐバックアップを作成」をタップ

これで、iCloudストレージないにバックアップが作成されます。また、iCloudバックアップをオンにしていれば自動でストレージ内にバックアップを作成してくれるのでおすすめですよ。

定期的に連絡先をパソコンにアップロード

  • iPhoneとパソコンをライトニングケーブルで接続

  • iTunesを開いて、iPhoneのマークをクリック

  • 「バックアップ」項目にある「iCloud」「このコンピュータ」「手動でバックアップ」のいずれかお好きな方法を選択します。

  • iCloudを使う

まとめ

いかがでしたか?今回に限らず,アップデートには不具合が付きものです。なので、アップデート前にはバックアップを忘れずに取っておきましょう。また、万が一大切なデータが消えてしまった場合は、データ復元の専用ツール「Ultdata」を使うとより安心ですよ。では、よりよいiPhoneライフをお楽しみください。

関連記事: 【最新情報】iOS 15のアップデート不具合と対処法

  最終更新日 2021-09-28 / カテゴリ  iOS 15

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください