iOS 12にアップデートする前に必ずやるべきこと

iPhoneやiPad、iPodを利用している人には待望のiOS 12が発表されました。そこで気になるのは、対応機種はなんなのかという点でしょう。iOS 12はデバイスのパフォーマンス向上や安定性の改善をち重視し、ベータ版のバグも少ないようで、iOS 12にアップデートして新機能や改善点を体験したい方が多いと思います。そこでiOS 12に対応する機種やアップデートする前に確認すべきこと、やるべきことを紹介していきます。

iOS 12にアップデートする前に確認すべき6つのこと

iOS 12アップデート前に対応機種を確認する

iOS 12の対応機種ではない場合、アップデートしたらデバイスが正常に動作できなくなりますますので、まずはiOS 12に対応する端末を確認しましょう。基本としてiOS 11に対応している機種はiOS12に対応しています。つまり、iPhoneが「iPhone 5s」以降、iPadが「iPad mini 2」以降、iPodが「iPod touch(第6世代)」などのモデルで利用できます。具体的には 下表をご参照ください。

iPhone iPad iPod touch
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 7インチiPad Pro
  • iPad Air 2
  • iPad Air
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad mini 4
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2
  • iPod touch(第6世代)

ちなみに、iPhone 5sまたはiPad mini 2などの古い端末の場合、iOS 12にアップデートすることができますが、デバイス自体の原因でアップデートした後動作が不安定になったり、バッテリーの消費が激しくなったりする場合もありますので、ご注意ください。

iOS 12アップデートする前にデバイスの空き容量を確認する

iOS 12のアップデートをする前の準備として空き容量があるのか必ず確認してください。十分な容量が確保できていなければ、インストール途中に失敗するリスクが高くなります。iPhone/iPadの「設定」アプリを開き、「一般」→「iPhone/iPadストレージ」の順に進めば、ストレージの利用状況が確認できます。

iPhoneの空き容量を確認

iOS 12へのアップデートに十分な時間を確保する

iOS 12にアップデートする準備としては十分な時間を確保しておく点も重要です。通常、iOSのアップデートには約20分~数時間の時間が必要です。更新途中にiPhoneやiPad/iPodを使用することはできません。そして万が一何何らかの原因でエラーが発生したらデバイスの復元にさらに時間がかかりますので、iOS 12へのアップデートを行う際に、十分な時間を確保したほうがいいでしょう。

ネットワークの状態とバッテリーを確認する

ネットワークの接続が不安定の場合、ファームウェアのダウンロード時間が長くなり、途中でフリーズして進めなくなることがあります。特にiOS 12をインストール中に電源が落ちてしまうとデバイスが文鎮化またはリンゴループに陥ってしまい、初期化しなければならない状態になる可能性が高いです。このようなトラブルを避けるため、iOS 12へのアップデートに安定したネット環境と十分な電源を確保しましょう。

iOS 12アップデート前にiPhone/iPadをバックアップする

iOS12へのアップデートに失敗、またはiOS 12にアップデート後何か不具合が生じた時に、iPhone/iPadのバックアップがあれば、デバイスを以前の状態に戻せるのが可能です。iOSデバイス上のデータが失われないよう、iOS 12をインストールする前に、お使いのiPhone/iPad/iPod touchをバックアップを取っておきましょう。iOSデバイスをバックアップするには、通常3つの方法があります。

方法1:iCloudでバックアップする

Wi-Fiと接続してiCloud経由でアイフォンをバックアップすることができます。デバイスで「設定」→「「ユーザ名」→「iCloud」→「iCloudバックアップ」をオンにして、「今すぐバックアップを作成」をタップすればOKです。

iCloudでバックアップ

方法2:iTunesでバックアップする

iTunesでデバイスをバックアップするのもkよく使われる方法です。まずはUSBケーブルでiOSデバイスをパソコンに接続してiTunesを起動します。そして左上のiPhoneアイコンボをクリックして管理画面に入り、「概要」で「今すぐバックアップ」をクリックします。

iTunesでiPhoneをバックアップ

方法3:Tenorshare iCareFoneでバックアップする

iCloudが容量不足でバックアップできない、またiTunesではうまく同期できない場合はどうすればいいでしょう?ここで、バックアップに最適なiTunes/iCloud代替ツールがあります。iOS デバイス向けファイルマネージャー『Tenorshare iCareFone』を利用することにより、iPhoneやiPad上のデータを簡単にバックアップすることができます。

公式ツールの制限を受けることがなく、ファイルの選択が自由で、バックアップを作成した後パソコンで中身を確認することもできます。それでは、iCareFoneを下記よりインストールして、iPhoneをバックアップする手順を確認していきましょう。

ステップ1:Tenorshare iCareFoneをインストールして実行します。そして、USBケーブルでiPhone X/8/7/6s/6/SE/5sをパソコンにと接続します。

iPhoneをパソコンに接続

ステップ2:「バックアップ&復元」を選択して、バックアップしたいデータの種類にチェックを入れて、「バックアップ」を開始します。

iPhoneをバックアップする

ステップ3:データのコピーに少し時間がかかりますので、処理が完了するまでしばらくお待ちください。

iPhoneをPCでバックアップする

バックアップが完了後、パソコンで作成したバックアップが自動的に開きますので、フォルダーの中身を確認しましょう。

iOS 12へのアップデート手順を確認する

iOS 12にアップデートする手順従来と同じく、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」をタップして、ダウンロード可能なファームウェアがあるとインストールを実行すればOKですが、念のため、アップデートする前にネットで検索してその手順が変わったところがあるか確認したほうがいいでしょう。

最後に

iOS 12のアップデートを行う前にすべきことは以上となります。アップデート中のトラブルやエラーを回避するため、上記事項をしっかりと確認したうえ、デバイスのバックアップをきちんと取ってからiOS 12へのアップデートを行いましょう。iCareFoneを使えば、初心者の方でもiPhoneを安全かつ効率的にバックアップすることができますので、ぜひお試しください。

  最終更新日 2020-02-13 / カテゴリ  iOS 12について

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 votes, average: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください