iPhoneデータ復元・活用術

iPhoneの音楽をパソコンに取り込む方法まとめ

iPhoneの音楽をパソコンに取り込む方法は、iTunesの利用、音楽転送ソフトの使用など多様にあります。そのため、どの手段を取るべきか迷われる方も非常に多いでしょう。そこでこの記事ではiPhoneの音楽をWindowsのパソコンに取り込む方法について、iTunesとおススメの音楽転送ソフトを中心にまとめています。

無料な方法:iTunesでiPhoneの音楽をPCに同期する

Appleが提供する無料の音楽プレーヤーソフトであるiTunesを利用して、iPhoneの音楽をパソコンに取り込むことが出来ます。パソコンにiTunesがインストールされていない場合は、事前にインストールします。それでは、iTunesでiPhoneの音楽をパソコンに同期する方法を見ていきましょう。

  • iTunes を起動して、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

  • 「ファイル」から「デバイス」を選択して「購入した項目転送」をクリックすると転送が開始されます。

    iphoneの音楽をパソコンに取り込む
  • 画面上部にAppleマークが表示されたら転送完了です。

  • 画面左上のプルダウンから「ミュージック」を選ぶと転送された音楽を確認できます。

専門的な方法:iTunesの代わりに、専門的なiPhone音楽転送ソフトを利用する

iTunesは無料で使えますが、操作がわかりにくい、音楽転送の機能に柔軟性が無いなどの欠点もあります。iPhone専門の音楽転送ソフトは、iTunesと比較するとより使いやすく高い機能を有するものが多いため快適にiPhoneの音楽をパソコンに取り込むことが可能でしょう。

1、iPhone音楽転送ソフト「Tenorshare iCareFone」を利用する【Mac/Windows対応】

iPhone音楽転送ソフトTenorshare iCareFoneは、見やすい操作画面と少ない操作手順で初心者も使いやすい大変オススメのソフトです。iPhoneのファイルマネージャーとしても設計されており、音楽以外に連絡先やメッセージ、写真、動画、アプリケーションなどに対応しています。

さらに、データ転送機能以外に無料のバックアップ機能、双方向の高速転送機能、重複統合機能など役立つサポートがあるため大変重宝すること間違いありません。Mac/Windowsに対応し、最新のiOS 16とiPhone14シリーズをサポートしています。

  • iPhoneをUSBケーブルでパソコンに繋いでからiCareFoneを起動します。

    iPhone 音楽 パソコンに取り込む
  • Windowsパソコンに移動したい曲をチェックに入れ、「エクスポート」をクリックして、「PCにエクスポート」を選択します。

    iPhone 音楽をパソコンにエクスポート
  • 音楽の保存先を指定して、「OK」ボタンをクリックします。

    iPhone 曲をパソコンに転送
  • 詳細は下記のYoutubeの動画をご参考にしてください。

    追加:iCareFoneを通じてiPhoneの音楽をiTunesに一括転送し、PCに保存する

    • Tenorshare iCareFoneはiPhoneとiTunes間でメディアデータを一括転送することができます。それだけではなく、重複した楽曲を自動削除してくれる機能に加え、管理にもお使い頂けるアプリですので、是非一度お試しくださいね!

      iOSデバイスメディアをiTunesに一括転送 - iCareFoneのガイド
    • iTunesに転送したいメディア項目にチェックを入れて、「転送」をクリックします。

      iTunesに転送するデータを選択 - iCareFoneのガイド
    • しばらくすると、選択したiPhoneのメディアデータがiTunesに転送されます。

      iPhone メディア転送完了 - iCareFoneのガイド

    2、FoneTrans - iOS データ転送ツールを使って、PCに音楽を転送する

    Mac/Windows対応のFoneTransは、音楽、写真などのデータ転送が出来ます。音楽の転送に関しては、重複統合機能は付いていませんが、同じ曲を転送する際にメッセージが表示されます。

    • パソコンにFoneTransをダウンロードしてインストールします。

    • FoneTransを起動してiPhoneをパソコンに接続し「音楽」を選択します。

    • 「音楽」から転送したい曲にチェックを入れて「パソコンにエクスポート」をクリックします。

      FoneTrans

    3、CopyTransを使ってiPhoneの音楽をパソコンへ転送する

    iPhoneの音楽をパソコンまたはiTunesに取り込む機能を持つCopyTransは、Windows版のみの対応となります。音楽以外に動画、ボイスメモ、着信音などのデータ転送をサポートしています。

    特徴はiTunesに転送する際にプレイリストやレート、再生回数などのメタデータも共に転送し、重複統合機能も付いている点でしょう。

    • パソコンにCopyTransをダウンロードしてインストールします。

    • CopyTransを起動してからUSBケーブルでiPhoneをパソコンに接続し「フォルダ」を選択します。

    • 「マニュアルバックアップ」を選択してからiPhoneからパソコンに取り込む曲にチェックを入れて「フォルダ」をクリックします。

      CopyTrans

    4、AnyTransを通じて、iPhoneからPCに音楽を取り込む

    AnyTransはアイコンが多く使われたインターフェイスで直感的に操作できるソフトです。Mac/Windowsに対応しており、iPhoneとパソコン間で音楽や動画、写真などを転送する機能が付いています。

    AnyTransはiPhoneから音楽を取り込んでパソコンに転送する際、保存先の選択ができません。そのため、音楽をダウンロードした時点で保存先を分けて整理できないのが難点でしょう。

    • パソコンにAnyTransをダウンロードしてインストールします。

    • AnyTransを起動してからUSBケーブルでiPhoneをパソコンに接続し「ミュージック」を選択します。

    • 転送する曲を選択して「パソコンにエクスポート」をクリックします。

      AnyTrans

    5、ApowerManagerを利用して、iOSデータを簡単に管理する

    iPhoneとAndroidの音楽、写真、動画、連絡先、メッセージなどのデータをパソコンに転送して管理できるApowerManagerは、Mac/Windowsに対応しています。データ転送以外に、バックアップ機能、ミラーリング機能が付いています。

    ApowerManagerにiPhoneを接続した際に、iPhoneを認識する条件としてiTunesのインストールがあるため、ApowerManagerを使う際は事前にiTunesもインストールしましょう。

    • パソコンにApowerManagerをダウンロードしてインストールします。

    • ApowerManagerを起動してiPhoneと繋げて「管理」から「音楽」を選択します。

    • パソコンに転送する曲を選択して「エクスポート」をクリックします。

      ApowerManager

まとめ

Windowsで出来るiPhoneの音楽をパソコンに取り込む方法を見てきました。今回はオススメの音楽転送ソフトを含め5つをご紹介しています。音楽転送ソフトは種類が多く、そのソフトを使おうか迷うことも多々あるでしょう。iPhoneの音楽転送ソフト機能を持つTenorshare iCareFoneは非常に使いやすいソフトで、楽にiPhoneから音楽をパソコンに取り込むことが出来ます。さらに、iPhoneデータ管理の機能も付いているためiPhoneユーザーに最適です。

iPhoneデータ転送に最適・iOS 18ベータ対応
  • 無料でiPhone/iPad/iPodで必要なデータを一括バックアップ、選択したデータだけもバックアップ可能
  • iTunesを使わずにiOSデバイスとPC/Macの間で音楽、写真、ビデオ、連絡先、SMSを無制限に転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • 現在のデータを消去せずにファイルを選択的に復元可能
  • 複数の画像をHEICからJPGに数秒で変換可能

  最終更新日 2023-10-27 / カテゴリ  iPhone音楽

(クリックしてこの記事へコメント)

(14 票、平均: 2.3 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください