iOS 17活用法

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【iOS17.5】容量あるのにiPhone・iPadがアップデートできない?対処法と原因

早速、iPhone/iPadをiOS17.5にアップデートするユーザーも多いと思います。ですが、新しいiOS17.5がリリースされた後はアップデートに関するトラブルが増える時期と言えるかもしれません。iPhoneがアップデートできない、容量あるのになぜだろう?という方のために今回は、iPhone/iPadの容量があるのにiOS17.5にアップデートできない原因と対処法をご紹介します。

Part 1、iPhone・iPadをアップデートするにはストレージはどのくらい必要ですか?

iPhone・iPadをアップデートするにはストレージにiOS17.5と同じ容量の空きが必要です。また、iOS17.5のアップデート作業の際に一時ファイルが作成されるため一時ファイル分の容量もなければアップデートできません。今回のようなメジャーアップデートで必要なストレージは2GB~数GBと言われています。

参考:iOS17.5 1.05GB

Part 2、容量あるのにiPhoneがアップデートできないのはなぜですか?

iPhone/iPadのアップデートができない、容量はあるのになぜという時は次の項目を確認してみてください。

  • 原因1、iPhoneストレージ容量不足
  • 原因2、最新のiOSバージョンに対応していない
  • 原因3、Wi-Fi ネットワーク接続が利用できない
  • 原因4、一時的なiOSアップデートエラーが起きた
  • 原因5、Apple サーバーが混雑している

Part 3、容量あるのにiPhone・iPadがアップデートできないときの対処法

容量あるのにiPhone・iPadがiOS17.5にアップデートできない時の対処法を見てきましょう。

対処1、最新iOS17.5と互換性のあるデバイスを確認する

容量あるのにiPhone/iPadがアップデートできない時はお使いのiPhone/iPadがiOS17.5に対応機種であるか確認してみてください。iOS17.5ではiOS16サポート機種の中からいくつかのモデルが対象外になっています。iOS16を使用できるすべての機種がiOS17.5にアップデートできるわけではありません。

iPhone iOS17 対応機種

対処2、ストレージの空き容量を確認する

iOS17.5のファイル分のストレージだけを準備していてもアップデート作業の際に作成される一時ファイルを保存するスペースがないためアップデートできない状態になります。

iPhone/iPadのストレージにiOS17.5のファイル容量よりも多めに空き容量があるか確認してみましょう。

  • Step1: 「設定」から「一般」をタップします。

  • Step2: 「iPhoneストレージ」を選択します。

  • Step3: 空き容量をチェックします。

iPhone ストレージ 容量 確認

対処3、iTunesに接続して、最新iOSバージョンにアップデートする

iPhone/iPadをパソコンに接続してiOS17.5にアップデートする場合、アップデート関連の作業はパソコンの容量を使ってできるため、アップデートに必要なiPhone/iPadの空き容量が少なくなります。ここでは、iTunesに接続して、最新iOSバージョンにアップデートする方法をご紹介します。

  • Step1: iPhoneをパソコンに接続してiTunesを起動します。

  • Step2: スマホアイコンをクリックします。

  • Step3: 「概要」タブから「アップデート」をクリックします。

iPhone アップデート iOS17 iTunes

対処4、専門ソフトを使って、PCでiPhone・iPadをiOS17.5にアップデートする

iTunesからアップデートできなかった、不具合が心配でiTunesを利用したくないという時は専門ソフトReiBootを使ってiPhone・iPadをiOS17.5にアップデートする方法もあります。Tenorshare ReiBootはiPhone・iPadのアップデート、システム不具合の解消、完全リセットなどiOSデバイスに特化した機能を有する専門ソフトです。

  • ReiBootをパソコンにダウンロードしてインストールします。起動するとメニュー画面が表示されるので「iOS アップデート/ダウングレード」をクリックします。

    最新 iOS アップデート
  • 最新のiOSバージョンにアップグレードしたい場合は、「アップデート」をクリックします。

    iOS アップデートを選択
  • ファームウェアバージョンと保存先を確認して「ダウンロード」をクリックします。

    ファームウェアをダウンロード
  • 「アップデートの開始」をクリックして、iPhoneはすぐに最新のiOSソフトウェアにアップグレードされます。 iOSアップデート開始

対処5、iPhoneストレージから不要なファイルを削除する

iPhone/iPadでアップデートできないからストレージを確認したらiOS17.5ファイル分の容量はあるのに、アップデート関連で作成される一時ファイルを保存する分はなかったという時は不要なアプリなどを削除しましょう。

  • Step1: 「設定」から「一般」をタップします。

  • Step2: 「iPhoneストレージ」を選択します。

  • Step3: 削除するアプリをタップします。

  • Step4: 「APPを削除」をタップします。

iPhone 不要なファイル 削除

対処6、iPhone・iPadのSafariからキャッシュをクリアする

iPhone・iPadのSafariでは、一時的にデータを保存するキャッシュを採用していますので、キャッシュをクリアすることでも容量を確保できます。

  • Step1: 「設定」から「Safari」を選択します。

  • Step2: 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。

Safari キャッシュ クリア

対処7、iPhone・iPadを再起動する

一時的なエラーによって容量あるのにアップデートできない不具合が起きているのであれば、iPhone・iPadを再起動してから再度iOS17.5にアップデートすると正常に完了できるケースがあります。

対処8、時間を置いてから再度試すまたはAppleのサポートに問い合わせる

iOS17.5がリリースされた直後は数多くのユーザーがiPhone/iPadのアップデートを試みるため、Appleサーバーが混雑します。Appleサーバーが混雑すると時間がかかる、接続できずにエラーが発生する場合があります。

Appleサーバーが混雑しているのであれば、時間をおいてからiPhone/iPadをiOS17.5にアップデートしてみてください。iPhone/iPadをアップデートできない問題が解決できない時はAppleのサポートに問い合わせてみるのもいいでしょう。

Part 4、iPhoneがアップデートできない問題に関する質問

iPhoneがアップデートできない問題に関するご質問を紹介していきます。

質問1、iPadの容量がなくてアップデートできないのはなぜですか?

iOSのアップデートではiOSファイル分の空き容量だけではアップデートできません。アップデート作業の際に作成される一時ファイルを保存するスペースが必要になります。

質問2、ストレージの容量が足りなくなったら何を消せばいいですか?

iPhone/iPadのストレージ容量が不足したら不要なアプリ、写真や動画、ファイルなど削除できるデータを消去してみてください。ゴミ箱に保管されているデータがある場合は、ゴミ箱を空にする方法も効果的です。

まとめ

iPhone/iPadでアップデートできない、容量あるのになぜだろうという時の原因と対処法をご紹介しました。iOSのアップデートではアップデート作業時に一時ファイルが作成されるため、iOS17.5ファイル分の空き容量だけではアップデートできないケースがほとんどです。iTunesや専門ソフトを使ってパソコンからiPhone/iPadをアップデートすると必要な空き容量を抑えられます。専門ソフトReiBootはガイドが表示されるため最も分かりやすいアップデート方法のひとつです。

関連記事: 【随時更新】iOS17アップデートの不具合と改善方法まとめ

データを失わずにiPhoneフリーズ不具合を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでiPhoneのリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • すべてのiPhone・iPad、最新のiOS 17とiPadOS 17に対応