iOS 17活用法

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【解決済み】iPhoneの充電が遅いの原因と対処法を紹介する

「iPhoneの充電が遅いとき、その対処法は複数あり解決済みである」 こんなことが言われています。とはいえ、iPhoneの充電が遅い原因が分からない、iPhoneの充電が遅いとき、その対処法はどうしたらいい? そこでこの記事ではiPhoneの充電が遅い原因とその対処法について、 重要なポイントだけ紹介していきます。 3分くらいで読めますし、ぜひご一読を!

Part 1、iPhoneの充電が遅い原因はなんですか?

原因1、電源出力の供給不足

電気の出力(W数)がはiPhoneの充電速度に大きく関係しています。電気の出力(W数)が大きい程充電スピードが早くなるのです。そのため、出力が弱いアダプタやケーブルで充電すると充電時間が遅くなります。 また、パソコンにUSBケーブルを繋いで充電すると充電スピードが遅くなるときがあるのです。コンセントから直接充電するより電気の出力が弱くなります。 さらに複数ポートがある充電器では、ポートごとに最大W数が決まっていることもあるので、充電が遅くなる場合があるので注意してください。

原因2、充電器やケーブルの不具合

長期間使用したケーブルや充電器は経年劣化している場合があります。USBケーブルは想像以上に繊細で意外とすぐに断線することも多いです。iPhoneを充電するときに挿すUSBケーブルの根元部分を確認してみましょう。 充電器が故障していてもiPhoneの充電が遅くなるときがあります。充電器もチェックしましょう。

原因3、急激な気温の変化による影響

iPhoneの充電が遅いのは、端末が気温の影響を受けている可能性もあります。 iPhoneのバッテリーはリチウムイオン電池を使用しているのです。リチウムイオン電池は従来のバッテリーより一段と早く充電できて長持ちですが、周辺の気温に影響を受けるという特徴があります。 リチウムイオン電池は周辺の気温が低いと電池のパフォーマンスが劣化し、逆に気温が高い場合はバッテリーが劣化しやすくなるのです。季節の変わり目など急激な気温の変化による影響でバッテリーが影響を受けて、iPhoneの充電に時間がかかっている場合があります。

原因4、充電中にアプリを起動する

iPhoneに限らずスマホは過度に熱を帯びると、内部機器に影響を及ぼします。最悪の場合はスマホ本体が爆発することもありえるのです。このような自体を避けるために、iPhoneも含むスマホは熱が上がりすぎないようにする安全機能が付いています。その一つが充電停止です。 ゲームなどの負荷の大きいアプリをプレイしながら充電すると、熱を帯びやすく、ひいては充電停止でなかなか充電できないという状況が起こるので注意しましょう。 またバッググラウンドでアプリが動いている場合は充電よりも起動中のアプリを優先して電力を供給してしまうので、iPhoneの充電が遅くなる場合があります。充電中にアプリを起動すると充電時間が遅くなるだけでなく、熱量が高まりiPhoneの劣化に繋がります。

原因5、バッテリーが劣化している

iPhoneの使用年数が長くなると、当然バッテリーも経年劣化します。iPhoneの充電が遅いのは、バッテリーが劣化している場合があります。

原因6、iPhone本体に問題がある

iPhone本体の問題により、充電が遅くなっている可能性もあります。 例えば端子が汚れていたり、水没や落下などによって、バッテリーに関わる機能がダメージを受けていたりすると充電スピードに影響を及ぼしかねません。 充電方法や環境を変えていないのに、突然充電速度が大幅に遅くなったら、iPhone本体に問題がないか疑ってみましょう。

原因7、iPhoneがウイルスに感染している

充電ケーブルやスマホを買い換えたばかりなのに、スマホの充電速度が遅い場合は、ウイルスに感染している可能性も考えられます。 普段から、「怪しいサイトにアクセスしない」「公式ストア以外からアプリをインストールしない」など対策が必要です。

Part 2、iPhoneの充電が遅いときの対処法を紹介する

対処1、適温範囲で充電する

原因3のようにiPhoneに内蔵のリチウムイオン電池は周辺の気温が低いと電池のパフォーマンスが劣化し、逆に気温が高い場合はバッテリーが劣化しやすくなるのです。室内の気温を適温の範囲に設定して充電しましょう。

対処2、不要なアプリを終了する

iPhoneの充電を早くしたければ、充電中には全てのアプリを閉じておくことが有効です。バックグラウンドでアプリなどが動いている場合には、充電速度を遅くしている可能性があるため、全てのタスクを閉じた状態で充電するようにしましょう。 しかしアプリによっては起動したままにしたいものもありますよね? できる限り不要なアプリを終了して、iPhoneの充電速度を上げましょう。

対処3、iPhoneの電源を切って充電する

最も速くスマホを充電するには、電源を切った状態で充電を行うのが一番です。 実は、iPhoneを起動している間は、ディスプレイや操作などで少なからず電力を消費しています。iPhoneの電源を切れば、電力の消費を抑えられるので充電スピードを上げられるのです。例えば、時間がない中でiPhoneの充電を行わなければいけない時などに役立つでしょう。

対処4、充電ケーブルを取り替えてみる

原因2のようにケーブルが断線していたり、充電器が故障していることでiPhoneの充電が遅くなっていることがあります。この場合、対象方法は簡単で充電ケーブルや充電器を変えることで劇的にiPhoneの充電が早くなるのです。

対処5、低電力モードにする

低電力モードに変えて充電スピードを上げる方法もあります。低電力モードは、消費電力を抑えるために一部機能を使用できなくすることです。電源を切ったり機内モードに変更したりすれば電力を抑えられますが、一方で通信ができなくなります。このような場合に役立つのが、低電力モードです。消費電力を抑えられるので、充電速度を上げられます。

  • Step1: 「設定」アプリをタップします。

  • Step2: 「バッテリー」を選択します。

  • Step3: 「低電力モード」をオンにします。

  • Step4: 出現したダイアログの「続ける」をタップします。これで低電力モードの設定が完了しました。

  • iPhoneを復元

対処6、機内モードに設定する

機内モードに設定を変更することで、充電スピードを上げる方法もあります。機内モードとは、通信機能を無効にできる機能です。機内モードを有効にするとiPhoneの電源は入っているものの、通信のやりとりがされない状態になります。メールなども受送信しなくなるので、iPhoneが通信する際に消費する電力を抑えられるのです。結果的に充電スピードを上げられます。

  • Step1: 下にスワイプして「コントロールセンター」を開きます。

  • Step2: 飛行機のマークの「機内モード」ボタンをタップします。これで機内モードを設定できました。

  • iPhoneを復元

対処7、iPhoneを強制再起動する

iPhoneの動作が不安定になっている場合も充電が遅くなります。iPhoneの動作が不安定になっている場合、端末を強制再起動することで、不具合を改善できることがあるのです。

  • Step1: 音量を上げるボタンを押してから素早く放します。

  • Step2: 音量を下げるボタンを押してから素早く放します。

  • Step3: サイドボタンを押さえたままにします。

  • Step4: Appleロゴが表示されたら、サイドボタンを放します。

  • ネットワーク設定 リセット

対処7、バッテリーを交換する

バッテリーの差大容量が80%を下回るとバッテリーの寿命といわれてます。 iPhoneは、AppleCare+に加入していて、バッテリーの状態が80%未満の場合にバッテリーの無償交換が可能です。AppleCare+に加入していないとしても、交換は可能なので一度Appleの公式サイト「iPhone のバッテリーサービス」から費用を確認してみましょう。 バッテリーの交換はiPhoneならApple Store、Appleの正規サービスプロバイダー(大手家電量販店など)、Appleリペアセンター(郵送)で対応してもらえます。 コストを抑えたいのであれば、非正規店に依頼するのも手です。ただし、非正規なので修理するのに サードパーティ製の製品を使ったり、場合によってはサービスに満足できないこともあります。不具合が起きたらすぐ対応してくれるというメリットもありますね。

Part 3、【自力かつ簡単】ReiBootを使って、iPhone充電が遅い問題を修復する

上記でiPhoneの充電が遅い問題について解決策を紹介してきました。 しかし、iPhone本体に問題があったり、 iOSの不具合によってトラブルが起きている場合はiOS不具合修復ソフトReibootを使用して解決できます。 ReiBootはシンプルでわかりやすい画面に専門用語を使わず理解しやすいガイドが表示される使いやすいiOS不具合修復ソフトです。iPhoneのデータを失うことなく不具合を修復できる機能が備わっており、数多くの不具合を直してきた実績を持ちますのでiPhoneの機能が損傷するなどの心配は必要ありません。

  • ReiBootを起動してiPhoneを接続したら「開始」をクリックします。

    開始をクリック
  • 「普通モード」を選択します。

    普通モードをクリック
  • 「ダウンロード」をクリックしてファームウェアを読み込みます。

    ダウンロード クリックします
  • 「普通モードで修復開始」をクリックします。

    普通モードを開始

まとめ

iPhoneの充電が遅い原因と対処法がお分かりいただけたでしょう。 しかしiOSのトラブルがあったり、iPhoneがウイルスに感染していて困ることもあります。 そんな時はReibootを使えばiPhoneのデータを失うことなく不具合を修復できるのです。ReiBootは初心者でも使いやすいiOS不具合修復ソフトです。ぜひトラブルで充電が遅くなる前に、このソフトをゲットしましょう。

関連記事: 絶対治る?iPhoneが起動しない・画面が真っ暗になる原因と直し方を紹介する

データを失わずにiPhoneフリーズ不具合を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでiPhoneのリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • すべてのiPhone・iPad、最新のiOS 18 BetaとiPadOS 18 Betaに対応