iPhoneデータ管理

iOS10にアップデートして、iPhoneの動作が遅くなる場合の原因と解決対策

iOS10が発行して、iPhone 6s最新iOSへアップデートして、なんとなく動きが遅く・重くなります。その困りがありませんか?まずはその原因を探して、次はアイフォンを軽くする解決対策を提供します。

以下は普通ユーザーの携帯が重い症状です。

  • iOS10でiPhoneのメールアプリで受信メールを開こうとすると、メールアプリが強制終了します。
  • iPhone 6sが iOS10へ更新して、メッセージが開きません。
  • アプリの動作速度が低下になります。
  • iPhone 6sがiOS10最新へ、急にモバイルデータ通信、Wi-Fi通信の両方が出来なくなります。
  • iPhone 6sを再起動し、ずっとアプリの画面に入れません。
  • iOS 10のiPhone 6sはパスコードオプションが出なく英語が打ちません。
  • 突然、アイホンが同じ画面に固定して、動きできません。

その原因はなんでしょう?

1.アイフォンの反応が悪くなる原因

アイフォン最新iOSアップデートして、iPhoneの反応が悪くまります。

原因は以下ような可能性があります。

  • メモリの容量不足。隠したジャンクファイルや一時ファイルなどが多すぎる。
  • アプリは端末に自動的更新します。
  • 変動なネットワーク環境にシステムを更新し、iOSシステムが不具合になります。

その対応にして、そうすればいいですか?続いては、iPhone 6s最新iOS 10へアップデートして、携帯の反応が悪いに対処法を紹介します。

2.【iPhoneだけ必要、アプリ不要】ーiPhoneに軽くする方法

アプリ不要、iPhoneだけの使って、以下がセットアップして、アイホンが軽くになります。

視差効果を減らす

「設定」アプリから「一般」に入れる→アクセシビリティ→「視差効果を減らす」のスイッチを「オン」にする。

視差効果を減らす

透明度を下げる

手順は同じく、「設定」アプリから「一般」→アクセシビリティ→「コントラストを上げる」→「透明度を下げる」の「オン」にする。

透明度を下げる

Appのバックグラウンド更新にオフ

操作方法が簡単で、「設定」アプリから「一般」→「Appのバックグラウンド更新」と進み、更新が不要なアプリについて「オフ」にする。

Appのバックグラウンド更新にオフ

3.【Tenorshare iCareFone】- iPhone動きが遅いに解決方法

動作が軽くするアプリ『Tenorshare iCareFone』とは「Tenorshare」を開発されて、スマホン軽くできるソフトです。このソフトが使いやすくて、iPhone iPhone 11/x/8/7/6sの隠したジャンクファイルや一時ファイルなどが削除して、または、iOSシステムの修復ができて、深くに、iPhoneが遅く動かすのに解放します。

手順も簡単です。以下でご覧ください。

ステップ1、Tenorshare iCareFoneを起動して→USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続

PCにiPhoneを接続

ステップ2、「ファイル管理」を選択して、データの種類ごとに不要なファイルを削除して空き容量を作成してください。

iPhone ストレージを増やす

また、アイフォンの反応が悪いのがiOSシステムが不具合の原因で、「Tenorshare iCareFone」が本体のデータも保存するの基礎として、システム修復できます。

iOS10.3.1へアップデートして、システムが不具合場合に、修復して、携帯が反応悪いのを解消

そうすれば、iPhoneが軽くなります。

「iPhoneでけの使うの方法」を比べて、iPhone 7/6sの必要ないファイルなどが削除できではなくて、不具合のiOSシステムも修復できます。「クッリク」だけして、携帯が反応悪い問題を解決します。

最後に

最新iOSアップデートするアイフォンは動作が遅い・重い問題に、原因を探して、対応する解決対策を紹介して、日常生活に役に立つと思います。ここでも、「iOS 10アップデート後、消去したデータの復元方法」をおすすめします。ご参考になれば、何よりです。今日も最後読んで頂いてありがとうございます。

  最終更新日 2019-12-13 / カテゴリ  iOS 10について

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください