iPhone /iPad を iOS 11パブリックベータ版からiOS 10.3.2に戻る方法

APPLEが2017 年のWWDCでiOS 11パブリックベータ版をリリースされました。多くのユーザーが最新版iOS 11ベータ版をダンロードして、アップデートしました。

最新版の新機能を体験したい場合、「iOS 11ベータ版をアップデートする方法」を参考します。

iOS 11ベータ版ですが、アップデートして、不具合がある可能性があります。

  • リンゴループ
  • Appleストア日本語バージョンが使えなくなる
  • BluetoothやWiFiに接続できない
  • LINEやTwitterやゲームなどのアプリが起動できない、落ちる

以上の状態で、最適な解決方法をiOS 10.3.2に戻ります。

iPhone/iPad がiOS 11パブリックベータ版からiOS 10.3.2に戻る

iOS 11β版からiOS 10.3.2にダウングレードがiTunesを使って、できますです。でも、 iTunesが使いにくいですが、また、iPhoneの本体のデータを消します。

以下の方法で、データを消さないで、『Tenorshare ReiBoot』を利用して、iOS 11β版からiOS 10.3.2に戻ります。

それでは、下記よりTenorshare ReiBootをダウンロードして、インストールが完了したら、以下の手順に従って操作してください。

ステップ1:Tenorshare ReiBootをダウンロード、インストール→Tenorshare ReiBootを起動→iPhoneをパソコンに接続→「今すぐ修復」をタップ

「今すぐ修復」をタップ

ステップ2:「ダウンロード」をタップし、適切なファームウェアをダウンロードします。パソコンにファームウェアがダウンロードした場合、手動でファームウェアをインポートしてください。

ダウンロードする

ステップ3:ダウンロードした後、「修復開始」をタップし、すると、Tenorshare ReiBootは自動的にシステムを修復します。

修復完成

iPhone/iPad がiOS 11ベータ版にアップデートして、不具合を解決方法

iOS11ベータ5/4/3版にアップデートして、iPhone X/ 8/ 7/ 7 Plus/ SE/6/6 Plus/6s/6s Plus /5sがリンゴループ、画面が真っ黒になった、Bluetooth 、Wi-Fiに接続できないなどの問題を起こって、Tenorshare ReiBootを使っても、2歩で操作を試みてみよう!

まず、「リカバリーモードに入る」をクリックします。

そして、「リカバリーモードを解除」をタップ、完成します。

リカバリーモード

そうすると、iPhone 7/ 7 Plus/ SE/6/6 Plus/6s/6s Plus /5sが不具合を解決します。

最後に

iPhone /iPad が最新iOS11ベータ8/7/6/5版をアップデートして、不具合があっても、データを削除ないで、iOS 10.3.2に戻ります。また、iOS 11へアップデート後デバイスにリンゴループや文鎮化などのトラブルが発生した場合、「リンゴループ、リカバリーモードになったなど不具合を解消する方法」をご覧ください。ご参考になれば、何よりです。今日も最後読んで頂いてありがとうございます。

  最終更新日 2019-07-25 / カテゴリ  iOS 11について

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください