【iOS15 対応】脱獄なしでiPhoneの位置情報を偽装する方法

新しいOSバージョンは新機能が増えるなど嬉しい面もありますが、システム変更の影響で既存の操作ができなくなることもあります。今までなんらかの手段でiPhoneの位置情報を変更していたら、iOS15ではどの方法を選ぼうか悩む人もいるでしょう。そんなあなたに嬉しい情報です。iOS15で脱獄せずにiPhoneの位置情報を偽装する方法があるので紹介していきます。

脱獄なしでiPhone位置情報を偽造する方法

もう脱獄は不要です。iPhone位置情報を偽造する方法をお伝えします。

  • 脱獄せずに「iAnyGo」を使って、iPhoneの位置情報を偽造する

脱獄せずに「iAnyGo」を使って、iPhoneの位置情報を偽造する

世界中に利用者を抱えるTenorshareの製品であるTenorhare iAnyGoを使えば、脱獄せずにiPhoneの位置情報が偽造できます。さらに位置情報の偽装のみならず、利用履歴の記録やGPSジョイスティックなどの高度な機能が付いています。「iAnyGo」の使い方を確認していきましょう。

  • パソコンで「iAnyGo」を起動すると、位置情報の変更画面が表示されます。

  • ianygoで位置情報モードを変更する
  • 検索ボックスに転送したい住所を入力して「変更開始」を押します。現在地に戻したい場合は、右下に表示される「戻る」を押します。

  • ianygoの場所を選択

たったこれだけの操作で、iPhoneの位置情報が変更されました。画面がシンプルで見やすく難しい操作も必要としないので、誰でも利用できる位置偽装アプリです。

iPhoneの位置情報についてよくあるご質問

iPhoneの位置情報について、よく聞かれるご質問を紹介していきます。

  • 1. 位置情報を偽装するアプリを使った後、どのように元の位置情報を復元するのか?

  • 2. パソコンなしでiPhoneの位置情報を偽装する方法はありますか?

  • 3. 機能「iPhoneを探す」をオフにしないで位置情報を偽装する方法はありますか?

  • 4. iPhoneは位置情報の偽装をするために脱獄が必要なのか?

1. 位置情報を偽装するアプリを使った後、どのように元の位置情報を復元するのか?

位置情報の偽装を終えたい場合は、アプリを停止することで元の位置情報が表示されるようになります。また、iPhoneの再起動をすることでも元の位置情報が復元されます。

2. パソコンなしでiPhoneの位置情報を偽装する方法はありますか?

パソコンを使わずにiPhoneで位置情報を偽装する場合は、脱獄をして位置情報偽装のアプリを利用する必要があります。パソコンをお持ちであれば「iAnyGo」を使うと、脱獄せずにiPhoneの位置情報を変更可能です。

3. 機能「iPhoneを探す」をオフにしないで位置情報を偽装する方法はありますか?

「iAnyGo」は、全てのアプリに対して位置情報の変更をサポートしています。そのため、「iAnyGo」を利用すれば「iPhoneを探す」をオフにすることなく位置情報のみを偽装可能です。

4. iPhoneは位置情報の偽装をするために脱獄が必要なのか?

Appleストアでは、位置情報を偽装できるアプリがほとんど販売されていません。そのため、iPhoneの位置情報を偽装する際には脱獄して非公式のアプリ利用が一般的でした。しかし、「iAnyGo」を使えば脱獄せず安全に位置情報の偽装が可能です。

まとめ

脱獄なしでiPhoneの位置情報を偽装する方法をお伝えしました。位置情報アプリ「iAnyGo」ならiOS15へアップデート後でも位置情報の偽装が簡単にできます。実際の位置情報を隠すことで、知らないうちにお使いのiPhoneが誰かに追跡されることなどを防げます。パソコンに「iAnyGo」があると、プライバシー保護もできて安心でしょう。無料ダウンロードがあるので、機能が気になる人は気軽に試せます。

関連記事: iOS 15アップデートでiPhone位置情報を偽装する方法

  最終更新日 2021-09-14 / カテゴリ  iOS 15

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください