Windows: USB / CD / DVDからコンピュータの起動(BOOT)を設定する方法

ブート(boot)とは、PCを「立ち上げる(起動する)」という意味です。 特別な設定をしていないPCでは自動的にCドライブからWindows のシステムが起動されますが、トラブルが発生した場合はWindows が立ち上がる前にブートメニューを表示して操作することがあります。そこで、USBからコンピュータの起動(BOOT)を設定する方法について紹介します。

パソコンメーカー別のPC起動時のBIOS 起動キー一覧

メーカー タイプ モデル BIOS起動キー
Acer ネットブック Aspire One ZG5, ZG8,Timepne, v3,v5,v5 F2
Asus デスクトップ F9
Asus ラップトップ VivoBook f200ca, f202e, q200e, s200e, s400ca, s500ca, u38n, v500ca, v550ca, v551, x200ca, x202e, x550ca, z202e Delete
Asus ノートブック k25f, k35e, k34u, k35u, k43u, k46cb, k52f, k53e, k55a, k60ij, k70ab, k72f, k73e, k73s, k84l, k93sm, k93sv, k95vb, k501, k601, R503C, x32a, x35u, x54c, x61g, x64c, x64v, x75a, x83v, x83vb, x90, x93sv, x95gl, x101ch, x102ba, x200ca, x202e, x301a, x401a, x401u, x501a, x502c, x750ja F8
Asus ラップトップ N550JV, N750JV, N550LF, Rog g750jh, Rog g750jw, Rog g750jx,Zenbook Infinity ux301, Infinity ux301la, Prime ux31a, Prime ux32vd, R509C, Taichi 21, Touch u500vz, Transformer Book TX300 F2
Dell ラップトップ、デスクトップ All Models F2
HP デスクトップ Pavipon Media Center a1477c,Pavipon g6 and g7, Pavipon HPE PC, h8-1287c, Pavipon PC, p6 2317c, Pavipon PC, p7 1297cb, TouchSmart 520 PC ESC
HP デスクトップ Pavipon 23 All In One, Pavipon Epte e9000, e9120y, e9150t, e9220y, e9280 F10
HP デスクトップ 2000 ESC
HP NoteBook Pavipon g4,Probook 4520s, 4525s, 4540s, 4545s, 5220m, 5310m, 5330m, 5660b, 5670b F10
HP Notebook ENVY x2, m4, m4-1015dx, m4-1115dx, sleekbookm6, m6-1105dx, m6-1205dx, m6-k015dx, m6-k025dx, touchsmart m7, Envy, dv6 and dv7 PC, dv9700, Spectre 14, Spectre 13, 2000 - 2a20nr, 2a53ca, 2b16nr, 2b89wm, 2c29wm, 2d29wm Esc
Lenovo デスクトップ Inspiron One 2020, 2305, 2320, 2330 All-In-One F2
Lenovo デスクトップ ThinkPad edge, e431, e531, e545, hepx, l440, l540, s431, t440s, t540p, twist, w510, w520, w530, w540, x140, x220, x230, x240, X1 carbon F1
Lenovo デスクトップ IdeaPad s300, u110, u310 Touch, u410, u510, y500, y510, yoga 11, yoga 13, z500 NovoButton
Lenovo ネットブック IdeaPad S10-3, g460, g470, g475, g480, g485 F2
Samsung デスクトップ Ativ Book 2, 8, 9 F10
Samsung ネットブックとウルトラブック NC10, np300e5c, np300e5e, np350v5c, np355v5c, np365e5c, np550p5c, Series 5 Ultra, Series 7 Chronos, Series 9 ウルトラブック F2
Toshiba デスクトップ Kira, Kirabook 13, ウルトラブック ,Qosmio g30, g35, g40, g50 , Qosmio x70, x75, x500, x505, x870, x875, x880 F2
Compaq PRESARIO F10
eMachines Tab, DEL

パート 1: USBからAcer ラップトップを起動する方法

Acer ラップトップをUSBから起動したい場合は、次に手順に従うだけで簡単に起動することができます。:

  • ステップ1:まず、USBが起動可能であることを確認します。
  • ステップ2:起動可能なUSBをAcerラップトップに差し込みます。
  • ステップ3:ノートブックがオフになっている場合は、オンにしてください。そうでない場合は、必要に応じてBIOSを入力してシステムを再起動してください。
  • ステップ4:ACERロゴが表示されたら、F2キーを押してBIOSセットアップに入ります。
  • ステップ5:次に、矢印キーを使用してBootタブに入力します。

    Acerラップトップ起動BOOTキー

USBから起動するには、以下の指示に従ってください。

  • 1. ハードドライブデバイスをブートシーケンスpstの一番上に移動します。
  • 2. ハードドライブデバイスを展開して、すべてのハードドライブを表示します。
  • 3. USBデバイスをハードドライブの上部に移動します。
  • 4. 変更を保存して終了します。 コンピュータを再起動すると、USBからすぐに起動します。

パート 2: USBからASUS ラップトップを起動する方法

ASUSユーザーの場合、USBからシステムを起動するプロセスは簡単です。 USBドライブから正しく起動するために、以下の手順に従ってください。

  • ステップ1:Windows ステムにUSBを差し込みます。
  • ステップ2:システムがオフの場合は、オンにします。 そうでない場合は、再起動してBIOSセットアップに入ります。 ASUSのロゴが表示されたら、DELを押してBIOSセットアップに入ります。

    ASUS ラップトップのBIOSセットアップに入る
  • ステップ3:矢印キーを使用して、「Boot」タブに切り替えます。

    「Boot」タブに切り替える
  • ステップ4:「Boot Option#1」に進み、Enterキーを押します。 異なるドライブ名の小さなウィンドウが表示されます。
  • ステップ5:USBを選択してEnterキーを押します。変更を保存し、USBからシステムを再起動します。

    USBを選択して保存

パート 3: USBからDell ラップトップを起動する方法

Dellのコンピューターを使用している場合、DELLコンピューターの起動順序をデフォルトからUSBに変更する必要があります。 この操作はそれほど複雑ではありません。 起動可能なUSBを持ってるだけで準備完了です。

  • ステップ1:USBをDELLシステムに接続し、電源を入れます。
  • ステップ2:Dellロゴと「F2 = BIOS」が右上隅に表示されたら、F2を押します。
  • ステップ3:矢印キーを使用して、「Boot」タブに切り替えます。

    dell boot キー
  • ステップ4:次に、起動順序を変更します。 [リムーバブルデバイス]を展開して、すべてのハードドライブを表示します。 USBデバイスをブートシーケンスの一番上に移動します。
  • ステップ5:次に、変更を保存してコンピューターを再起動します。 再試行しない場合は、USBから起動する必要があります。

    bios変更を保存する

パート 4: USBからHP ラップトップを起動する方法

ほとんどの人は、HPマシンを日常的に使用することを好みます。 USBからHPマシンを起動するには、起動可能なUSBを準備してHPマシンに接続します。

  • ステップ1:コンピュータを起動または再起動します。
  • ステップ2:HPロゴが表示されている場合は、マシンのモデルに応じてEscまたはF10ボタンを押します。 (上記の表からBIOSキーを確認できます)
  • ステップ3:矢印キーを使用して「Boot」タブに入り、[Boot Device Priority]オプションを選択します。

    [Boot Device Priority]オプションを選択
  • ステップ4:ここで、1st Boot Device オプションを選択すると、新しいポップアップが表示されます。 このウィンドウからお使いのUSBを選択し、Enterを押します。

    USBを選択する
  • ステップ5:変更を保存し、システムをUSBから再起動します。

    HP bios変更を保存する

パート 5: USBから Lenovo ラップトップを起動する方法

LenovoマシンでUSBをブートデバイスとして設定するのは簡単です。 まず、起動可能なUSBデバイスを準備してから、以下の手順に従ってください。

  • ステップ1:LenovoマシンにUSBを差し込み、再起動します。
  • ステップ2:デバイスのモデルに応じて、Lenovoロゴ画面が表示され、Del、F11、F12キーが表示されます。 BIOS画面が出るまで、コンピューターに表示されるキーを押したままにします。

    lenovoパソコンのbootキー
  • ステップ3:これにより、BIOSセットアップの内部が表示されます。 次に、矢印キーを使用して「Boot」タブに移動します。
  • ステップ4:起動順序を変更し、USBを最初の位置に移動する必要があります。そのため、以下のプロセスに従ってください

    • ハードドライブデバイスをブートシーケンスpstの一番上に移動します。
    • ハードドライブデバイスを展開して、すべてのハードドライブを表示します。

    次に、変更を保存してコンピューターを再起動します。 再試行しない場合は、USBから直接起動することになります。

    lenovoパソコンのbios変更を保存する

パート 6: USBからSamsung ラップトップを起動する方法

また、他のコンピューターと比較して、SamsungコンピューターのUSBのBIOS設定を変更するのは非常に簡単です。 起動可能なUSBとSamsungマシンを接続するだけで、簡単に操作できます。

  • ステップ1:USBをSamsungマシンに接続します。
  • ステップ2:マシンを起動し、Samsungロゴが表示されたら、モデルに応じて、F2またはF10キーを押してBIOSに入ります。
  • ステップ3:BIOS設定に入ったら、矢印キーを使用して「Boot」タブに移動し、「Boot Priority」を選択します。

    次の方法でUSBを最初の順に変更:

    • ハードドライブデバイスをブートシーケンスpstの一番上に移動します。
    • ハードドライブデバイスを展開して、すべてのハードドライブを表示します。
    • USBデバイスをハードドライブのpstの一番上に移動します。
    samsungパソコンのboot priority
  • ステップ4:次に、BIOSの変更を保存して、Samsungマシンを再起動します。

    samsungパソコンbiosの変更を保存する

パート 7: USBからSony ラップトップを起動する方法

Sony デバイスをUSBから起動するとき、Sony デバイスとUSBドライブを用意しておきます。それに、SONYマシンの起動順位を変更する必要があります。

  • ステップ1:SONY デバイスにUSBを接続し、デバイスを再起動します。
  • ステップ2:Sonyロゴが表示されたら、デバイスのモデルに応じてF1またはF2またはF3を押します。
  • ステップ3:これにより、ブートメニューに直接アクセスできます。
  • ステップ4:お使いのUSBを見つけて、Enterキーを押して選択します。

    sony usb 選択オプション

パート 8: USBからToshiba ラップトップを起動する方法

コンピューターがToshibaの場合、USBからコンピューターを起動するにはどうすればよいですか?次に、USBからToshibaを起動する方法について説明します。

  • ステップ1:USBを接続し、東芝製マシンを再起動します。
  • ステップ2:Toshibaロゴが表示されたら、F12キーを押してブートメニューに入ります。可能であれば、2回3回押してみてください。
  • ステップ3:ブートメニューに入ると、複数のオプションが表示されます。 お使いのUSBを選択してください。
  • ステップ 4: この後、システムが再起動し、USBから起動するはずです。

    toshiba bootキー

パート 9: USBからMicrosoft Surface ノートパソコンを起動する方法

Microsoft SurfaceでUSBのBIOS設定を設定するのは簡単ではありませんが、それほど難しくはありません。Microsoft SurfaceでBIOS設定を設置する方法を紹介します。

  • ステップ 1: Microsoft Surfaceをシャットダウンします。
  • ステップ 2: 起動可能なUSBをSurfaceに接続します。
  • ステップ 3: 音量[-]ボタンを押し続けます。
  • ステップ 3: 音量[-]ボタンを押しながら、もう一方の手で電源ボタンを押して放します。
  • ステップ 5: Surfaceのロゴが表示されるまで、音量[-]ボタンを押し続けます。 このプロセスは、USBから直接起動します。

これで、ブート優先順位を簡単に設定して、任意のマシンのWindowsをUSBからブートできます。 また、マシンをITスペシャリストに任せるのではなく、自分がブートの優先順位を設定できるようにすることもできます。

Windowsコンピュータを正常に起動した後、Windowsパソコン環境でiOSデバイスを脱獄して、iCloud アクティベーションロックを解除しましょう。