• 事前準備

    ReiBootでiOS 14をダウングレードする前に、iTunesでデバイスデータをバックアップする必要があります。

    iOS 14からiOS 13へダウングレード
  • 「iPhoneを探す」をオフにする

    次に、ダウングレードが正常に完了したことを確認します。次の手順に従って、デバイスの「iPhoneを探す」をオフにしてください。

    「iPhoneを探す」をオフにする
  • iOS デバイスを修復する

    上記の手順を完了したら、ReiBoot 画面に戻ってiOS デバイスを修復します。

    注意:このプロセスにより、デバイスデータは消去されません。

    iOS デバイスを修復
  • ダウングレードを開始する

    修復が完了すると、デバイスは最新のiOS 14公式バージョンにダウングレードされます。次に、デバイスが以前にバックアップされたディレクトリを見つける必要があります。次の方法で行うことができます。

    MicrosoftストアからダウンロードしたiTunesのディレクトリ:

    以前の対応するバックアップディレクトリは、次の場所でアカウント名の下に見つけることができます:C:\ Users \ Administrator \ Apple \ MobileSync \ Backup.

    注意:ここで、 管理 とは、自分で設定したWindows管理者名を意味します。 異なるパソコンは異なるアカウント名を使用します。

    Microsoftスードア以外からiTunesをダウンロードしたのディレクトリ:

    このディレクトリ:%Appdata%\Apple Computer\MobileSync\Backupを探して、以前の対応するバックアップを見つけることができます。

  • 「info.plist」ファイルを見つける

    正しいバックアップディレクトリを見つけたら、下にスクロールして「info.plist」ファイルを見つけます。

    「info.plist」ファイルを見つける
  • 「Product Version」を検索する

    ファイルをメモ帳で開き、ショートカット「Ctrl + F」を使用して検索を実行し、検索ボックスに「Product Version」と入力します。

    iOS 14からiOS 13へダウングレード-「Product Version」を検索
  • バージョン番号を変更する

    「Product Version」の場所を見つけたら、バージョン番号を15.0から14.0に変更し、ファイルを保存してウィンドウを閉じます。

    iOS 14からiOS 13へダウングレード-バージョン番号を変更
  • バックアップを復元する

    次にiTunesを再度開くと、プログラムはバックアップしたファイルを自動的に検出します。「続ける」をクリックしてバックアップを復元します。

    iOS 14からiOS 13へダウングレード-バックアップを復元
  • 正常に復元した

    数分後、iTunesはデータがデバイスに正常に復元されたというメッセージをポップアップします。上記のステップを実行した後、iOS 15ベータのデータはiOS 14のデバイスに復元できました。

    iOS 14からiOS 13へダウングレード-正常に復元した