iTunesバックアップの暗号化を解除する裏技

  iTunesを使えば、iOS デバイスのデータをバックアップすることができるようになります。大切な個人情報を守るためにも、またはiTunesバックアップが盗まれた場合、他人に悪用されないようにするためにも、ほとんどの方はご自分のiTunesバックアップにパスコードロックを設定していたのだと思います。

  しかし、数日後、ロックをかけたそのiTunesバックアップを利用しょうとするとき、iTunesのバックアップのパスワードがわからなくなってしまいました。色々試してみたが、結局、そのiTunesバックアップパスコードロックを解除できませんでした。

  ロック解除のiTunesパスワードが忘れて、困っている方が多いようです。ですから、iPhone 6s/6s Plusを始め、iTunesバックアップのパスワードを忘れた場合での対処法を具体的にご紹介いたします。本記事を読んで終わたら、ご紹介した方法で、暗号化したiTunesバックアップロックを解除しましょう。

  ここでは、「総当たり攻撃」、「類推攻撃」、「辞書攻撃」この三つの攻撃モードがあり、忘れてしまったiTunesバックアップのパスワードを解読できる「Tenorshare iBackupUnlocker」というソフトを皆様におすすめします。

覚えていないiTunesバックアップパスワードを復元

  弊社の「Tenorshare iBackupUnlocker」ソフトを利用すれば、失念したiTunesバックアップパスワードは手軽に復元できます。以下の操作手順はを参照して、ロックしたiPhoneバックアップのパスワードを求めましょう。

  ステップ1:iPhone 6s/6s Plusをパソコンに接続→「Tenorshare iBackupUnlocker」ソストをダウンロード→インストール→起動。

バックアップをスキャン

  「追加」をタップすると、ソフトはiTunesバックアップを自動的にスキャンし始めます

  バックアップがない場合では、バックアップを手動でインポートしてください。

  ステップ2:攻撃モードを選択。

攻撃モードを選択

  「Tenorshare iBackupUnlocker」ソフトには「総当たり攻撃」「類推攻撃」「辞書攻撃」この三つの攻撃モードがあり、適当なモードを選択してください。

  ステップ3:攻撃モードを選択したあと、「開始」をタップすると、パスワードは復元されます。使う時間はパスワードの難しさによって決まります。

  ちなみに、忘れたiTunesバックアップを復元する時、解読スピードを向上できる「GPUアクセラレーション」を選択したほうがいいと思います。

パスワードを復元

解読されたパスワードで失ったiTunesバックアップのパスコードロックを解除

  以上の方法は忘れてしまったiPhoneのiTunesバックアップのパスコードを復元する方法です。これから、失ってしまったiTunesバックアップのロックを解除する手順を教えます。

  その操作手順は下記の通りです。

  ステップ1:「追加」をタップ→出てくる画面で「入力」をクリック。

パスワードを入力

  ステップ2:復元したパスワードをドロップダウンボックスに入力→「解読」をタップすると、ソフトはiTunesバックアップをコピー→暗号化していないiTunesバックアップを作成し始めます。

ロックされないバックアップを作成
最後に

  以上はiTunesのバックアップの暗号化を無効にする最善の対処方法です。もし皆様のお役に立てれば、何よりです。ちなみに、日頃から、暗号化したiTunesバックアップのパスワードを大事にしたほうがいいと思っております。それに、日常生活に、大切な写真やメッセージなどのデータが紛失したこともあると思いますから、三つの方法で消えたデータを復元できる「Tenorshare UltData」ソフトも皆様におすすめいたします。

iBackupUnlocker
Tenorshare iBackupUnlocker
超強力iTunesバックアップ暗号解析・iOS 12に対応済
  • 三つの解析モードを提供し、高い成功率を誇る
  • すべてのiOSバージョンのバックアップファイルに対応できる
  • 高度な計算を実行することによって、忘れたiTunesバックアップのパスワードを安全かつ確実に解読できる