iPhone Xがフリーズ不具合頻発、強制再起動で解決できる!

  iPhone Xが発売後、世界中で「フリーズが頻繁に起こる不具合」が発生しているようです。症状としては、タッチパネルがフリーズ、ディスプレーが真っ暗に、電源が切れない、反応しないなど、様々です。ほとんどは「動きがもっさりする」「フリーズしてすぐに直る」といった程度のようですが、リカバリモードにして修復してみると文鎮化してしまったというケースも見られました。

  普通、iPhoneがフリーズした場合は、だいたい強制再起動で解決できますので、今回もあまり変わっていまさん。それでは、iPhone Xのフリーズ不具合について、強制再起動と他の対応方法をご紹介します。

iPhone Xを強制再起動

1.ボタンでiPhone Xを強制再起動

  再起動というのは、動きが悪くなったiPhone/iPad/iPod Touchの調子を立て直すために、一度電源を落として動作を安定させることです。iPhoneの強制再起動の方法はモデルによって3種類に分かれていて、iPhone Xの強制再起動方法iPhone 8(Plus)と同じく、2つのステップがあります。

  Step1.音量を上げるボタンを押して直ぐ離し、続いて音量を下げるボタンを押して直ぐ離します。

  Step2. 次に、Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

  このように三回タップすれば、iPhone 8/8 Plusが強制的に再起動されます。

iphone 強制再起動

  iPhone 7/7 Plus

  iPhone 7/7 Plusの場合は、音量(小)ボタンとサイドボタン(電源)をAppleロゴが表示されるまで同時に押し続けます。

  iPad/iPod touch/iPhone 6s/6s Plus/SE/5s/5/4s/4

  iPhone 4からiPhone 6s(Plus)まで、及びiPadシリーズ、iPod Touchシリーズの操作が今まで通りに行えます。ホームボタンとサイドボタン(電源)をAppleのロゴが表示されるまで同時に長押しすれば、強制再起動できます。

iPhone フリーズ

2.クリック2回でデバイスをリセット

  iPhoneを強制的に再起動する方法が簡単ですが、たまにはデバイスのボタンが壊れたか、反応が遅くて押しても動作しない時もありますね。そうな場合は、無料アプリ「Tenorshare ReiBoot」を利用することをお勧めます。操作もシンプルでわかりやすいです。

  まずはフリーソフトTenorshare ReiBootをインストールして起動し、iOSデバイスをパソコンに接続します。次に、「リカバリーモードに入る」をクッリクします。携帯がリカバリーモードに突入した後、また「リカバリーモードを解除」をタップして、iPhoneが自動的に起動します。これで、iPhoneを強制再起動と同じような不具合解消効果があります。

iphone リセット

3.修復ツールでiOS不具合を解消

  また、カバリーモードやリンゴループ、ブートループ、再起動ループに陥って解除できなきなった場合は、Tenorshare ReiBootの「iOSシステム修復」によって、データを紛失せずお使いのデバイスを不具合・故障から解除することができます。

  「あらゆるiOS不具合を解消」>>「今すぐ修復」を順番にクリックして、次は画面の指示に従って操作しください。

iphone 復旧
最後に

  皆さんに紹介したいiPhone Xのフリーズ不具合について、強制再起動と他の対応方法は以上です。一時的な初期不良なので、こうしてリセットすればだいたい解決できます。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能