LINEデータ復元裏技

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

LINEのフォントが消えた?原因と解決法を徹底解説

LINEは、数億人以上のユーザーが利用する人気のあるメッセージングアプリです。その中でも、カスタムフォント機能は多くのユーザーにとって魅力的な要素でした。しかし、最近のアップデートにより、一部のユーザーは自分の選択したフォントが消えてしまうという問題に直面しています。本記事では、この問題の原因と解決法について詳しく解説します。

Part1:カスタムフォントとは?

カスタムフォントとは、LINEアプリ内で利用できるユーザー独自の文字スタイル設定です。ユーザーは自分の好みに合わせてフォントを選択し、メッセージやプロフィールの表示に反映させることができます。個性を表現するための重要な要素であり、多くのユーザーにとっては愛着のある機能でした。

Part2:LINEのフォントがなくなった原因

LINEのアップデートの影響により、バージョン13.17.0以降ではカスタムフォント機能が終了し、デフォルトフォントが適用されるようになりました。これにより、以前に設定されていたカスタムフォントは消えてしまい、ユーザーはデフォルトのフォントでメッセージを表示することになります。

LINEのフォントがなくなった

Part3:LINEのフォントがなくなった場合の対処法

対処法1:LINEラボでフォントの使用停止を確認する

まず最初に、LINEラボを利用してフォントの廃止が完全に行われたかを確認しましょう。LINEラボは、実験的な機能を提供する場所であり、カスタムフォントの有効化・無効化が可能です。設定や機能の変更があった場合、ここで確認することが重要です。

LINEラボでフォントを確認

対処法2:背景を変更して見やすさを向上させる

フォントがデフォルトに戻ったことで見づらくなった場合、背景の変更が有効な対処法です。LINEの設定メニューから背景テーマを変更し、メッセージの読みやすさを向上させましょう。明るい背景やコントラストの高いカラーテーマを選ぶことで、文字がより鮮明に表示されます。

対処法3:フォント変更アプリを活用する

もしもデフォルトフォントではなく、自分の好みのフォントを使用したい場合は、フォント変更アプリを利用することがオススメです。数多くのフォント変更アプリが存在し、ユーザーは自由にフォントを選択してLINEで使用することができます。

補充説明:LINE復元アプリ「UltData LINE Recovery」を利用する

万が一、LINEのフォントが消えてしまった場合や設定が失われた場合でも、心配はいりません。UltData LINE Recoveryという復元アプリを利用することで、消えたフォントや設定を簡単に復元することができます。このアプリを使用することで、大切なカスタムフォントを取り戻すことができます。

  • パソコンでUltData LINE Recoveryを起動し、「デバイス」オプションを選択します。

    /launch-line-recovery
  • ソフトウェアがお使いのデバイスを検出すると、以下の画面が表示されます。 スキャンして復元したいデータにチェックを入れるか、すべてを選択します。次に、「スキャン」をクリックします。

    scan-line-datas
  • 必要なファイルを確認し、「復元」をクリックします。失われたLINEのデータをパソコンに復元することができます。

    recover-line-datas

まとめ

本記事では、LINEのフォントが消えた問題の原因と解決法について詳しく解説しました。最新のLINEアップデートにより、カスタムフォント機能は終了し、デフォルトフォントが適用されるようになりましたが、LINEラボやフォント変更アプリを活用することで、カスタムな文字スタイルを再び取り戻すことができます。さらに、UltData LINE Recoveryを使用することで、以前のカスタムフォントを復元することができます。LINEのフォントに関する問題に直面した場合は、本記事で解説された対処法を試してみてください。

関連記事: 今すぐUltData LINE Recoveryを無料ダウンロードする【ライン復元アプリ】

LINEデータ復元・iOS 18まで対応
  • LINEトーク履歴や期限切れた写真や動画などのファイルをスキャンして復元可能
  • iTunesのバックアップから削除されたLINEトーク履歴の復元に対応
  • GoogleドライブのバックアップからLINEのトーク履歴を復元可能
  • LINEトーク履歴写真写真動画、ファイルなど、あらゆるLINEデータが復元可能
  • LINEのデータをPCにバックアップ、またはHTML形式での書き出しが可能(プレビュー表示にも対応)