Apple Musicの活かし方

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【2024年5月最新】Apple Musicを無料にMP3に変換する方法

Apple Musicは、Appleが提供する音楽のストリーミングサービスです。

Apple Musicの曲はアプリ内でしか聴けないため、 Apple Musicの曲をアプリ外で利用する目的で、MP3の変換が必要になるケースが多いです。

本記事では、アップルミュージックでダウンロードした曲を、MP3に変換する方法をわかりやすく解説しています。Apple Musicの音楽を無料でMP3に変換する方法もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Part1.なぜアップルミュージックをMP3に変換するのか?

Apple Music でダウンロードした音楽は、Apple Music アプリ内でしか再生できないように、DRM保護(デジタル著作権管理)が掛かっています。

アップルミュージックでダウンロードした曲を「MP3」に変換することで、 DRM保護が解除され、以下のようなメリットがあります。

Apple Musicの音楽を自由・無制限に転送できる

Apple Musicの曲をMP3に変換すると、Apple Musicに加入していない別のデバイスでも、自由に音楽を再生できます。

また、Apple Musicは月額制のサブスクリプションサービスのため、解約するとアップルミュージックの曲は再生できなくなりますが、MP3に変換して保存しておけば、解約後も無料で曲を再生できます。

MP3は互換性が高い

MP3は、ほとんどの端末やアプリでサポートされている音声ファイル形式です。

Apple Musicの曲は、MP3専用の音楽プレーヤーや、動画編集ソフトで直接利用することはできません。MP3に変換して保存しておくことで、保存した音楽をさまざまな用途で活用できます。

個人でバックアップができる

Apple Music の曲をMP3に変換して保存することで、コンピューターやiPhoneなどの端末に、無料で曲をバックアップできます。

バックアップを取得しておくことで、将来的にApple Musicを解約した時や、Apple Musicのアプリに問題が発生した場合でも、影響を受けずにダウンロードした曲を聴くことができます。

Part2.アップルミュージックを無料でMP3に変換する方法

方法1:Apple Musicを一括でMP3に変換するソフト——Tenorshare iCareFone

Tenorshare iCareFoneは、Apple Musicの音楽を、無料でMP3に変換できるソフトです。

AppleMusicの高音質を保ったままMP3に変換できるフリーソフトのため、音質にこだわる方にもおすすめです。

AppleMusicには、大量の音楽を保存している方も多いでしょう。その場合は、一括更新ですべての音楽をまとめてMP3に変換することも可能です。変換の作業は、ガイドに沿った簡単なクリック操作で完了します。システムに慣れていない初心者の方でも、安心して利用できるおすすめのソフトです。

iCareFoneの特徴

  • 高音質を維持した高速な変換
  • 一括変換に対応
  • 容量無制限で利用できる
  • FLACファイル形式の変換にも対応
  • データ転送・バックアップなどのファイル管理機能も装備
  • Apple IDでログインする

    メインインターフェイスで、ミュージックセクションで「MP3に変換」をクリックします。

    MP3に変換機能を起動- iCareFoneのガイド

    その後、右上のApple IDでログインし、ホーム画面のApple Musicにアクセスします。

    MP3に変換機能を起動- iCareFoneのガイド

    注意:アカウントはメンバーシップの有効期間内である必要があります。メンバーシップの有効期限が切れている場合、音楽形式を変換できません。

  • 曲を追加する

    次に、プレイリスト、アーティスト、アルバムなどに移動して、変換したい曲をタスクセンターに追加します。

    曲を追加する - iCareFoneのガイド
  • 変換を開始する

    タスクセンターで、追加したすべての曲が表示されます。変換したい曲を選択し、「変換開始」をクリックしてプロセスを開始します。

    変換を開始する - iCareFoneのガイド

    変換された曲はすべてパソコンに保存され、iCarefoneを使って携帯電話にエクスポートすることもできます。

方法2:ミュージックアプリで Apple MusicをMP3に変換する

ミュージックアプリの変換機能を利用して、Apple Musicの曲を無料でMP3に変換する方法です。

ただし、変換できる曲はDRM制限が掛かっていない曲のみです。

DRM制限が掛かっている曲は、解除ソフトなどを利用して制限を外しておく必要があります。

  • Step1: ミュージックアプリを開き、「ミュージック」>「設定」をクリック

  • ミュージックアプリで Apple MusicをMP3に変換する
  • Step2: ファイル の「読み込み設定」>読み込み方法:「MP3エンコーダ」を選択し「OK」>ファイル画面で「OK」

  • ミュージックアプリで Apple MusicをMP3に変換する
  • Step3: ミュージックアプリのライブラリで、変換したい曲を選択する

  • Step4: 「ファイル」>「変換」>「MP3バージョンを作成」をクリック

  • ミュージックアプリで Apple MusicをMP3に変換する

方法3:録音ソフトでApple MusicをMP3に変換する

録音ソフトで Apple Musicの音楽を録音し、MP3に変換する方法です。

録音ソフトによっては、デバイス内の音楽のみ録音できるため、外部のノイズや音声を録音せずに保存できます。

Tips:

ただし、録音のために音楽を再生する時間が必要なうえ、録音ソフトが有料の場合があります。手間と時間が掛かる方法のため、すぐに変換したい人には向かないかもしれません。

  • Step1: 変換したい音楽を選択し、変換形式を設定する

  • Step2: 音楽を再生して録音する

  • Step3: 録音した音楽をダウンロードする

Part3.Apple MusicのMP3への変換についてよくある質問

1.Apple MusicをMP3に変換することは違法ですか?

アップルミュージックでダウンロードした曲をMP3に変換した後、どの用途で利用するかで異なります。

MP3に変換した曲を、個人利用で楽しむ場合は、違法ではありません。

ただし、変換した曲を商用目的で使用する場合は、著作権法に違反する可能性があります。

2.ミュージックアプリでMP3に変換できないのはなぜ?

Apple Musicの曲に、DRM制限が掛かっているためです。

ミュージックアプリでは、DRM制限が掛かっているApple Musicの曲は、MP3に変換できません。

DRM保護が掛かっている曲は、iCareFoneなどの専門ソフトで変換する必要があります。

まとめ

以上、Apple MusicをMP3に変換する方法を解説しました。

専用の変換ソフトを利用することで、 Apple Musicの音楽を 簡単にMP3へ変換できます。

また、 Apple Musicの音楽を、無料でMP3に変換できるソフトとして、Tenorshare iCareFoneをご紹介しました。

Apple Musicの高音質を保ちつつ、一括で迅速に変換できるため、ぜひ活用してみてくださいね。

関連記事: 【無劣化】M4AをMP3に変換する方法

iOSとPC/Macの間で自由にデータを整理・転送
  • 無料かつ迅速でiOSデータをPC/Macにバックアップ可能
  • バックアップデータをプレビューし、必要なデータを選択的に復元可能
  • iTunesを使わずにiOSデバイスとPC/Macの間で音楽、写真、ビデオ、連絡先を無制限に転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • 複数の画像をHEICからJPGに数秒で変換可能・iPhone画面をPCと自由に共有