iTunes 情報管理

windows 10でiTunesがiPhoneを認識しない場合の対策

iPhoneのバックアップを取ったり、iPhoneをアップデートしたり、iPhoneデータをしたりするなど、様々なことに使えるのがiTunesです。iTunesをWindowsのパソコンに入れている人も多いのですが、たまにiPhoneを認識しない不具合を起こすことがあります。windows 10でiTunesがiPhone Xs Max/XR/XS/X/8/7を認識しない場合には、どんな対処方法があるのでしょうか。このページで、いくつかの解決方法をご紹介します。

windows 10のiTunesがiPhoneを認識しない不具合の六つの対処法

iTunesを最新バージョンにアップデートする

Windowsのパソコンに入れたiTunesが、iPhoneを認識しない原因となるのが古いバージョンを使っているケースです。この場合はiTunesを最新のバージョンにアップデートしてください。iTunesを起動させてヘルプの項目をクリックします。一覧にある更新を確認するをクリックで確認できます。新しいバージョンが利用できますとでたらダウンロードしてください。

USBケーブルとUSBポートを変更する

Windows 10でiTunesがiPhoneなどのデバイスを認識しないのなら、USBケーブルとポートを変更してみてください。ケーブルの断線は良くあることですし、ポートも別の物にすると認識することがあるからです。USBケーブルは純正品かMFi認証製品を使い、ポートはハブを使うのではなく、パソコン本体のUSBポートを利用してください。

パソコンとiPhone を再起動する

WindowsとiPhoneをiTunes経由で接続する時に、不明なエラーが出てiTunesがiPhoneなどのデバイスを認識しないことがあります。そういう時は一度再起動をしてみてください。iPhoneはケーブルから外して再起動をします。パソコンの方はiPhoneを外してから再起動をかけてください。

Apple Mobile Device USB Driverを更新する

iTunesでiPhoneを認識しないという場合は、Apple Mobile Device USB Driverが不具合を起こしている可能性があります。 Windows10ではタスクマネージャーを起動し、表示されたタブの一番右側に「コントロール パネル」という項目があるのでクリックします。そこでApple Mobile Device USB Driverを探して、右クリックすると「ドライバーの更新」という項目があるのでクリックしてください。

手順は以下のとおり:「コントロール パネル」>「デバイス マネージャー」>「ユニバーサル シリアル バス デバイス」>「Apple Mobile Device USB Driver」

お勧め:iPhone・iPad・iPodがiTunesを使用中に、何か不具合やiTunes エラーが発生したとき、iTunes修復ソフト「TunesCare」を使って、すべてのiTunes エラーや不具合をワンクリックで解消、iTunesを正常な状態に復元することができます。

iTunes 修復 ソフトでiTunes 認識しない不具合を修復

Windows7でiTunesがiPhoneを認識しない時には、iTunes修復ソフトのTunesCareというアプリを利用するのがお勧めします。

iTunesの更新やインストール中にエラーが発生、また接続不可、認識不能、強制終了などのトラブルが出る場合には、iTunes修復ソフト「Tenorshare TunesCare」を利用して、iTunes ライブラリの再構築を実行することでiTunesのパフォーマンスを向上させ、iTunes エラーや不具合を解消することができます。難しい操作なども必要ないのでパソコンに弱い人でも安心して手軽に使えます。

まず、iTunes 修復 アプリをインストールし、起動します。

ステップ1:iosデバイスをパソコンに接続し、デバイスが認識されたら、「すべてのiTunes不具合の解消」をクリックします。

ステップ2:次の操作画面に入って、「iTunesのエラーを修復する」をクリックします。

ステップ3:修復作業が実行します。数分かかり、次のような画面が表示され、修復は成功しました。

【iTunes代替ソフト】iCareFoneでiPhoneを同期・管理

どうしてもiTunesがiPhoneを認識しないのなら、iTunesの代替ソフトを使うのがお勧めします。

「Tenorshare iCareFone」はiPhone 向けの専門的なファイルマネジャーとして、音楽、写真、ビデオ、連絡先、SMSメッセージなどのデータをiPhoneとパソコンの間でより自由かつ簡単に管理・転送することが可能で、データのバックアップと復元も高速かつ選択的に実行することがでます。

ここでは、使い方の一例として、iTunesを使わずにパソコンから音楽をiPhoneに同期する方法をご案内します。まず、iCareFoneをダウンロードして、起動します。

ステップ1:お使いのデバイスをパソコンに接続します。メインインターフェースで「ファイル管理」>「音楽」の順に選択します。

ステップ2:iPhoneに入れたい音楽ファイルあるいはフォルダを選択して、「開く」をクリックします。

ステップ3:そして、パソコンからiPhoneに転送作業が始め、音楽をiPhoneに同期することができます。

ほかのデータの管理、バックアップと復元の手順は、ご利用ガイドにてご確認ください。

最後に

WindowsでiTunesがiPhoneを認識しない場合は、以上の六つの対策を使って、iTunes 認識しない不具合を解決することができます。WindowsのiTunesがiPhoneを認識できないため、iTunes 同期やバックアップをしたい場合は、iTunes エラーや不具合を確実に回避できるiTunesの代替策 iPhone データ管理ソフト「iCareFone」を使えば、iPhone データ 管理と復元を簡単に実現できます。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!
Update 2019-07-25 iTunesエラー
お役に立ちましたか?
はい
いいえ
ディスカッションに参加して、あなたの意見をここに共有してください