iTunes 情報管理

iTunesがダウンロードできない場合の対処法

パソコンでiOSデバイスを利用する時に、よく使うのがiTunesです。デバイスデータの管理や、音楽ファイルの同期、バックアップなど様々な面で役立つソフトだと言えるでしょう。このiTunesがダウンロードできないという場合もあります。どうしてiTunesがダウンロードできなくなるのでしょうか。その理由や対処する方法を合わせて検証していきます。

iTunesがダウンロードできない場合のチェックポイント11選

iTunesのインストール手順を確認する

iTunesがダウンロードできないという問題を確認する前に、先ずはパソコンにインストールする手順を確認します。

  • ステップ 1. AppleのiTunesページにアクセスして、お使いのOSに合わせたiTunesをダウンロードします。

  • ステップ 2. ダウンロード完了したファイルをダブルクリックで開きます。

  • ステップ 3. インストーラーが起動するので画面の指示に従い、完了するとiTunesを起動します。

  • ステップ 4. iTunesのソフトウェア使用許諾契約が表示されるので同意して、最後画面で同意を求められたら、「同意する」をクリックします。

iTunesインストールのトラブルを確認する

iTunesがインストールできない時に起こるトラブルを確認していきます。最近では多くの人がWindows10を利用しているはずなので、主にこのOSでの対処法を考えていきましょう。先にこれを考えて具体的にどのようなものがあるのか確認します。

IE以外のブラウザからiTunesをダウンロードする

iTunesがダウンロードできない理由の1つにブラウザがあります。ブラウザに依存して起こるものなので、Windows7、8、10のいずれでも同じようなことが起こる可能性があるでしょう。現状利用できるブラウザは多いですが、iTunesをダウンロードする時にはWindowsにプリインストールされているIE、もしくはEdgeを利用するといいでしょう。

Windowsを更新する

WindowsのパソコンでiTunesのダウンロードができない場合、アップデートをすることで不具合が修正されることがあります。Windowsで更新とセキュリティを開き、利用可能な更新プログラムがあれば更新します。

パソコンに管理者としてログインする

ウィンドウズのパソコンでiTunesがダウンロードできない時には、以下のエラーが出るケースがあります。インストールプログラムにはディレクトリにアクセスするための特権が不足しています、というものです。さらにAdminstratorとしてログオンするか、またはシステム管理者に問合わせてくださいとの文言が表示されます。この時はパソコンに管理者としてログインしなくてはいけません。パソコンを再起動した時に複数のユーザー名があるのなら、下にAdministatorと表記のあるアカウントでログインしてください。

パソコンに管理者としてログインする

パソコンを再起動する

iTunesがダウンロードできない原因の1つとして、パソコンが何かしらの不具合を起こしている可能性があります。この場合の対処法としては、パソコンを再起動するのが一番です。電源の項目からシャットダウンをして電源を入れ直すか、再起動を選んでクリックするといいでしょう。

セキュリティソフトを禁止またはアンインストールする

iTunesがダウンロードできない、またはiTunesをインストール中にエラーが発生するときの対策も確認しておきましょう。この場合はパソコンにインストールしているセキュリティソフトが、エラーの原因になっている可能性が高いです。知識がある人ならばiTunesをホワイトリストに追加するか、一時的にソフトの挙動を停止するといいでしょう。先述した言葉の意味が分からない人は、セキュリティソフトをアンイストールしてみるのも方法の1つです。

iTunesを修復する

iTunesをダウンロードしてインストールができても、上手く起動しない場合があります。この時はiTunesの修復をしてみるといいでしょう。

  • ステップ 1.iTunesのファイルを右クリックして、管理者として実行を選択します。

    iTunesを修復する
  • ステップ 2.既にiTunesをインストールしていれば修復オプションが表示され、修復を選択して次へとクリックし、画面の指示に従って操作します。

以上でiTunesの修復ができますので、完了したらパソコンを再起動してみるといいでしょう。

Apple関連コンポーネントを削除してからiTunesを再インストールする

iTunesをインストールできない、修復もできないケースがあります。その場合は一度iTunes関連のコンポーネントを削除してから、再インストールしてみるといいでしょう。まだiTunesがインストールされているのなら、ファイルを残さずアンイストールできるソフトを使ってください。そうすれば関連するコンポーネントのすべてを削除可能です。

Windowsの不良セクタをチェックする

iTunesのインストールができない時に、エラーメッセージが出ることがあります。その中の1つがファイルに書き込むときにエラーが発生しました、というものです。このエラーが出た時はHDDなどの記録媒体に、エラーが出ているかもしれません。対処法としてはWindowsの不良セクタをチェックすることです。

  • ステップ 1.Cドライブを右クリックしてプロパティを選択します。

  • ステップ 2.ツールからエラーチェックを選択します。

    Windowsの不良セクタをチェックする
  • ステップ 3.ファイルシステムエラーを自動的に修復すると、不良セクターをスキャンし回復するの両方にチェックを入れてOKです。それから再起動します。

多少時間がかかるかもしれませんが、これで不良セクターの検出とエラー修復ができる可能性があります。ただし深刻なエラーが起きていると、修復できない場合もあるでしょう。

競合を起こしているソフトウェアを無効にする

iTunesがインストールできない理由の1つに、他のソフトウェアと競合を起こしている場合があります。このケースでは競合するソフトウェアを無効にすることで対処が可能です。最も多い競合ソフトウェアが、先程お伝えしたセキュリティソフトになります。

iTunesの代替案

最後にiTunesがダウンロードできない、インストールできない時の対処法として、代替案も紹介しておきましょう。サードパーティ製のアプリの1つとして、Tenorshare iCareFoneがあります。Tenorshare iCareFoneはiPhoneファイルマネージャーとして、データ管理や転送を中心に、音楽・写真・ビデオ・連絡先など様々な日常データをiOSデバイスとMac/PC間で制限なく自由に転送・管理できます。また、iPhone/iPad/iPodでの音楽、写真などの自由追加・編集・バックアップ・削除も実現でき、様々な機能があります。初心者でも直感的に使える操作性の良さや、簡単なiOSの不具合修正などインストールしておいて損はありません。iTunesの代提案として大変人気があります。

Win版ダウンロードボタン Mac版ダウンロードボタン

iCareFoneの関連動画をご参考ください。

まとめ

iTunesがダウンロードできない、インストールできない時の対処方法を紹介しました。ダウンロードできないケースではブラウザを変更したり、Appleの公式サイトからダウンロードするようにしてください。インストールできない時は、エラーメッセージに注意しつつ対処するといいでしょう。

また、どうしてもiTunesがダウンロードできない、インストールできないのなら、代替ソフトとしてTenorshare iCareFoneを使うのも方法の1つです。iCareFoneは初心者でも扱いやすく、多機能なソフトになります。安定して利用できるので、インストールして損はありません。

iPhoneデータ転送に最適・iOS 15対応
  • 無料でiPhone/iPad/iPodで必要なデータを一括バックアップ、選択したデータだけもバックアップ可能
  • iTunesを使わずにiOSデバイスとPC/Macの間で音楽、写真、ビデオ、連絡先、SMSを無制限に転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • 現在のデータを消去せずにファイルを選択的に復元可能
  • 複数の画像をHEICからJPGに数秒で変換可能

  最終更新日 2020-11-27 / カテゴリ  iTunesエラー

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください