データ損失せずにiOS 16ベータ版をダウングレードする方法

iOS 16ベータ版をインストールすると新機能をいち早く試せます。しかし、動作が不安定なiOSベータ版では毎回バグの発生が報告されており、一通りの機能を確認したらiOS 16ベータ版のアンインストールを検討されるユーザーも多いでしょう。iOS 16ベータ版をやめるには正式版にダウングレードする必要があります。そこで本記事では、iOS16ベータ版をダウングレードする2つ方法、ダウングレードした後のデータ復元方法をご紹介します。

iOSベータ版をやめる前の事前準備1:「iPhoneを探す」をオフ

iOSベータ版からiOS正式版にダウングレードする前は、事前準備としては、やるべきことが3個あります。まずは、「iPhoneを探す」をオフにする方法を紹介します。

やり方:「設定」>「ユーザー名」>「探す」>「iPhoneを探す」に進んで、「iPhoneを探す」をオフにして、Apple IDパスワードを入力して「オフにする」をタップします。

iOSダウングレード前に「iPhoneを探す」をオフ

iOSベータ版をやめる前の事前準備2:iTunesでデータをバックアップ

次に、iTunesでデータのバックアップを取る手順を見にいきましょう。

  • iTunesを開き、ウインドウの左上にあるデバイスアイコンをクリックします。

    iOSダウングレード前にIPSWファイルをダウンロード-1
  • 「概要」画面に進んで、「今すぐバックアップ」をクリックします。こうすることでiPhoneのバックアップデータはPC内に、安全に保管されます。

    iOSダウングレード前にIPSWファイルをダウンロード-1

iOSベータ版をやめる前の事前準備3:iOS15.5のIPSWファイルをダウンロード

iTunesを使用してiOSダウングレードする場合は、事前にIPSWファイルをダウンロードする必要があります。やり方は以下の通りです。

  • ブラウザでIPSWを開き、「Choose a product」をクリックして、iphoneを選択します。

    iOSダウングレード前にIPSWファイルをダウンロード-1
  • お使いiphoneの機種を選択して、「Choose a version」画面に進んで、Signed IPSWs下にある iOS15.5バージョンをクリックします。

    iOSダウングレード前にIPSWファイルをダウンロード-2 iOSダウングレード前にIPSWファイルをダウンロード-3
  • ダウンロードページに進んで、情報を確認してから、ダウンロードボタンをクリックし、ファイルをパソコンに保存します。

    iOSダウングレード前にIPSWファイルをダウンロード-4

iOS16からiOS15.5にダウングレードする方法1:iTunesを使用

以上の手順が完了しましたら、ダウングレードを始めましょう。ダウングレードとしては、方法が2つあります。まずは、iTunesを使ってiOSベータ版アンインストールする方法を紹介します。

  • iTunesを起動したパソコンにiPhoneを接続します。

  • 「概要」の画面に進んで、キーボードのシフトキーを押しながら、「(iPhoneを)復元」オプションをクリックします。

  • 先にダウンロードしたiOS15.5のIPSWファイルを選択します。しばらく待つと、プロセスが完了します。

iOS16からiOS15.5にダウングレードする方法2:Reibootを使って

iOS16ベータ版をダウングレードする方法2つ目は、IPSWファイルなしでiOS15.5にダウングレード可能なソフトReiBootを利用することです。Tenorshare ReiBootはiOSベータ版をダウングレードする以外に、リカバリーモードを起動・解除したり、iOS不具合を修復したりできる機能を備える専門性の高いツールです。特徴として、どの機能を使うにあたっても必要なのは簡単な操作のみなので、パソコンが苦手な方でも使いやすい点が挙げられるでしょう。それではTenorshare Reibootを使ってiOSベータ版アンインストールする方法を見ていきましょう。

  • パソコンにTenorshare Reibootをダウンロードしてインストールしてから、Reibootを起動してiPhoneを接続し、底にある「iOSのダウングレード」をクリックします。

    「iOSのダウングレード」をクリック
  • 「高度ダウングレード」を選択します。

    「高度ダウングレード」を選択
  • Tenorshare Reibootなら、自動的にiOS15.5のソフトウェアを準備しますので、「ダウンロード」をクリックし次の画面に進みます。

    iOS15.5のソフトウェアをダウンロード
  • 「高度ウングレードを開始する」をクリックします。

    「高度ウングレードを開始する」をクリック

【裏技】ダウングレード後にデータを復元する方法

ベータ版をインストールする前にバックアップを取った場合は、そのままiTunesでデータを復元できますが、ベータ版または新しいiOSで作成したバックアップを以前のiOSバージョンに復元したい場合は、以下の手順をご参考ください。

  • [Windows]+[R]キーを一緒におして、「%userprofile%」を入力して、「OK」をクリックします。

    ダウングレード後のデータ復元-1
  • [Apple」>「MobileSync」>「Backup」> 数字の組み合わせフィルダーを開き、ファイル「info.pliset」を見つけて、「メモ帳」で開きます。

    ダウングレード後のデータ復元-2 ダウングレード後のデータ復元-3
  • [Ctrl]を押しながら[F]キーを押すと、検索バーが表示され、検索欄に「product」を入力して、「次を検索」をクリックします。

    ダウングレード後のデータ復元-4
  • 「Product Version」の次の行「<string>16.0</string>」を見つけて、ここの「16.0」がiOS 16バージョンを指しますので、その数字を15.5に変更して、ファイルを保存します。

    ダウングレード後のデータ復元-5
  • 最後、itunesを開き、「概要」画面に進んで、「iPhoneを復元」をクリックして、数分後データを復元します。

    ダウングレード後のデータ復元-6

関連動画

iOSダウングレードに関す質問

Q1: iOS16ベータ版とは?

iOS16ベータ版とは、正式にリリースされていない開発中のソフトウェアを指します。Apple Developer Programの登録者に対して提供されており、開発用デバイスへのインストールを目的としています。ベータ版のiOSはAppleが公開した情報を除いて機密情報の取り扱いとなりますので気を付けましょう。

Q2: IPSWファイルとは?

iOS 16 beta版を試すにあたってIPSWファイルという単語を目にする機会が増えたでしょう。IPSWとはiPhone Softwareの略で、拡張子を指します。パソコンを使ってベータ版をダウンロードした方は、iOSファームウェアの拡張子がIPSWであることに気づかれたかもしれません。つまり、IPSWファイルとはiOSファームウェアを意味します。

まとめ

iOS 16ベータ版をダウングレードする方法と、iOS16ベータで作成したバックアップをiOS15.5バージョンに復元する方法を見てきました。複雑な操作なしでiOSベータ版をアンインストールするなら、画面に表示された指示に従って、数クリックするだけでダウングレードできるReiBootが最適です。パソコンに不慣れな方でも戸惑うことなくお使い頂けます。

関連記事: iOS 16アップデート後にiPhoneデータが消えた時の対処法

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone 13/13 mini/13 Pro/Pro MaxおよびiOS16 betaに対応